ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損も得もない!

最近になってやっと、
「世の中は損にも得にもどっちにも偏ることはない!」
「人生には損も得もない!」
ということが実感としてわかってきました。

以前は本当にささいなことで「損した」と思えば悔しがり、「得した」と思えば喜び、
ということを四六時中やっていました。

長年、「損した」「得した」というラベル張りをせっせと続けてきたので、
「人生には損も得もない」という宇宙の法則、普遍的な真理を知った後も、
なかなかこの「ラベル貼り」から自由になれませんでした。


人の脳の性質として、「焦点のあたらないものは認識しない」というのがあります。
こういう実験があります。

①まずはゆっくりと部屋を見回してみる。

②次に赤い色に気をつけて部屋を見回してみる。

すると、最初は眼に入ってこなかった赤いものに急に焦点があたるようになります。
見えるものすべて、記憶の中には残っているのですが、焦点が当たらないものは認識しないようになっているのです。
これはインターネットの検索エンジンみたいなものです。
ウェブ上にはあらゆる情報がありますが、検索したもの(焦点をあてたもの)しか見聞きすることできないですよね。

歯の矯正をしようと思っている人は、きっと歯の矯正をしている人ばかりが目に入ってきますが、歯の矯正に縁のない人の目にはなかなか目にはいってこないでしょう。

子どもが欲しいと思っている人は、やたらと妊婦さんばかりに出会ったりするでしょうし、
お肌の調子が気になる人は、人の肌の調子も気になってしかたがなかったりします。
が、どちらも無関心な人には目にはいらない。

聞こえるものもそうです。
先日うちに来た人に「ここはセミの鳴き声がすごいですね」と言われました。
私はそれまで気づいていませんでした!
でも、それ以来(焦点が当たったので)気になります(笑)。


話を損、得に戻すと、損した損したとよく思うことがある人は、やはり「損する」ということに無意識に焦点を当てて生きています。損ばかりが印象に残るのに、得したことがあってもそれはスルーしてしまうみたいなことが起こっているはずです。

得した、というのも同じなのですが、「得する」ということに焦点を当てているので、「得した」ことは認識できます。
しかし、例えば物質面で「得する」ために、時間や労力を失って(損して)いることには気づいてなかったりします。

私はある時から、今まで損特で考えていた、そういうラベルを貼っていた出来事があったときに、「損も得も、本当はない!」という新しいラベルを貼る訓練を始めました。

そうすると、今までに見落としていたものがだんだん見えるようになってきました。
本当に短いスパンで考えると、一見損だったり得だったりに思えることも、広い視野から見るとプラマイ・ゼロなんです。


これがわかればわかるほど、心がいつも平穏でいられるようになってきます。
これは、損得認識ゲームに没頭していたときにはありえなかった心の平穏です。
金銭・物質面ではプラマイ・ゼロでも、精神面ではむしろ大きな得です。

まだ完全にこの損得認識ゲームから脱出できたわけではありませんが、
最近これによって変化があったことをあげると、

〇財布の中からポイントカード類がほとんど消えた。
〇バーゲン品、ディスカウントなどに興味がなくなった。
〇「少しでも安く!」と思うことが減り、昔よりも自分自身に快適さやぜいたくを許せるようになった。
〇他人に対してもせこくなくなった。

他にもいろいろあると思いますが・・・。
まず、何よりも心の平穏を得たことが大きいです。

バーゲンやポイント集め、節約をやめることを勧めているわけではなく、
それが楽しいのであれば、全然問題ないと思います。

私はどちらかというと、「恐れ」ベースだったから、そういうことが結構ストレスだったなあと。
そのストレスから抜け出した今だからこそはっきりわかる、みたいな・・・。

このブログを覗きに来てくださるような人たちにはやはりお勧めします。
損得認識ゲームからの脱出を・・・。
損得はまやかし、幻想だと知っていただきたい。

そのために日々習慣づけていただきたいのは、
〇常に自分が考えていること、感じていることを観察し続けてください(不断の気づきのトレーニング)。
〇何か損したと思うこと、得したと思うことがあったときに、「損も得もない!」というラベルを貼ってください。
〇もしある出来事に過去の習慣にならって「損した」というラベルを貼って不快な感情が出てきたら、ごまかさずに感じ切ってください。切符を失くして二重に支払わされた、仕事がキャンセルになった、購入したあとに同じものがもっと安く売ってるのを見つけた、他人にいろいろやってあげたのに期待していた見返りがなかった・・・などいろいろあると思います。

