ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛し、愛され続けるために

12月なので、テンプレートをクリスマス仕様にしてみました~。

前回までのブログで、「私たちはみんなマイナス1.生まれてきた目的は、純粋な愛を経験するため。」ということを書きましたが、これからしばらく、人間関係の中でも永遠のテーマである恋愛やパートナーシップ(男女関係)について書きたいと思います。

パートナーシップというのは、この世で最も大事なお仕事の一つです。自分を知るための高速の近道を提供してくれるのも、エゴを無くし愛や癒しを通して喜びが得られるのも、パートナーシップと言えます。命を生み出すという最も崇高なお仕事も、ここでしかできないわけです。
この最も大事なお仕事であるということは、当然のことながら、最も難易度の高いお仕事である、ということが言えるのではないかと思います。最もハードルが高く、困難で、やりがいがあるからこそ、そこにはすべての愛や喜び、幸せや感動が詰まっているのではないのでしょうか。

そして、これも再三述べてきたことですが、パートナーシップに限らずすべての人間関係において絶対的な法則があります。それは、どちらかが一方的に悪い、間違っている、というのは、宇宙的に見てありえないということです。パートナーシップというのはお互いを映し出す高性能な鏡ですから、相手に見えることは基本的に自分の潜在的な姿なんですね。だから、相手の状況を見て、相手のここを変えてやろうとしても、本当の意味でうまくいくことはありえないわけです。

私も健全で幸せなパートナーシップを望む一人。そのためには、まず自分の持っているパートナーシップに関する潜在的な思い込みや問題、トラウマを変えていく必要がどうやらあるみたいです。
そのために、ここでこの問題について心理学とスピリチュアルの観点から、皆さんとシェアしてみようと思いました。

まず最初に紹介したいのは、チャック・スペザーノという心理学博士の本に載っていた、男女関係におけるとても有意義な原則と癒しの手段です。それによると、パートナーシップにはいくつかの段階があるということです。これを知るだけでも、今たとえ地獄を味わっていたとしても、その先には良い状況が待っているとわかり、その地獄を乗り越えるパワーを確信できますよ。では簡単にまとめてみます。

まず最初の段階は《ロマンスの段階》です。
自分の欠けている部分、自分と違う部分を相手に見出し、その違いが大きければ大きいほど、正反対であればあるほど相手に惹きつけられ、情熱を感じます。二人の違いにはすべてときめきを感じ、相手によって活気が与えられ、うっとりとさえします。いわゆる「恋に落ちた」瞬間ってやつですね~。男女関係の最高に幸せな時期であり、天国にいるような気分を味わえます。

最高にハッピーな《ロマンスの段階》も終焉を向かえ・・・
その次に来る、第2段階は《パワーストラグル(権力闘争)の段階》です。
ここでは、ロマンスの段階で最大の魅力だったはずの2人の違う部分、正反対な部分がすべてけんかの種になります。それまで相手のことを理想の人と思っていたのが、突然色あせて見えるわけです。相手は自分の足りない部分を満たしてくれる、完全にしてくれる、そう思っていたのが、2人の関係が続くにつれ、期待したとおりにはニーズを満たしてくれないように思え、相手から奪おうとし始めるのです。もっともっと私に与えて~となるわけです。そうするとパートナーは当然ながら、最初は惜しみなく与えていたものでも、もはや与えるのはごめんだと思うようになります。

この段階になると、2人のうち一人は依存や要求が強まり、もう一人は自立に向かいます。自立ー依存の対立、というステップです。自立の側にいる人は、絆、人間関係から引きこもろうとします。あらゆる傷みから自分を切り離そうとしますが、いずれは嫌な感情と向き合うことになるので、必ず癒す必要があります。一方、依存の側にいる人は、愛とニーズを混同しています。もしパートナーがあなたとの間に距離を置いているのであれば、あなたがニーディー、つまり物欲しげ、パートナーにしがみついていると考えてよいでしょう。依存側にいる人は、自分のニーズや執着を手放すこと、自立の側にいる人は、相手が依存的になってしまうネガティブな部分(無価値感、自己嫌悪など)に手を差し伸べ、惜しみなく与えてあげることを学ぶことです。両方ではなく、どちらか一方がそれを行なえば、必ずパートナーと再びつながることができます。この段階を本気で取り組めば、次の新しいハネムーンを体験できるのです。
この段階を抜けるためには、まず相手との違いを認めること、そしてケンカを放棄することです。「負けるが勝ち」という言葉がありますが、相手に勝とうとすると、相手もあなたに勝とうとします。しかし、あなたがサレンダー、負けることを選択すると、相手もあなたにサレンダーします。
コミュニケーションも、この段階を終わらせる最大の手段です。ここでいうコミュニケーションは、ケンカでもなければ、相手を批判したり責めることでもありません。真実のコミュニケーションは、あなたの素直な感情、思いをパートナーに近づきたいという願いとともに分かち合うことです。


そして、次の第3ステージがやってきます。《デッドゾーン》と呼ばれます。日本語でいう「倦怠期」と同じでしょうか。。感情的にも心理的にも、性的にも死んだような感覚がもたらされます。
二人の相違が大きいがゆえに情熱的な関係の場合、パワーストラグルの段階が長いそうですが、あまり拒否反応をおこさない気の合った関係の場合は、このデッドゾーンがより長期化するようです。
このデッドゾーンのファーストステップは役割、規則、義務から成り立ちます。本心から振舞っているというよりは、マニュアルで動いています。自分がいい人であるように、正しくあるようにそれを証明しようとして、義務で与え、受け取ろうとします。この段階はより複雑で、エディプス・コンプレックスと呼ばれるものや、潜在意識、無意識に刻み込まれた家族や先祖代々のパターンに問題の根っこがあるので、このハードルを乗り越えるのはなかなか困難なようです(詳しくは次回に)。前の世代(?ってどの世代?)では、この段階を超え、パートナーシップに至った人間関係はほとんどなかったそうです。
しかし、ここでの課題を癒すことができると、素晴らしいパートナーシップの段階が待っています。

《パートナーシップの段階》
この段階では、パートナーとコミットした関係になり、内面的にも、日常でも、また二人の関係においてもバランスが取れています。二人の間の親密感が、日常生活全体に成功の流れを作り出します。

そのあと、男女関係は《リーダーシップの段階》と《マスタリーの段階》という二つの段階を経験します。この段階までくると、それまでに数多くの無価値感、自己嫌悪、失敗感を癒してきたことになり、パートナーシップにおける恐れはもはやなくなり、完全なつながりを感じられるようになるとのことです。素敵ですね。

最初にも述べたように、パートナーシップは本気で取り組もうと思えば、最も難易度が高いのです。パワーストラグルやデッドゾーンの段階で、もう嫌だ、と思ってその関係を終わらせても、未完了の課題は次の関係に持ち越されるだけです。

次回は、エディプス・コンプレックスの罠など、より詳しくデッドゾーンの段階にせまってみたと思います!






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/46-df282076

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。