ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死は遠い未来に設定されていることではない

前回のつづきで、今日もテーマは「死」です。

こういうテーマを臆することなく扱えるようになったところに、大きなシフトを感じます。

まずは、愛読している賢者テラさんのブログ、『神の眼』より引用です。

 空が腑に落とせた人と、そうでない人との違いは?
 サーカスで綱渡りをする芸人に例えてみよう。
 前者は、綱渡りの綱のはるか下に、落下時に受け止めてくれるネットがあると分かっている。
 また、自分の腰には命綱がついている、と自覚している。
 だから、落ち着いて綱渡りに挑める。
 しかし後者は、下にセーフティネットがあることを知らない。
 また、腰に命綱がついていることも把握していない。
 だから、まさに恐る恐るの、命がけ。
 一歩踏み外したら、人生終わりだ、と本気で思っている。


「空が腑に落とせた人と、そうでない人との違いは?」
というところは、
「生への執着が取れた人と、そうでない人」、「死の怖れから解放された人と、そうでない人」
などと言い換えてみるといいかもしれません。


続いて、読むたびにテンションが上がる津留晃一さんのメッセージ集からの引用です。

21世紀の新人類と、我々旧人類の最大の違いが「死」に対する価値観の違いです。「死」はもっとも忌まわしい ものという考え方から、「死」は最も素晴らしいもの、とその価値観が反転していくことでしょう。ここで少しの時間「死は最高の人生の祝福」という言葉に意識を止めてみて下さい。そしてあなたの中で生起してくる感情と想念をしばらく感じてみて下さい。果たしてどんな感情が起きてきたでしょうか。それはあなたにとって心地よいものでしょうか、それとも恐れの感情も入っていたでしょうか。

 死とは魂の飛躍の瞬間であり、急激な魂の成長が、もはやこの肉体に留まり続ける事が不可能となって起きてくる現象であると知った時、あなたの中の価値体系が全て崩壊してしまうかもしれません。どんな死に方であれ、例外なしに死とは魂の急激な成長の時であるなら、葬式は結婚式以上の晴れやかな儀式となるはずです。もし葬式をするならばの話ですが。

 「死が魂の最高の祝福である」と聞かされたとき、そんな考えが広まったら自殺者が増えてしまうとか、死を軽 んじてしまう、と不安を感じる人も多いと思います。死を軽んじてしまうオカルト的宗教が非難されたように「死は素晴らしいことだ」という考え方は危険思想 と判断されて当然です。ですが時代は今その方向へと進んでいます。誰も死を恐れなくなる方向へ。

 「死」を嫌う価値観が、死にたいする恐怖を生み、強烈な死に対する恐れが「死」そのものを引き寄せ続けまし た。こうして大量の人の「死」という末期症状へと人類は暴走を始めています。人類の一人ひとりのささやかな「たりない」という想念が、集合意識の「たりない」という想念を形成し、地球が今急激な資源枯渇化へと突き進んでいるように・・・
(以下つづく)

最後に、インドの偉大な哲学家、教育者であるクリシュナムルティの言葉です。

日々死ぬこと、あらゆるものに対して毎分ごとに死ぬこと、数多くの昨日に大して、そしてたった今過ぎ去った瞬間に対して死ぬことがいかに必要であることか!

死なしにはいかなる更新もなく、死なしにはいかなる創造もない。過去の主にはそれ自体の連続性を生じさせ、そして昨日の心配事は今日の心配事に新たな活力を与える

メアリー・ルティエンス著 大野純一訳 『クリシュナムルティの生と死』より


エゴの最大の勘違いは、一瞬一瞬が連続性を持って流れているという見方。
実際は、毎日私たちは生まれ変わっている、いや、毎分、毎秒、毎瞬ごとに死んでは生まれ変わっているのです。
つまり、「この瞬間」しか存在しないってこと。
だから、一瞬一瞬パソコンディスクを初期化していくように、すでに体験したもの(過去)をすべて消去していけば、
あらゆる葛藤から解放される生き方になるわけなんですねえ。。



まだまだつづく(・・かもしれない)

