ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人生は廻る輪のように』を読んで

私のメンターの一人、溝口あゆか先生の推薦図書『人生は廻る輪のように』を一気に読みました。

人生は廻る輪のように (角川文庫)人生は廻る輪のように (角川文庫)
(2003/06)
エリザベス キューブラー・ロス

商品詳細を見る


ターミナル・ケア(終末期医療)のフロンティアであり、ベストセラー『死の瞬間』の著者であるエリザベス・キューブラー・ロス(1926~2004)という精神科医の自伝です。
この本を読むまで著者のことを知りませんでしたが、20世紀に大きな足跡を残した人物として欧米諸国では有名な方らしいです。

こんなに感動する本に出会ったのは久しぶり!

この本をぜひたくさんの人に読んでもらいたい!と高揚しながら読み進みました。

「死が怖い」という方、家族や自分がまさに「死」に直面している、大切な人を亡くした、という方に特におすすめしたいです。


まず、著者の人生が波乱に満ちていてドラマチックで、それだけでも読み応えがあります。
父親の反対を押し切っての医学の道への進学、大戦後ナチスへのレジスタンス運動との関わり、結婚とアメリカへの移住、終末医療への取り組み、夫との不和、離婚、殺人未遂被害、エイズ患者との関わり、放火によるすべての焼失、自身の脳梗塞による闘病生活・・・。ページをめくる手が止まりませんでした。

その上、「生きるとはどういうことか」「人生において大切なことは何か」といった究極的な、本質的なメッセージがたくさん散りばめられていて、とても考えさせられる内容でした。

「死」を不吉なものだと忌み嫌い、遠ざけようとする19~20世紀の科学的な見方で支配された西洋医学のフィールドにおいて、すさまじい差別と偏見と闘いながらも、死を肯定的にとらえ、「死」を生涯のメインテーマとして全身全霊で向き合うロス先生の生きざまは本当に感動的で、涙なしには読めません。

死を忌み嫌ってタブー視するのは、何もロス先生の活躍していた時代だけの話ではありません。
現代日本でも今でこそターミナル・ケア、ホスピスなどが充実してきてはいますが、やはり死はタブーであり、悲しいものであり、怖れるものという意識がまだまだ根深くあるような気がします。
自分の中にも死を忌み嫌っている部分が刷り込まれているのを否めませんが、そうやって錯覚を持つことに意味があるのでしょう。。。
生きる我々にとってどんな人も必ず通るべき道なのにね・・・。

正直に言うと、ずっと前に買っていた本だったのですが、なんとなく死というテーマについて読むことによって死の怖れが助長されるような感覚と、まだまだ自分には関係がない、という感覚があったのでなかなか読めずにいたのです。

しかし、今回この本に出会ったことで、死に対する見方がガラッと変わったことは確かです。
もっと早く読めばよかった!!!
・・・今読む必要があったのでしょうが。



途中からは「臨死体験」「死者との交流」「チャネリング」など、とっても怪しい(?)お話のオンパレードです。

まだ、臨死体験や死後生存いう言葉もなかった時代に、死を直前にした患者と向き合っているうちに、一部の人たちが共通の経験をしていることに着目します。
それは、死を宣告された患者がその時自分の肉体を離れ、愛としか表現しようのない心地よい光に包まれ、すでに他界した人たちと再会し、しかしもう一度この世に戻るように促されて(戻りたくないけどいやいや)生き返る、という体験です。
そして、そのような体験症例を世界中から集め、何万人といった患者と面接をし、そのデータを体系的にまとめます。
これを医学博士が行ったというところに意義があるのだと思います。

私はもちろん死後の世界を体験したことがないので、あるかどうかなんて本当のところわかりっこありません。
でも、ロス先生が語る宇宙観(他の本でも同じような記述をいっぱい読みましたが)が虚妄だと片づけるのはあまりにも惜しいです。
「死は怖いものではない」とポジティブにとらえられると、「死を間近にしている人」やそれを取り巻く人々との接し方も変わってきますし、何よりも生に対するとらえかたがよりポジティブになるような気がします。
そもそも私たちの悩みや問題のほとんどの根源は、死に対する怖れなわけですから、一度その部分とじっくり向き合うことにはとても意味のあることだと思うのです。

「死」は出口ではなく入り口である、悲しむべきは死の瞬間ではなく、むしろ生の瞬間である、というロス先生の深い愛のあるメッセージがとても印象的でした。

お求めやすい文庫本が出ています。ぜひ読んでみてください!

私もロス先生の本しばらく順番に読んでいこうと思います。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

こんにちは。
以前に一度ここにコメントして、スペンザーノの本を紹介していただいた者です(面白かったです!)。


私も昨年にエリザベス・キューブラー・ロスの本を読んで、ものすごく大きな衝撃を受けました。
どれくらいの衝撃だったかというと、20年以上勤めた大手企業を思い切って早期退職しました。
「勤め人としての役割をしぶしぶとこなすだけで、人生を終えてしまってはならない」と思い至って…。

最近知ったのですが、『神のと対話』のニール・ドナルド・ウォルシュは、エリザベス・キューブラー・ロスの個人アシスタントをしていたことがあるのですね。当時いやいやサラリーマンをしていたウォルシュ氏が、ロス氏に触発されて会社を辞めてしまうというエピソードが、『神との友情』の中に書かれています。


これからも楽しいブログを楽しみにしております!

Re: No Subject

Mさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。

確か、罪悪感についての記事にコメントしていただいたのですよね?
そうですか~。
エリザベス・キューブラー・ロスさんの本がそれほどMさんの人生に影響があったとは、すごい出会いだったのですね!
死について見つめたことで、生についての見方がガラッと変わる、というのをまさに体感されたわけですね。

これから世の中が、みんなMさんのように今までのまわりをものさしにした人生に疑問を持って、本当の自分の生き方にシフトすることが増えていくのでしょうね。

ウォルシュさんの「神との友情」はまだ読んでませんが、興味を持ちました。
教えてくださってありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/232-fa85c5b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。