ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘆きのコード

突然ですが、みなさんは短調のもの悲しい旋律やハーモニーはお好きですか?

私は歌うのも聴くのも大好きです。
天使が舞い降りてきそうな清らかな調和音楽も、心がうきうきするような明るい音楽もいいですが、 そればかりじゃ物足りない。

どんよりと哀しみの底に沈んでいきそうなラメントを聴くと、なんとも言えない気分の高揚や魂レベルでの感動が あります。自分で選曲する場合のコンサートのプログラムも、気付いたらほとんど短調ばっかり、ということも・・・。


音楽の作用について調べていくと、大きく分けて2つのタイプがあるそうです。
一つは調律音楽、これは、グレゴリオ聖歌に代表されるような、魂に浸透し、魂を共鳴させ、魂を目覚めさせるような音楽のことを言います。

臨死体験をした多くの人の報告を読むと、魂の故郷である霊界において、たとえようもなく美しい音楽を聴くことがあるといいます。物質世界を越えた霊界で音楽が鳴っているのだから、つまり言うまでもなく音楽の本質は霊的なものであるということ。そして魂は、肉体を持たなくても音楽が聴けるということなのです。音楽は心さえも通り抜け、魂にまで浸透しているとピタゴラスも述べています。
ところで、私たちは寝ている間に魂の故郷、霊界に帰ってエネルギーチャージしてくるそうですが、そのときに生きている私たちでも霊界の完璧な音楽をちゃんと聴いているらしいのです。偉大な作曲家というのは、高い霊界の音楽をインスピレーションで聴きとり、それを地上にもたらした人物なんですって。

ただし、地上というのは波動の粗い不完全な世界なので、その完璧な美しさと偉大さとを持った霊界の音楽の、ほんの断片だけがもたらされたにすぎません。不完全な世界では、とうてい霊界の精妙さを伝えることなど無理な話。それはちょうど、息を飲むような美しい景色を肉眼で見たのと、モノクロ写真を見るくらいの差があるのかもしれません。
 とはいっても、たとえ不完全だったとしても、天上の崇高な音楽を反映した調律音楽を耳にすると、魂はそれに共鳴し、感動し、懐かしさを覚え、自分自身もまた、その音楽のように調和した存在であることに目覚めてくるのです。

さて、では、調律音楽さえ聴いていればそれでいいのかというと、実はそうではないらしいんですね。
なぜ調律音楽だけではダメかというと、私たちの頭はストレスや悩みで汚染され、心の奥底には苦しみや哀しみ、不安といった病的な意識が沈んでいるからです。それは、たとえるなら魂に付着した汚れのようなもの。そんな状態で調律音楽を聴いたとしても、その効果は魂にまで浸透せず、むしろ拒絶反応を起こすかもしれません。
失恋や挫折など、ひどく落ち込んでいるようなときには、明るい音楽などは聴きたくないですよね。
こういうときは、むしろ悲しい曲を聴いた方が慰められるものです。曲と共に泣き、悲しみに浸ることで、悲しみは表面意識に昇り、そこから浄化していきます。だから、魂にこびり付いていた汚れを洗い流し、聴いた後はサッパリすっきり。その後に調律音楽を聴くなら、そのときこそすばらしい効果を発揮するわけです。
こうした、魂の汚れを除去する音楽を「浄化音楽」(専門用語では異質性の音楽)と呼ぶことにすると、浄化音楽は、潜在意識に抑圧された病的な意識を表面に昇らせてカタルシス(浄化)を起こさせる作用を持つそうです。表面上哀しみや抑圧とは無縁でも、魂レベルで何の抑圧もないという人はまずいないので、魂の覚醒のためには調律音楽と浄化音楽の双方が必要。たとえると、浄化音楽でデトックス、調律音楽で栄養補給といった感じでしょうか。
 しかし、調律音楽と浄化音楽とを厳密に分けることは、実際には難しいです。どのような音楽もその両面を持っているものですから・・。

さて、そんな魂の浄化と調和の時間を皆様にご提供~。
特に私のような短調大好き人間の方々に、お薦めのコンサートのご案内です♪

その名も、《嘆きのコード》。

最初から最後まで、涙、涙、嘆いて哀しみます。

ジョン・ダウランドとモンテヴェルディといった私の大好きな作曲家、嘆かせたら天下一品の、イギリスとイタリアの古い時代を代表する大作曲家2人の曲によるプログラムです。(ダウランドには「嘆きのダウランド」というあだ名さえあります)。
リュートとヴォーカル・アンサンブルの演奏で、私はソプラノ2を担当します。それぞれのソロもあります。

2012年1月23日(土)
14時開演
東京オペラシティ3F
近江楽堂(京王新線初台駅徒歩1分)
3,000円

アンサンブル・ヴィクトリア
Sop. 本宮廉子 Sop. 宍倉朋子 Alt.&Dir. 小家一彦
Ten. 鈴木雄三 Bas. 大内良太郎 Lute 田村仁良


皆様の魂のデトックスと栄養補給にお役に立てるよう、只今準備に奮闘中。ぜひぜひ足をお運びください。
お問い合わせはこちらまで。E-mail.t_shishikura711@yahoo.co.jp






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/50-4efab468

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。