12月のイベントのお知らせは昨日の記事に載せています♪

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

宍倉さんはじめまして。

ホオポノポノからの検索で、半年前にこちらのブログを知り、いつも楽しみにしています。

最近の記事は私にとってタイムリーなものばかりで、
先日のエニアグラムの記事が出されたちょうどその日に、ほかのブログでエニアグラムを知り、診断していたり(私はパターン5のようです)、
今日は、流産したことがほぼ確定となり、その日にまたテーマが死であったりと・・・。

初期の流産は胎児の育つ力が弱いのが原因である場合が多いらしいのですが、
イライラや強いストレスを感じた時期があったことを悔やむ気持ち、赤ちゃんに申し訳なかった気持ちが出てきてしまいます。

この世は幻想で、様々な感情を解放し、思考を手放す・・・。

宍倉さんはじめ、いろんな方のブログ等を読み、分かってきたつもりになっていましたが、ネガティブな感情が手放せません・・・。

でも、「何があっても絶対大丈夫!」なんですよね!
地道に感情解放なんでしょうね。

ひとことお言葉いただければ嬉しいです。


確かに!

津留さんのコトバでアセンションできる人は善悪ではなく、人のため世ためなどの聖人でもなくズバリ!葛藤のない人!っていうのが印象にあります。
日々目の前の事を肯定していく旅をしている、とも。
その時はアタマで理解してたけどなんとなく最近はハートに腑に落ちる瞬間が多くなってきましたよ。
1人1人の宇宙を体験してるだけなんですよね〜
あの人もこの人もその人の宇宙の王でありしたい事をしてるだけ!
それを今までは無意識だったけど
これからは意識的に選べる。
スゴい時代に成りつつありますね!

Re: タイトルなし

berryさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 初期の流産は胎児の育つ力が弱いのが原因である場合が多いらしいのですが、
> イライラや強いストレスを感じた時期があったことを悔やむ気持ち、赤ちゃんに申し訳なかった気持ちが出てきてしまいます。

問題が起こった時、何か原因を探して頭に納得させようとするのがエゴの最大のお仕事です。

でも、いくらそれを続けても楽にはなりません。。。

悔む気持ち、申し訳なかった気持ちを感じられているということですが、それは今回の流産が原因ではありません。
もともとあった解消されるべきカルマが、今berryさんの肉体を通して解消されようとしているのです。
原因をいくら考えても楽になることはなく、さらに苦しくなります。
出てきた気持ち(悔しさ、悲しさ、罪悪感など)をしっかり感じ切って浄化させることが早く楽になる秘訣です。
考えたいエゴの誘惑は強いですし、感情に向き合うのも難しいかもしれませんが、ぜひやってみてください。

もし考えるとしたら、今回berryさんはこの体験を通じて何を学びたかったのか、隠されたメリットは何だったのかを考えてみてください。

自分の身に起きた出来事は、すべて自分が創っています。
それはあなたを幸せにするためです。

もし何か答えが見つかったら、ネガティブな感情を簡単に手放せるかもしれません。

Re: 確かに!

ひで姉さん

そうですね、津留さんもそうですが、多くのアセンション・リーダーたちが口をそろえて「葛藤を手放す」ことの重要性を説いていらっしゃいますね。

どうしても私たちは聖人や善人を目指してしまう傾向があるけど、それはむしろ今の自分を否定し、さらなる葛藤の原因ともなってしまう。

目の前のことを肯定していくことも、一度コツをつかめれば流れが加速していきますね!

私も同じく、ハートで腑に落ちる瞬間が増えてきた気がします。

ところでひで姉さんは、賢者テラさんのブログ記事に登場されている方と同一人物ですか??

あたたかいお言葉、ありがとうございます。

二日前に比べ、今はだいぶ気持ちが落ち着いた状態になりました。
心が乱れた状態でこんなことをコメントするのは…という思いもあったのですが、
的確なアドバイスがいただけとてもありがたく思います。

出来事に良い悪いはなく、その出来事をどのように捉え解釈するかは自分次第なんでしたね。

〇〇が私に~したから、△△という事態が起こったから、などといろんなストーリーを沸き上がる感情にくっつけてなかなかそこから抜け出せなくなる…。

今はしっかり感情を感じ切り、そしてゆっくりとでも解放していきたいと思います。

少しだったけど私のもとに宿ってくれた赤ちゃんに、今はありがとうの思いが強くなっているのを感じます。


> 自分の身に起きた出来事は、すべて自分が創っています。
> それはあなたを幸せにするためです。

とても心に染み入りました。ありがとうございました。





あ!

