ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞑想ワークショップ、心理学講座終了!

昨日東京から戻ってきました。

東京では個人セッションに加え、スピリチュアル心理学講座と瞑想のワークショップを行いました。
ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。

瞑想のワークショップは、これからライフワークに瞑想を取り入れていきたい、という方を対象に、瞑想とは何かということや、簡単にできる瞑想法(ヴィパッサナー瞑想、グラウンディング瞑想、光のエネルギーワーク)をご紹介し、プチ練習を行いました。

瞑想についてワークショップの時にお話したことをまとめます。

○瞑想とは頭を空っぽにすること。思考の否定。考えに乗らないこと。「今ここ」に戻ってくること。

○私たちは、思考をすることが「よいこと」だと思っていて、「心のおしゃべり」を否定する意味がさっぱりわからない思考至上主義文化に住んでいる。

○瞑想を理解するには、思考の弊害を知ること、私たちがいかに「思考病」に犯されて問題や悩みを作っているかを知ることが必要になってくる。

○瞑想と日々の生活を分ける必要はない。心のスイッチさえ切り替えれば、いつでもどこでも、瞑想タイム、瞑想の場になる。

○習慣にするためには、初めは努力が必要。自転車に乗るのと同じ。漕ぎ出すのにエネルギーがいるが、一度漕ぎ始めると無理なく乗れるようになる。

瞑想の理解の助けになる本はこちら↓

    

ワークショップは2時間という短い時間でしたが、参加してくださった方から「問題に振り回されていて気分が重かったのがすっきり解消されて元気になった」「紹介された瞑想が気に入ったので、これから続けていきたい」「風邪のひきかけで喉が痛かったのが、だいぶ緩和された」などの嬉しい感想をいただきました。

また、愛読しているブロガーさんが参加してくださり、ブログでしか知らなかった方と直接お会いしてお話できてとても嬉しかったです。

終わったあとは、みんなで鍋を囲みながらの楽しい懇親会を持ちました。
楽しかった〜。



翌日からの心理学講座では、「抑圧と投影のしくみ」と「セルフラブ」というテーマを通して、ご自身の深いところを見つめていただきました。

ワークでは、様々な問いかけをしながらご自身の潜在意識にアクセスしていただくのですが、今回のエクササイズの一つに、自分がいつもどのような基準で他人と自分を比較しているかを探ってもらうというのがありました。

人がどのような基準で他人と自分を比較するか、というのは、ほんとに人それぞれです。
今回もいろいろ出てきましたが、人と共通というのもあれば、ほかの人は持っていないそれぞれのこだわり、というのもありましたね。

そして、ここで出てくる基準はたいてい自分にパワーを与えてくれるものではなく、自分からパワーを奪っていくものであることが多いです。つまり、持っていても不要な基準ばかりです。

でも、なかなかこのものさしが手放せない。

ワークの中では、それぞれがこだわっている基準の、両側面を同じ価値にしていく、という作業をします。

人がある基準にこだわっている場合、基準にあっていれば「良い」、あっていなければ「悪い」と思っています。
例えば、「社交的かどうか」というこだわりがある場合、「社交的がよい」「社交的でないのは悪い」などという思い込みがあり、それに苦しみます。「行動が早いか遅いか」にこだわっていて、「行動が早い」が良いと思っていれば、「遅い」自分を責めます。

講座では、それぞれのこだわっている「基準」を出してもらったあと、「悪い」と思っている方のメリットや「よい」と思っている方のデメリットをみんなで探していくのですが、これいつもやっていて面白いのが、こだわっている人は、答えが出てこない。最初から「そんなもんあるはずない」と思ってしまっているんですね。
でも、その「基準」から自由な人からは、次々に出てきます。

そこでその基準にこだわっている人は、ちょこっと視点が変わります。
「あれ、自分が悪いと思っていたことが、他人にとってはそうでもないのかな」という気づきが生まれるのです。

私たちは自分の思い込みの世界に生きていますので、その基準に当てはまる現象だけを拾って知覚します。
そして余計にその思い込みを強めてしまいます。

例えば「行動が遅いのは悪い」と思っていれば、そういう現象ばかりを見たり聞いたり体験したりするので、それ以外の可能性は完全にシャットアウトするのです。そして、自分以外の人もみな同じ基準で見ていると思うので、そのことで責められるように感じたり、実際に同じ基準を持つ人ばかりを引き寄せたりもします。

ところが、一度自分がその基準にいかに囚われていたかに気づきはじめると、見るもの、体験するもの、聞くもの、すべてが少しずつ変わってきます。そして、いつの間にかその基準から自由になっている自分に気づくのですね。

こだわっているものさしをそうやって一つ一つ手放していくと、本当にストレスがなくなって楽になっていきます。

「自分がどのような基準で他人と自分を比較しているか」、「なぜその基準を持つようになったのか」、「その基準の悪いと思う方のメリットを探して、価値を同じにしていく」というワーク、みなさんもぜひやってみてください!!

今回もたくさんの出会いと気づきの瞬間が持てたことに感謝!


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/374-16aa3105

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。