何か出来事があって不快な感情が出てきたときは、今まで力を与えていた現実から力を取り戻すチャンスだと思ってください。
この感情解放を地道にやっていくと、必ずすべての出来事がニュートラル、ありのままに感じられるようになってきます。

私が心の平穏を得るために役立てた本はこちらです↓









「仕事」について考える

つい先日のエピソードを紹介します。ある方からある仕事を頼まれまして(いろいろ特定されてしまうので、あまり詳しくは書きませんが)、私なりにできることを精一杯させていただこうと臨みました。するとその方から、「こんなことまで本当はしないほうがよいですよ」と言われました。「なぜですか」と聞くと、「ペイに合わないじゃないですか。こんななんでもかんでも奉仕みたいなことしたら、あなた損しますよ。」と、真剣に心配してくださるんです。ははーん、この方は、「与えたら自分に返ってくる、しかも何倍もの利子つきで」という法則をご存知ないのだな、と。それこそ、損な話です。
そんなことを一生懸命伝えようとすると、「いやいや、世の中そんな理想的じゃないですよ」とおっしゃいます。


私も数年前までは、そんな目先だけの損得勘定ありました。もちろん今もまったくないわけではありませんが、それだけじゃない価値観、生き方を見つけられていろんな葛藤から解放されて、本当によかったと心から思います。

このことで、昔友人が習っていた歌の先生のことを思い出しました。
その先生は繰り返し、「わたしの教えたメソッドは、ぜったい他に漏らすな」とおっしゃっていたそうです。自分が苦労して得た知識、メソッドは、レッスン料という対価を払う人にしか渡さない、という考え方ですね。その当時は、それが「プロ意識というものなのか」と妙に関心したりもしました。でも、今はそんな考えの方がいればとても気の毒に思ってしまいますね。

スキルアップの方法とか、成功する方法とか、自分が知っていることを出し惜しみするという考え方は、教えなければ自分がお山の大将でいられる、という浅はかな考えがどこかにあるはずで、そんな考え方で、はたして今よりも上のレベルにいけるのかどうか疑問です。だいたい知識や知恵を所有する、という考え自体おかしな話ですよね。

見返りを期待してはいけないのでしょうが、世の中のバランスやしくみを考えると、自分の知っていることをできる限り周りの人に伝えたり与えたりすると、期待していない見返りがあるのは当然のことのようです。


今日たまたま読んでいた本にこういうことが書いてありました。

「仕事」は事にお仕えする、と書く。英語のbusiness(ビジネス)は、「忙しいbusy」の名詞形。「働く」という言葉は、傍を楽にする、という語源。
この「仕事」「ビジネス」「働く」という三つの表現には、「金を得る」「儲ける」「稼ぐ」という意味は含まれておらず、「まわりに喜ばれるような動きを続けると、自ずと食べていくことができる」という法則を教えてくれている。

これを読んでそのとおりだなと思いました。人はいつの間にやら、「いかに儲けるか」ということばかり追従し、お金というものにもの凄いパワーを与えてしまっているのですね。

目先の損得勘定に囚われて、ケチケチしたり出し惜しみするより、どんどん外に手放し、自分の中にスペースを作ったら、そこにいつのまにか新しい知恵やアイデアが流れ込んでくる。自分も得だし、与えた相手も得、そんな考え方ができると、本当の意味で人生豊かになってくると最近になってようやく信じられるようになってきたのですが、なかなかそういう考え100%になれないのは、人の心の奥に根強くはびこる「失うことへの恐怖心」が原因なんだろうなあ、などといろいろ考えさせられたありがたいエピソードでした。

「人間の考え、言葉、行為のすべては〈愛か不安〉どちらかの感情がもとになってる」
(ニール・ドナルド・ウォルシュ著『神との対話』より)

はた・らく

やっと今日から高校の新学期が始まりました!

