ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族は学びのチームメイト

昨日の電車内15分ほどの出来事です。

母親と幼い兄弟が乗ってきて、わたしの前に立ちました。
上の男の子は小学校3,4年といったところでしょうか。
母親は終始怖い表情で携帯をいじりながら、上の男の子が何か言動をおこすたびにきつい顔で否定的なコメントをするのです。ちょっと彼の傘が座っている人の足に当たっただけで、「ほら~、傘が人の足にあたるだろ!振り回すんじゃないよ。」とか、「ふらふらしないでまっすぐ立ちな!」男の子が何か話しかけようとすると、「今メール打ってるんだから、ちょっと黙って!!」男の子はおもしろくないから、そばにいる弟を蹴飛ばして八つ当たりします。「ほら~何してんの!○○を蹴るんじゃないよ!」
席が空いたのでその子が座ろうとすると、「○○が疲れてるっていってんだからさ、座らしてあげなよ!」

何をやってもキツいことを言われるので、しまいには涙目になってきて、「なんで僕にそんなに辛く当たるんだよ。いつもえこひいきばっかり」と呟くお兄ちゃん。「えこひいきなんかしてないでしょ!」とむきになって暴言を吐く母親。彼らにとっては日常的なやり取りなんだと思われました。

こうやってコントロールドラマが展開していき、未来の傍観者や被害者タイプを作り出していくのだと思うと、なんとも胸が締め付けられる思いがしました。

コントロール・ドラマ

コントロールドラマを知る以前だったら、なんてひどい母親なの!鬼だ!男の子がかわいそう・・・と感じただけだったと思います。
しかし、この脅迫者もしくは尋問者タイプの母親こそが、子どものときに家族間でほめられたり、肯定されることが少なかったのか、自分は愛される価値がないという思い込みが生じ、その不足感や劣等感をわが子に投影してはちくちく文句を言ってしまったり、責めたりしてしまうのだと、今ならその因果関係がわかります。二人の間に時空を超えたカルマが存在しているのかもしれません。
親であれば、当然自分の持っている愛を子どもにすべて与えたいと思うはず。しかし、子供が愛されていると実感できる方法で与えられないのは、その親が与え方を知らないからであって、決してその親を責めることはできないのです。
しかしここで、「子どもは親を助けるために生まれてくる」という逆転の発想ができれば、この電車内での場面も違った視点でみることができます。
この男の子も成長過程では、自分は親に理解されていない、愛されていない、だから無価値だ、という思い込みから、人生のあらゆる局面において苦しむかもしれません。しかし、ある時点で「親はあれでベストを尽くして自分を愛してくれていたんだ、彼らにとってあれが精一杯の愛し方だったんだ」ということが理解できたときに、彼は「自分や親を許し、感謝し、愛する」という人生最大の課題を学ぶことができるのです。そしてそこから親を理解し、積極的にコミュニケーションを取ることで、その親も長年苦しめられた思い込みから解放されていくのでしょう。(そうなることを祈りましょう。)
家族は愛、許し、理解を互いに学びあうために、一つのチームのメンバーになることを決めて今生で出会っているんですね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/90-7dd0d98c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。