ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毒親?ふつうの親?

ジャーン!


今さらだけど読んでみました。


「毒親」とは?
「子どもの心に不安や恐怖や罪悪感の種を植え付ける親」のことです。

それって、、、



すべての親じゃないの?



はい、正解。

「毒親」じゃない親はいないって、私思います。

言い方を変えると、「どの親にも毒親の要素がある」といってもいいかもしれません。

子どもを虐待する、暴力を振るう、育児放棄する、というのは、毒親の要素がいーっぱいあるという親のことで、
一般的には、そんな子どもの人生に過度に悪影響を与える親のことを指す言葉だと思われがちですが、実際はそうではありません。


どなた様も一度は自分の親や自分を「毒親なのか⁈」という目で検証してみるのがいいかと思っています。

なぜなら、多かれ少なかれ私たちは大人になっても自分の中に「インナー毒親」をいつまでも存在させて、自分を不安や恐怖・罪悪感で縛っていることがあるからです。

その呪縛から自由になるために、一度は
「毒親思想」を持ってみるのもいいのでは、と思う次第です。

特に、「親には感謝すべき」と思っていて、でも漠然と不安、恐れ、罪悪感の強い人は、、、。

セラピーの世界では、どんな悩みや問題を掘り下げていっても、そのほとんどが親との関係や親の影響から来ていることの方が、ある意味普通のことです。

しかしセラピーを受けるほとんどの方が、「今の不安や恐れが、こんな子どもの頃に作られてたなんて思いもしなかった」とびっくりされます。

そして、その原因がわかっただけで「なんだ、自分がおかしいわけじゃなかったんだ」と
安心したり楽になったり、自信を取り戻すことも多々あります。

私もこれまで、自分の中の悩みや問題、葛藤、不安や恐れ、罪悪感と対峙するのに、
親との関係や影響を隈なくチェックし、解消してきました。

にもかかわらず、上の本を読んだ時に、まだオエオエと抑圧感情(罪悪感)が出てきた(笑)。
恐るべしインナー毒親。。。
読むセラピーだな、これ。

ただ、この「毒親思想」はいつまでも持ち続けるべきではないと思います。

これはあくまでも一つの視点であり、どんな思想もいつかは手放さないと、そこから成長できません。
(それは、今までに書いてきた「インディゴチルドレン」や、「ツインソウル」などという概念も同じです。)

そこを踏まえた上で、ぜひピンときた人は毒親関連の本を読んでみてください。

      
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/601-b88c1716

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。