ここ最近かなりゆったりスケジュールだったので、働きモードのスイッチ入れるのがなかなか大変・・。
しかも、授業は初日が肝心。初回の授業で1年間の授業の雰囲気が決まってしまうので、けっこうドキドキなんです。

今朝は久々の満員電車に揺られながら、斎藤一人さんの新刊を読んでいたんです。そこに今日の私にぴったりのメッセージがたくさんあって・・・。
そのおかげか、なかなかよい滑り出しで初回授業を終えられた感じでした♪

その中から、今朝私の心に響いた本の箇所を一部転写します。(本はインタヴュー形式です。)



質問〕働くことの本質とはなんでしょうか。ヒントをいただければ、幸いです。

もともと、働くっていうのは、「はたがらくする」、ということ。だから、私たちは働かなきゃいけない。
そうすると、はたが楽になる。
人から喜ばれる存在になる。
人から喜ばれれば、人間というのは幸せになる。
仕事がおもしろくないということは、その場で喜ばれてない。
喜ばれるほど、一回働いてみたらいい、奉仕のつもりで。
一生懸命、やってみればいい。
どんな仕事でも、神様が出してくれた仕事だと思って、一生懸命やってみればいいんだよね。
働くとは、「はたがらくする」ことだから、自分が働かないと、人に苦労させる。
あなたを食わせるために、だれかが苦労するんだよね。
なおかつ、働きに行ったところで、人に親切にしたり、お給料を変な話、20万円もらったら、25万円分働こうとか、30万円分働いて、社長を喜ばせようとか、そういう、「人に喜ばれるんだ」っていう気持ちで働くことだよね。
働くとはそういうことさ。
そうしたら、喜ばれるからね。
これは余計なことだけど、僕なんかも一生懸命働いて、税金払って道路作ったりして、これは年寄りがこれで助かるんだと思ったりすると、けっこう楽しいもんだよね。
喜ばれるって、やっぱりうれしいことさ。


〔質問〕斎藤一人さんは、仕事を通じて、どのようなことを社会に広げようとしていらっしゃいますか。さしつかえなければ教えていただければ幸いです。

普通の人は、苦労して、苦労して、やっと成功をつかむと思ってるんだよね。
だけど、それは、私は、楽しみながらでもつかめるんだ、っていうふうに思ってるんだよね。
苦しんで、努力してやっとつかむ、だから、仕事は大変なものなんだ、と思っている人と、富士山だって、もうつらくて、つらくてと言いながら、上に登る人もいるけど、楽しいねえとか、景色いいねえとか、花が一個咲いてたって感激したり、そう思いながら、登ることもできるんですね。
だから、楽しみ型の経営者が、あまりにも少ないということと、実践で私が勝たないと、楽しんで仕事する経営者が増えていかないからね。
勝つというのは、ちゃんと利益を上げて、ちゃんと儲かっていれば、こういうやり方もあるんだとかね、部下をどならなくてもいいんだとか。
ほんとうに、人に親切にしようとか、なんか甘っちょろいこと言ってるようだけど、実際にやってみるとけっこう大変なんですよ。
今日一日人に親切にしようと。
これはほんとうに気持ちいいんだよ。
だけど、毎日やるって大変だよね。
奉仕のつもりで働こうって、それも楽しくだよ。楽しくね、やってみる。
楽しみ型と苦しみ型があるんだとしたら、楽しみ型の代表になりたい。
楽しみっていうと、パチンコに行くとか、競馬に行くとか、遊びに行くことばっかり考えるんじゃないですよ。そうじゃない。
100大変なことがあったら、100全部は楽しくならないかもしれない。
でも、楽しいねとか、こうやろうよ、とか言ってると、100の苦しみが50でも30でも減るじゃないか。
楽しみながらやる、どうせやらなきゃならないんだから、苦しみながらやるんじゃなくて、楽しみながらやる。
楽しみ組が勝ったよって言いたいんです。
今、そういう時代になってきたから。
昔は野球でも怒ってばっかりいる監督とか、バレーボールでも女の子に球ぶつけて悦に入ってた監督とかもいて、あれはあれでよかったんだけど、今は時代が変わって、怒ってばかりいる人は、なぜか勝てないんだよね。
いい時代が来たよね。
時代、時代で悪いことはないんだけど、楽しみながらやろうよって。
楽しみながら一番になりたいっていう。
楽しみながらでもできるんだよっていうことが伝えられたらうれしいし、今もそうやってます。以上。


