ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクションが大きいほど縁が濃い

一つ、心のワークを紹介します。
紙を一枚用意しましょう。
そこに、許せない人、ムシの好かない人、相性が悪いと思う人、一緒にいるとイライラする人、苦手な人、むかついた人、嫌いな人・・・に対して、どういう点が嫌なのか、相性が悪いと思うのか、どこがイライラするのか、何が苦手なのか、を具体的に書き出してみてください。


何が出てきましたか?


そこに上がったリストはおうおうにして、自分も持っているネガティブな部分、もしくは自分が自分に禁じていること、自分が「~べきだ」と思って自分自身を抑圧している部分だそうです。

例えば、私がある人(仮にAさんとします)に感じる嫌な点をあげると、
○偏見がある
○デリカシーのない発言をする
○人の意見に柔軟でない
○素直じゃない


というのが出てきたとします。
これらは、「私がAさんのどういう点にリアクションを起こすのか」ということだけであって、決して「Aさんがどういう人か」ではありません。

「偏見を持つべきではない」「言葉は慎重に選ぶべき。」「人の意見に柔軟であるべき」「素直であるべき」と、自分自身を必要以上に抑圧しているために、上記のような点を感じる相手に接すると、急にその人を「許せない」と思う気持ちが湧いてきたり、嫌悪感をもつことになります。
でも、本当はあなたが嫌悪し、「許せない」と感じる人こそ、あなたの内側を映し出すありがたーい鏡なのです。そして、そのリアクションが激しければ激しいほど、あなたの中に閉じ込められた感情を引き出すきっかけを作ってくれた、あなたの人生にとって大切な役を持った人です。信じられないかもしれませんが・・・。


人間が抱くあらゆる感情は、まったく同じ一つの原因から生じます。すなわち、他人の言動に対する自分の考え方、自分の解釈の仕方です。原因は他人にあるのではない、ということを知らなければなりません。これには例外がありません。自己責任の法則によって、あなたの感情の責任は100%あなたにあるのです。(「からだの声を聞きなさい」 リズ・ブルボー著 より)


相手の言動に対して激しく感情が反応するときは、必ず自分の中に秘められた傷があり、その傷ついた感情にずっと自分が抑圧され、不自由な思いをしているのです。

なので、誰かの言動に何か気に触ることがあったときは、「何で私はこんな感情を持ったのかな?」と探ってみることです。そうすると、あなたの心の奥深くに封印されていた、傷ついた自分ときっと遭遇するはずです。その浮き彫りにされた傷を癒すことによって、またまた自己愛が高まるわけです。

そうなると、あなたを嫌な気分にした相手のことを、あなたの心をもっと豊かにしてくれる人だと考えると、なんだかありがたーい存在で、感謝したくなっちゃったりしませんか??

私にも、痛いところを遠慮なく突かれ、苦しかったり、かーっとなったり、びゃーっと大泣きしたり、自尊心をぼろぼろにされた経験があります。それが大好きな相手だったりすると、そのリアクションの激しさといったら、もうジェットコースターなみ(笑)。
でも、自分を傷つけた相手を責めて解決したことは一度もなく、結局自分の不安感、不信感、怒り、悲しみ、過度な期待、恐怖心、嫉妬を見つけてあげて、癒してあげるしかないんですね。

また実は、批判されて自分が傷つく必要は本当はまったくないわけです。つまりそれは、100パーセント批判した相手の問題だったということです。私という鏡によって自分の心を映し出された相手の勝手なジャッジであって、私は人格否定されたわけでもなんでもなかった。そういうことも、ずいぶん後で知ったわけですが・・・。


結局のところ、私はそのジェットコースターを経験したおかげで、自分を見つめなおし、自分をより受け入れるようになり、心の平安を得ました。そして、やはりそれだけのリアクションを与えてくれる相手ですから、縁が濃いのはもちろんのこと、私が自分の傷を癒していくと、相手もどんどん変化していき、お互いに自己愛が高まることによって、お互いをより認め合えるようになってくるから不思議です。


つまり、人は人を変えることができない。それを知るのが人間関係における修行じゃないかな、と思います。自分の心を変えようとしないで、他の人にかわってくれないかな、と思っても、結局何も変わらない。だから、自分がどう変われば問題が解決するかを考える。そうすると、必ず解決策は見つかるんです。

「相手は自分の鏡」
「すべては自己責任」

・・・のお話でした。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/18-7b936df1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。