ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親と子

カウンセリングで悩みの原因を探っていくと、ほとんどが幼少の時に親からありのままの自分を受け入れてもらえなかった、という心の傷に辿り着きます。


常識的に言われている親の役割といえば、子どもを世間の荒波をうまくわたっていけるようなまっとうな人間に育て上げること。(ですよね?)

この世は厳しいから、この世は不安に満ちているから、そこでうまくやっていくにはこういうまっとうな人間にならなくちゃならない。。。
それで、子どもが小さいころから、自分の部屋をきちんと掃除すればいい子だよ、いい成績を取ればいい子だよ、行儀よくすればいい子だよ、人に迷惑をかけなければいい子だよ、と教えます。

ですので、私たちは本来、無条件で愛された、受け入れられたという感じを経験した人はほとんどいません。

そして、この無条件で愛されたと感じられなかったことが大人になってから多くのストレスを作り出すことになるのですが、親はそんなストレスを子どもに経験させるためにそういう育て方をしているつもりはもちろんありません。

幸せになってほしいから、この世で成功して欲しいから、と思って教えてきたことが、ゆくゆくは子どもの自由な思考や感情、行動に対して制限的な悪影響を与えるようになるとは夢にも思いません。

私たちに「この世界は厳しいのだからもがきながら生きるように」と教えることが自分の役割だと思っている人が、ほかならぬ自分を一番愛してくれた人であったという、なんとも皮肉な話・・・。

なぜ、私たちはそのままで良い子なんだと教えられないのでしょう?

それは、私たちを育ててくれた親が、私たちと同じように育てられた人によって育てられたからですね。ただそれだけです。

ですから、「私が苦しいのは、親が私をありのままに受け入れてくれなかったからだ!」とかいって、自分たちの問題やストレスの原因を親(やその親)に見出そうとしても、いつまでたっても楽になることはありません。


ではちょっと視点を変えて、「もし、この現実を自分が創り出しているとしたら?」と考えてみましょう。

たびたび紹介している「ザ・マネーゲームを脱出する方法」では、人生を人間ゲームに例えています。
このゲームには第1ステージと第2ステージというのがあって、第1ステージでは、制限や制約、不自由をみずからに課してゲームを楽しみます。3次元の幻想の中にどっぷりと浸かり、それが現実だと自分自身に信じ込ませるのが目的です。

「脱マネゲ流」で考えると、親の役割は、この人間ゲームの第1段階で、あなたが自分自身の本来の姿を忘れ、制限され、制限の多い経験に没頭できるように手助けしてくれる一番有力な人たち、と言えるのじゃないかと思います。

著者のシャインフェルドさんによると、第1ステージで自分を上手く騙すことに成功したかどうか知るには、どれだけ現実という幻想ホログラムを「本物だ!」と感じられるかどうかというのですから、あなたが現実に困ったりストレスを感じたり悩んだりすればするほど、そういう状況を作るのに最も協力してくれた親に感謝すべきだし、もっというと、親にそういう役割を演じさせたのも自分なのだから、そんな名プロデューサー、名シナリオライター、名プログラマーの自分を祝福しましょう、ということになります。

さて、第1ステージをじゅうぶん探求したあと、私たちは第2ステージに向かいます。
そこでは、「人生で目にするものはすべて幻想にすぎない、ということに気づいていくことで、それまでの制限や制約、不自由を解いていくゲームが繰り広げられます。

私が思うに、親という役が第1ステージで活躍する一方で、子の役は第2ステージで活躍するのではないかと。

ホ・オポノポノのヒューレン博士は、「子どもは、あなたを困らせるためにあなたの元に生まれてきました(なぜならクリーニングのために)」とおっしゃいます。

子どもが自分の思い通りに生きてくれないことで、ストレスを感じたことがない親はたぶんいないと思います。
もし、子どもがあなたの完璧思い通りだったら、その子はたぶんロボットです(笑)。

思い通りにならない。
「ここで走ったらダメ!」といったら走るし、勉強してほしい、と思ったら遊んでばかりでいるし、健やかであればいい、と思ってたら病気になるし、安定した職業に就いてほしい、と思ったらフリーターになるし、よそ様に迷惑をかけてほしくない、と願ったら迷惑かけまくるし、いつまでも自分のそばに居て欲しい、と思ったら遠くにいっちゃうし、早く出ていって!と思ったら、いつまでも居る、とか。

そもそも、子どもというのは一番あなたが見たくない自分の部分をうつす鏡ですから。
自分が本当はしたいけどできなかったこと(つまり抑圧)は子どもに投影され、外在化されるのです。

つまり、第1ステージで制限したこと、不自由さを課したことをちゃんと見せてくれるのが子どもの役割、ということになります。

そもそもそれが子の役割なのだから、あなたがどんなに思い通りになるように願ってもうまくいきっこないのです。

それでいつか葛藤に疲れ果てて、コントロールすることを手放します。
もうどっちでもいいか~、と。

その時あなたは、第1ステージで自分に課していた制限、制約から解き放たれ、本来の自分の力をようやく取り戻すことができます。

ということでまとめると、
親は、あなたが人間ゲームを思う存分楽しめるように、あなたが分離されていて有限であると教えるために存在し、子は、あなたの制限や制約を示して、あなたに本来のパワーを取り戻すチャンスを与えるために存在する。

いわば、人間ゲームの中で繰り広げられる親子ゲームなんです!!

新しい時代に移行しつつある今は、従来の親子ゲームを脱出して新たな親の在り方、子の在り方を求める人も増えてきています。
手放しのレッスン
(以前こちらにコメントを下さった光奈さんのブログ、シェアさせていただきます♪)





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

いつもブログを楽しみにしています。

最近とある学校に入学したのですが、同時期に入学した方
と私に対する先生の対応が違います。
例えば、私が聞いていない説明をその方にはしていたり…。
もし、自己愛が高かったら「結果的には知れたし、いいか」
と思えるのでしょうか。
私はあまり自己愛が高くないので、「嫌いだから説明しない
のかな」なんて思ってしまいます。
嫉妬っぽい自分も嫌です。

東京の自己愛の講座、楽しみにしています。

Re: タイトルなし

> いつもブログを楽しみにしています。

ありがとうございます!!!
>
> 最近とある学校に入学したのですが、同時期に入学した方
> と私に対する先生の対応が違います。
> 例えば、私が聞いていない説明をその方にはしていたり…。
> もし、自己愛が高かったら「結果的には知れたし、いいか」
> と思えるのでしょうか。

はい、少なくとも感情反応することはないと思います。

> 私はあまり自己愛が高くないので、「嫌いだから説明しない
> のかな」なんて思ってしまいます。

自己愛が高くないと、そういう解釈をしてしまいがちになりますね。
現実は100%自分の解釈なので、ありのままの事実ではないです。

> 嫉妬っぽい自分も嫌です。

「自分だけが嫉妬っぽい」と思うと嫌になるかもしれません。が、嫉妬という感情を持っていない人は、人間である以上いないと思います。(悟った人以外は)
誰でも当たり前にある感情だ、ということがわかれば、そんな自分の部分も受け入れられると思いますよ。
>
> 東京の自己愛の講座、楽しみにしています。

ありがとうございます。
計画していますので、お待ちくださいね!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/333-0d089920

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。