ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「私が~なのは事実です」は、本当ではない

とても興味をそそられる内容だったので、前々回の記事にいただいたコメントのお返事を、本記事に書かせていただこうと思います。
コメントありがとうございます^o^


私が頭が悪くて不器用なのは事実です。それは他人さんからも指摘されます。
それが思考や思い込みであって、本当ではないってどういう意味なんでしょうか?

他人が同じことを口にし、尚且つ、自分も自覚していれば
真実や事実だと思うのですが・・・

むしろ、それが単なる思い込みであり事実ではない
世界など存在するんでしょうか?


◎「私が頭が悪くて不器用なのは事実です」
と言われれば、
「そんなことはありません」
と答えます。

「私が頭が悪い理由、不器用な理由を見つけるのは得意だけれど、頭がわるくない、不器用ではない理由を見つけることができません。見つけるのが下手です」
と言われれば、
「そうかもしれません」
と答えます。

◎まず、この匿名希望さんの文章を読んで、頭が悪いという印象をまったく持ちません。
私の知っている“頭の悪い人”のカテゴリーに入る人は、このような文章を書けと言われても書けません。
なので、少なくとも私の真実の中では、残念ながら、あなたは「頭のわるい人」のカテゴリーに振り分けて差し上げることはできません。
もしあなたが本当に頭が悪いのであれば、いったいあの文章は誰が書いたのだろう・・・と思っちゃいます。

「私が頭が悪いのは、不器用なのは事実です」
それ(事実)がわかるほど、あなたが多くを知っているとは残念ながら思いません。
あなただけでなく、私たちほぼ全員が事実(現実)を知らない、といっても過言ではありません。
頭がよい、とされているあのニュートンでさえ、「ニュートンさん、あなたが事実と思っていることはちがうよ」と、現代の科学者さんたちに言われています。

◎最近手にした本に書いてあった言葉です。
“私たちが見ているのは、「現実の200万分の1%だけ」”
“人は自分で見ると決めたものしか目に入らない”
“私たちが当たり前だと思っている概念や判断は、そのほとんどがゆがんだ現実だ。”
”人間は生まれるとすぐに、世界を認識する一つのパターンを確立し、そのパターンに合致しないものはすべて意識から排除するフィルターを装備する。つまり、すべてを知覚しているのではなく、ごく限られた世界観に合致するものだけを知覚しているということだ。”

{それは他人さんからも指摘されます。」
上に書いてある本の言葉は、他人さんにも当てはまります。
他人さんの言ってることなんて、これっぽっちも当てになりません。
私なんか、親に指摘されたこと、学校の先生に指摘されたこと、身近な人に言われたこと、
お医者さんに言われたこと、世の中で偉いとされている人が言ってること、
ニュース、正しいといわれている情報、とりあえず何もかも信じていません。
それがどんなにもっともらしく聞こえても。
自分の師匠や恋人に言われたことでさえ鵜呑みにしません。

自分が信じたいことだけを信じています。

匿名希望さんも、自分が信じたいことだけ信じてください。
もちろん、私の言う事も、鵜呑みにしないでくださいね。

◎どうしても「私が頭が悪いのは事実です」から離れられない場合、
それを信じるようになった時のトラウマ(感情)が癒されていないということがあります。
いじめを経験した、と書いてあったので、相当の心の傷があるのではないでしょうか。。。
そういう方にはぜひ、マトリックス・リインプリンティングをお勧めしたいなあ。
(他にも感情を癒すテクニックやツールはいくらでもあります)
トラウマが癒されると、視界がガラッと変わりますよ。住む世界が。

◎100歩譲って、本当に匿名希望さんが「頭がおかしくて、変わった人で、仕事のできない人」だとしましょう。
だとして、=生きる存在価値がない、というのは、またしてもあなたの思い込みなのです。
たぶんあなたの中には、「こういう人は生きる価値があって、こういう人には生きる価値がない」という基準がたくさんあるのでしょう。。でも、その基準は果たして本当なのでしょうか?
バイロン・ケイティがよく言うように、「あなたは神よりもそれを知っているのでしょうか?」

◎地球に生きる苦しみから解放されるために、私や私の周りにいるたくさんの仲間たちは、今まで勉強、勉強といって詰め込んできたものを手放すことをやっています。思うに、たくさん知識を詰め込んできた人ほど、それを手放すのが大変そうです。常識や勤勉さ、思考、手放す方向で、たくさん持っていた人ほど苦労しています。
ある視点から見れば知識、常識、勤勉さ、親の理想、思考からフリーな人ほどラッキーなわけです。
前回も書いたように、これからの時代は、アホで子どもで変人で何もしないぼーっとした人が行きやすい世の中になります。

書いてて思い出したことがあるのですが、長くなりそうなので次の記事に書きます。


ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】

スマホの方はこちら



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

ありがとうございます。

しっしーさんこんばんわ。
しっしーさんのブログでコメントを取り上げていただけると
思っていなかったので大変嬉しく思っています。
ありがとうございます(^^)

メッセージ何度も何度も読ませていただきました。
ここ最近、自分の見ている(見えている)世界は本当に正しいですか?的な
メッセージや現象に立て続けに出くわすことがあり、疑ってみる必要性が
あるのかな?と思っていた矢先だったのです。