そーです。ペコリ
こちらには以前すず吉でもカキコさせていただきました。

ところでリアルテラさんカワユスでしたよ!
そしてコトバ以上のものを一緒の空間を通して受け取りました。
フェイスブックにも加入したみたいでそっちでもテラ節炸裂ですよ。笑

朋子さんは相当なレベルに達していると思われるので、あえて書かせていただきます
(というより、既にどこかで読まれているかもしれません)。
多くの人は拒否反応を示してしまうので、あまり言わないことですが、知っておいて悪いことはないと思います。

確かに、肉体は死んでも、「私」(「魂」とも呼ばれる)という自己アイデンティティはそのまま生き続けます(Kも同様のことを言っています)。
そういう意味では、死はなく、誰もが永遠に生き続けることになります。そして死は悲劇ではなく、お祝いになります。

ですが、その「私」というアイデンティティの死という、本物の死があるのです。
このことについては、ほとんどの人が言明していません。
というのも、有名なリーダーたちも、ほとんどが(もしかしたら全員が)この死を経験していないからです。
かれらもみな、「私」が残っているのです。そしてその「私」が、「私」(あなた)は生き続けると言っているのです。
これは完全に間違っているというわけではないのですが、まるで本物の死がないかのように思わせてしまいます。

一つ前の記事に書かれていた、夢の中で感じた死の怖れも、肉体の死に対する怖れと同時に、
「私」の死の怖れが生じたために起こったものと思われます。

コメントありがとうございます

私が好きなアドヴァイタ(非二元論)の教師たちは、みな「個」としての私はいない、肉体も含め「私」という感覚は幻想にすぎず実在していない、ということを教えていて、ほとんどの方は実際にそれを(一時的にでも)体験しておられます。
非二元論の教えは、「私」というアイデンティティが死ぬことで、真我という永遠のいのちに目覚めるというものですよね。
このブログでも目覚め(自我の死)について何度も言及していますが、おっしゃっていることはこれとはまた違うことでしょうか??

本質的には違わないと思いますが、目覚めと死は、とても微妙な問題に思えます。
私もまだ上手く表現できるレベルにはありませんが、目覚めは自我の死ではなく、
自我との同一化から脱した状態ではないでしょうか。つまり、自我はまだそこにあり、死んではいない状態です。
そしてその自我が完全に消滅するのが本当の死であり、これを体験した人はほとんどいないと思われます
(例え有名な教師であっても)。
肉体が死んでも自我(「私」)は死なず、目覚めてもなお自我は死なず、自我は本当にしぶといのですw

自我の本当の死が経験可能となる意識レベルというのは、最低でも700以上であり、
まず、そこまで行った人がほとんどいないのが現状だと思われます(教師のほとんどは400~500の上部)。
また、以前記事にもなさっていた、意識レベル850において起こる、存在と非存在の超越においても、死は起こります。
つまり、死には段階があると言え、一概に言えるものではないということです。

説明が下手で、わかりにくくなってしまいました。

目覚めは自我の死ではなく、自我と同一化から脱した状態、なるほど、そうですね。
いったん目覚めを体験した人も、また自我意識が戻ってくるんですものね。

私のイメージでは、今持っている「私」という感覚があるグループの「私」と統合され、一つの新たな自我と統合され(類魂)、さらに別の自我と統合され、さらに拡大されて、、、と次第にワンネスに戻っていく感じなんですが。。最終的にワンネスに戻ったときが、本当の自我の死ということになるのかなーと。この前ちょっと書いたフラクタル構造のような感じで。


そのようなイメージで合ってると思います。
けど、実際にそれを体験していくとなると、かなりの内的な衝撃が伴うのは確かで、
そして本当に自我が死ぬ時には、とてつもない恐怖が生じることもあります。
物心ついてからずっと一緒だった馴染み深い「私」と共に、確かな現実だと思っていた世界が丸ごと消滅してしまう感じです。
それを踏まえれば、気軽に"死なない"などとは言えないのです。
それを超えてから、初めて言えることだと思うのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/370-6f08c3f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。