ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特別な関係」から「本当の関係」へ

昨日の続きです。

私たちはなぜ特定の相手に愛(の代物?)を求め、愛し愛されるような関係を求めるのでしょうか。

答えは、自分の中に愛がない!と思っているから

「自分の中にない」と思い込んでいるから、外(=それを与えてくれそうな誰か)にそれを求める。
「愛されていると感じるためにこうしてほしい、ああしてほしい」という幻のニーズですね。

自分の中にない、と思っている愛ですが、じゃあ相手は持っているかというと相手も同じぐらい「自分の中にない」と思っています。なぜなら、相手=自分のマインド(自分のマインドが外部に投影されている)なのです。つまりお互いにないものを相手から奪おうとするため、「怒り」と「罪悪感」と「損得勘定」まみれになって結局苦しむしかないのです。

どんなに外にそれを求めたところで、いくら必死になって求めても、求めるところが最初から間違っているので絶対に得られるわけがないのです。

愛を得られないどころか、結果は破滅にしかならない・・・。
なぜなら、エゴの求める一体感は偽物であり、実際は「さらなる分離」だから。

パートナーシップや人間関係で「怒り」と「罪悪感」と「損得勘定」で苦しむぐらいなら最初からそんなものはご免だわ、と敬遠する人もいるでしょう。
でもそうやって人間関係から「引きこもった」ところで、あなたのニーズが埋まるわけではなく、結局そこには「抑圧された感情」が残ります。←やっぱり苦しいです。

特定の相手を愛の対象として求めるのは苦しい、人間関係から引きこもるのもダメ、じゃあ一体どうすればいいのか。。。

もうこれは出発点から見直すしかないのです。

つまり、「自分は神と一体であり、もうすでにあらゆるものを与えられている」という事実を思い出すしかない。

そのための日々の実践として「コース」は、「出会う人すべてを肉体ではなく神のひとり子と思え」ということを提唱しています。
相手を肉体として見ないということは、性別、年齢、顔やスタイルからしぐさ、言動まで、肉体に関するすべての要素を通り越したところにある相手の本質を見るということで、これこそが「特別な関係」を有効利用する方法でもあるのです。

目の前の相手を、どの瞬間も「完全無欠な存在」として見るのです。
「そうはいってもあの人は、ここが足らないし、こういうところが問題だし、あそこはもっと改善してもらわないと」と思うかもしれません。

本来「完璧でないもの」など存在しません。
何かが完璧でないように見えるなら、それはあなたの見え方がゆがんでいるからです。

私たちの判断基準は、すべて「過去のデータ」に基づいています。「過去の記憶と経験」に基づいて相手の一側面だけに焦点を当てて、「この人はいい人」「あの人は悪い人」「この人は変わってる人」「あの人は特別」と分類します。

すでに何度も言及してきたとおり、過去とは幻です。
宇宙には「時間」というものがないのだから、当然「過去」もありません。
幻の過去から解放されてはじめて、そこには判断基準がない、つまり怒りも罪悪感も恐怖もない「瞬間」があらわれます。
ということで、相手を「完全無欠な存在」として見るためには、いつでも相手を初めて出会ったかのように新鮮な目で見て接する必要があります。「レッテル貼り」を一切やめることです―これが、「コース」でいうところの『赦しのレッスン』です。

あなたが相手の中に完璧さを見ていない、ということは、その都度「幻想である過去」を持ち出している、と考えて間違いありません。

「過去を一切持ち込まず、相手の中に完璧さを見る」というレッスン、最初は難しく思えるかもしれませんが、コツさえつかめればだんだん簡単にできるようになってきます。
習慣になれば、他の人に完璧さを見出すにつれ、自分自身も同じように完璧な存在だという確信が強まってきます。

これも何度も書いていますが、人間関係はどれも、自分のマインドを映す鏡です。だれとコミュニケーションをとっていようと、本当は、自分自身と交流しているのです。

「特別な関係」を有効に再利用するためには、パートナー(や身近な人)を常にあなたの姿を正確無比に映し出す鏡として認識することです。相手の行動に反応するのではなく、相手の言動を自分自身のゆがみを知る『気づき』にすることです。これができるようになってくると、相手のサポートに感謝せずにはいられなくなります。

もちろん、身近な人だけではありません。あなたと出会うあらゆる人たちが、あなたを助けるためにあなたの人生に現れた「恩人」です。
世界の人口を考えるまでもなく、一生知りあうこともなく終わる人の数の方がはるかに多いのだから、「出会った」というだけでそれは奇跡であり、「特別」なんです。

出会う人すべてが特別だということがわかると、自分のニーズを満たしてくれる特定の相手との特別な関係に囚われる必要はなくなります。
「幻想の愛」を求めるのを止めたとき、一切の罪悪感、怒り、怖れが消えるのです。
そのときマインドがどのような現実を投影するか、どのような現象としてあらわれるか、それはわかりません。

しかし、もうこれは信じるしかないのですが、私たちは何も失わないし、諦めないし、むしろすべてが与えられているとわかるのです。そうなってみるまでわからない、ので信じるしかありませんが、とにかく癒しや奇跡、救いがほしければそれはそこ(赦し=価値判断をやめること)にしかないのです。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/310-a3e497df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。