そして、このようなタイミングで、しっしーさんのブログや
「このワンピース何色に見える?」というサイトに
出会うというシンクロがあったりで、自分でも驚いています。

仰るとおり、私には沢山の思い込みがあります。また
両親や祖父母(父方)から「人はこうあるべき」とか「こういう人間は
人間のクズ」とか、教育の一環として、また躾として、そのような
教えを幼少から徹底的に叩き込まれてきた影響もあり、私はいつも
人を裁いてしまいます。少しでも自分の考え方や価値観と違えば腹が
立って仕方がなかったり、人を理解するよりも、自分を理解して欲しい
ほうが先に立ち、自分を押し付けたり・・・

こんな調子なので人間関係もうまくいかず、あるとき
自分がどれほど人を裁き、人に対して寛容でないかに気づき
根本を変えようと自分なりの努力してみたのですが、今度は逆に
支配される側になり、どっちに転んでもうまくいかない状況です。

私の根本(内面)が変わっていないから、起こる現象も変わらない
ことも1つの要因かとは思うのですが、もっと掘り下げて考えてみると
いつも私の脳裏に浮かんでくるのは父親のことでした。我が家では
父親の言うことが絶対的で、父親の言うことを聞かなかったり、虫の
居所が悪いと、叩いたり、蹴ったりされるのが日常的でした。(巨人の星
に出てくる主人公の父親のように短気な父です)
手をあげる以外にも、「アホ」「馬鹿」を子供の頃から
言われ続けて育っていることもあり、自己肯定感はかなり
低いです。自分を好きになるとか、自信を持つとかも正直
よく分かりません。

私はそんな父親から逃れたくて、家から出て県外で何年かか
生活した時期があるのですが、行った先でも、職場には父親のように
「支配する人」がいて、必ず自分がターゲットにされてしまう現象が
起こりました。それも、毎日罵声を浴びせられるのです。辛くて
何度も死んでしまおうかと思ったほどでした。家に居た頃と何ら現実は
変わらず、生きる気力だけが日々奪われる、そんな毎日でした。

自分が自分らしく生きることさえ、許されない。
変えたくても、変えることのできない、変わることのない現実。
いまも、この現実と戦っていますが、普通の人と視点や価値観が
大きくズレた自分では、無理なのかな?と半ば諦めてもいます。
(かなりの天然ボケだとも人からよく言われるので、世間の推移とも
マッチングしてないのでしょうね)




つづきです。

自分での努力も限界にきて、占いやセラピー、様々なアチューメント
を受けるのですが、残念ながら満足いく結果は得られなかったのも
事実です。自分の心が諦めに向いているから、効果の出るものも出ない
のかもしれませんが、思考や感覚が一般の人とはズレているから効果も
出にくいのかな?と思ったり・・・

自分の人生を好きなように、思い描いたようにクリエイトしていく人たち
次から次へと夢を叶えていく人たち、そういう人に出会うと羨ましくて
たまりませんが、自分は考える力が極端に低かったり、形にしていく
力が弱かったり、基礎となるベースそのものがしっかりしていないので
きっと無理なんだろうなと。(しっしーさん的には、これじたいが思い込み
とおっしゃるかもしれませんね)

子供の頃って、怖いもの知らずで
何人でもチャレンジするし、自分は何だって出来ちゃう
純粋な心、魔法な心を持ってるのに・・・育った環境や体験した事柄が
つまづきになって、チャレンジすることを諦めたり、自分は無理だって
決め付けてしまったり、本当にもったいないですよね。

少なくとも、私は既に小学校1年生~2年生ぐらいの時には
自分は何やっても褒めてもらえないし、怒られるばっかりだな
自分なんて居なきゃいい。って思ってたので、もし、この先
結婚して子供を生むようなことがあれば、子供自身が自分に
対してしっかり自己肯定感をしっかり持てて、自分にも人にも
寛容に接することができるような生き方を選択できるよう、
また、そのような育て方をできればいいなとは考えたりします。

子供の時に、裁く教育で育てると
やはり、大人になってからも裁く生き方をしてしまう
ので、それは注意したいですね。

あと、しっしーさんのお返事でひとつ気になったことがあります。
文中にあった
【これからの時代は、アホで子どもで変人で何もしないぼーっとした人が行きやすい世の中になります】

最近、生まれてくる子にやたら「発達障害」の子供が多いですが
(それも、両親のどちらもが「発達障害」ではないのに、生まれてくる
子供は発達障害というケースも増えているようですね。)

ここに、神様か何か分かりませんが?偉大な天の計画があるように
思えて仕方がないのです。今のシステムをぶちこわす性質を持った
子供たちが世界で沢山生まれてきてると一説では言われていますが
本当にそうなのでしょうね。ただ、これも思い込みかもしれませんが
そのような子ばかりが溢れ返ったら世の中は機能しなくなるのでは
ないでしょうか?勿論、何か突出した得意分野、秀でている才能が
ある人は別ですが、何の能力も持たない(それこそ、私のような人間)
人間は、就きたい職業にも就けず、夢見ることも不可能なのではないで
しょうか?どんな職業にせよ、言われたことが出来なかったり、覚えること
が出来なければ即クビです。社会がいまよりよっぽど寛容になるか=人が
寛容になるか、今の社会からは想像もつかない社会が生まれるか、いづれに
せよ、今の私たちの思考からは考えもつかないような世界が来るとしか思え
ません。

自分の周りには、残念ながら似たような思考や性質を持った人が
いないこともあって、変人扱いです。生きにくさを感じてる人が
少しでも生きやすい時代になるといいですね!

長々と大変失礼致しました。
うまく簡潔にまとめれず本当にごめんなさい。
しっしーさん感謝致します。ありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/547-b29d41a7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。