〔質問〕できれば、この人生で出会った人とは、楽しくて幸せで、豊かな関係を作っていきたいと思っています。そのことで、世の中に少しでも、幸せが増えていったらいいなあ、と思うのです。その点で、いちばん大事な心構えや行動はなんでしょうか。教えていただけましたら、幸いです。

心構えというのは、「今日一日、人に親切にしよう」とか、「会った人に親切にしよう」という心構えです。
あとは、行動なんですけど、いちばんたいせつなのは笑顔なんです。
ところが、この笑顔というのが、実にできてないんです。
小学校のとき、さかあがりの訓練とかってありますよね。
1回でできる子もいるし、10回かかる子もいるし、100回かかる子もいるんですけど。
さかあがりの訓練とか、いろんな訓練をしたと思うんです。
英語とかいろんなことをやったと思うんですけど、社会に出たときに、いちばんたいせつなのは、実は笑顔なんです。
それで、ほとんどの人が笑顔が笑顔になっていないんんです。
自分だけ笑っているようなつもりでいるけれども、実は笑顔になっていない人がほんとうに多いんです。
だから、さかあがりの訓練なんかよりも、人生に出ていったらものすごいたいせつなことだから、鏡の前でちゃんと練習してください。
それで、あ、このぐらいしないと笑顔に見えないんだ、ということを、よく発見してください。
これができるか、できないかで、ものすごい人生が違っちゃいます。
運勢も違っちゃいます。
あなたに起きてくること、すべてが違うぐらい違います。
だからこれはもう、絶対やらなければいけないことです。
ひとりで鏡の前に向かって、練習してください。
それで、練習すると、だれでもできます。
ぜひやってみてください。

『幸福力』 斎藤一人著  マキノ出版より



もちろんしましたよぉー、始業前にトイレの鏡見ながら笑顔の練習(笑)。

なんか、いいメッセージの箇所がいっぱいあるので、抜粋してたらキリがないので、あとは本買ってぜひ読んでみてください。


ちなみに、斎藤一人さんを知らない人もいると思うので、簡単にプロフィールを紹介すると、スリム・ドカンで有名な『銀座まるかん』の創設者で、体を元気にする漢方やサプリメントを売っておられます。そして、このような心を元気にする本もたくさんたくさん書いたり、講演で話されたりもしています。それでたくさんの収益をあげ、1993年以来毎年、高額納税者番付10位以内にただひとり連続ランクインしているという異色の存在です。多くの人を幸せや健康に導いて、たくさんの人に仕事を与えて、その上みんながあまり払いたがらない税金もたくさんたくさん納めてて・・、って本当にすばらしい人だなと、尊敬しています。


幸福力(しあわせりょく)幸福力(しあわせりょく)
(2010/04/08)
斎藤一人

商品詳細を見る

お金について考えてみました

今日は「お金」について哲学してみることにしました。

多くの普通の人々は、起きてから夜寝るまで、お金のことをたくさん考えています。でも、そのほとんどがネガティブなことだったりします。レストランに入ったら、自分が食べたいものではなく予算の範囲内のメニューを選び、月末にはカード請求や家賃の支払いでヒヤヒヤし、行きたいコンサートのチケットを買おうかどうかためらい、倹約のためにお付き合いの飲み会をいかに断るかを考えてみたり、不況のニュースを見るたびに、自分の給料が下がるのではないかと不安に思ったり、結婚式のご祝儀の金額について悩んだり、パートナーの愛情や誠実さを金額で測ったり、老後の心配をしてみたり、住むところ、食べるもの、着るもの、交通手段など、すべてのランクを自分の経済状況に合わせて決めたり・・、と人生のあらゆる面において「お金」のストレスに無意識にやられています。

人はよく、(自分もそうですが)「お金がない」と言います。あってもなくても、口にするように思います。アメリカのある調査では、あとどれくらいお金があれば十分か?という質問を年収別に行なったところ、どの所得層でも、あと20%収入が増えれば楽になるという答えが返ってきたそうです。逆に言えば、お金はどれだけ稼いでもたえず20%足りないと感じているということです。>


そもそも、「お金」って何でしょう。

「お金」は物ではありません。「交換の手段」に過ぎず、それ自体に価値があるわけではないのです。

お金は、電気や水、空気、太陽の光と同じくエネルギーなのです。エネルギーには境界がありません。「これは私のお金」と言うのは、「これは私の太陽の光」と言うのと同じことであり、不安をなくすためにお金を貯めるのは、空気がなくなったときのために、空気を貯め込むようなものなのです。
そういう意味では、お金は「一時的に預かる」ことはあっても、「所有する」ことは、本来ありません。お金は目に見えないエネルギーであり、常に様々な姿で、あらゆるところに、あらゆる人のために存在してきました。
現在では、紙幣や硬貨という形をとり、食べ物や知識、娯楽、情報、物質、といった別のエネルギーと交換し、循環させています。(だから「お金がない」と感じるのはそもそもおかしいのですよね。)

「お金」は私たちが生きていくうえで、切っても切れない大切なものです。まずは生きていくための衣食住を確保するために欠かせないし、お金にゆとりがあると、自分の好きなことにお金を使える自由を得ることが出来、選択肢も広がります。

最初に書いた、日常的なお金の心配や老後の不安は、私たちにとってお金がいかに強力な「偽主人」であるかを物語っています。本来は自分の人生の主人公は自分であるべきで、私たちがお金の主人にならなくてはならないのに、多くの人がお金の奴隷として自由を奪われ、制限を強いられているのが現在の世の中です。


ところで、今までにちょっと無理してお買い物をしたことがありませんか?
レストランでいつもより贅沢な食事をしたり、普段使用している化粧品などを少し高額なものに変えてみたり、欲しいものを手持ちのお金がないときにクレジットで買ったこともあるはずです。
でも、そのせいで翌月の家賃が払えなかったり、食べるものがなくなるということもなかったはずです。要するに全部うまく支払ってこれたはずなのです。

とても気に入った靴を見つけて、どうしても欲しいのだけれどちょっと値段が高くてためらうのであれば、それは自分自身の価値をその靴に値するかしないかを判断していることになります。
自分がその靴に値しないほどつまらない人間だ、と決め付けるのは、他でもない自分自身です。そんな風に振舞っていれば、いつまでもその靴に相応しい自分になることはありません。


また、旅行に行きたいのを我慢して、その分を〈もしものとき〉に備えてお金を溜め込んだとしたら、何が起こるでしょう?
まさにその〈もしものこと〉が起こり、「ほら、やっぱりお金を貯めておいて正解だったんだ。何か起こるんじゃないかと思っていたんだよね」と言うことになるでしょう。
あらゆる現象は、《想念》によって作り出されるのですから・・・。
でも、〈もしもの時〉は脇に置いておいて、「さあ、旅行に出かけて楽しもう!何かが起こったらその時はその時。きっとうまく対応できる!」と考えるほうが、よほど健康的で幸せな生き方だと思いませんか。

だからといって、すぐにベンツを買おうとか、一泊数十万円のスウィートルームに泊まろうなどといった贅沢を提案しているわけではないです。ただ、このくらーい、不安だらけの世の中で、お金のせいで我慢やストレスの毎日を送ることの先に、本当の豊かさへの道は続いているのか?を考えてみることも必要なのではないかと思ったのです。
「いま」が豊かで明るく、楽しいものであれば、その「いま」の連続が「豊かで明るく、楽しい人生」を作るものだ、と最近私は思うのですが、いかがでしょうか?

お金と健康的に付き合う人が増え、みんながお金というエネルギーを循環させればさせるほど、つまり「生きたお金の使い方」をすればするほど、自分自身のお金の流れもよくなるし、世の中全体が健康的で豊かに明るくなれるのになあ、と思う今日この頃です。

«  | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。