ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの心は勘違いだらけ

私は子どもの頃、仕事で忙しい父の姿を見て、
「仕事、仕事の人生で、もっと人生に楽しみや自由はないんか。」
って思っていました。

違う、ち・が・う!!!

父は、自分の楽しみや自由の時間を削ってまで、私の学費や不自由のない暮らしのために働いてくれていたのです。

小さいころからたくさんの習い事をさせてもらいました。バイオリン、ピアノ、スイミング、公文、バレエ、声楽。。。
そして、私立の高校と、月謝の高い私立音大に通わせてもらいました。さらに、何年も英会話スクールに通わせてもらったり、学業に専念するためにバイトはするなといって毎月不自由のない額のお小遣いをもらっていました。
毎年誕生日やクリスマスには欲しい物を買ってくれました。それ以外にもニーズに合わせてたくさんの物を与えてもらいました。健康維持のためにと強請った高いサプリメントを何年も買い続けてくれ、その上頻繁に美味しい物を食べに連れて行ってくれたり、毎年家族を温泉など旅行へ連れていってくれたりしました。

そんな父に大学院進学を反対されて「行きたいのなら勝手にしなさい」と言われたとき、
「私の夢を応援してくれないなんて、冷たい!」と不満を持ちました。そして、壁を作ってしまいました。

父が自分のための時間を惜しんでまで働いてきたエネルギーで、私が今までどれだけの体験を無償でさせてもらってきたか、まったく見えていませんでした。


子どもの頃、口出しばかりしてくる母親に対して、
「子どものことばっかりかまっていないで、もっと自分のために人生を生きればいいのに」って思っていました。

違う、ち・が・う!!!!


母は、自分の事よりまず優先的に、私たち家族の世話、食事から洗濯から部屋の掃除から私たちの進路のこと、健康のことにエネルギーを注いで毎日の生活を送ってくれていたのでした。

大学生になっても、夜遅くなって帰るとき心配だからといって駅まで歩いて迎えに来てくれた母。
そんな母に不満だらけでした。迎えに来られるのが嫌で、わざと電話をしない日もありました。

「いつ迎えに来てって頼んだの!?大学生になって迎えに来られるの、私ぐらいやわ。いつまでも子ども扱いしないで」ってどんなに反発したでしょう。

凍えそうなぐらい寒い冬に、もうすでにお風呂に入り終わった後でまた寒い中外を駅まで迎えに行く・・・。
翌日早く起きないといけないのに、夜中を過ぎても帰ってこない娘を寝ないで待つ・・・。
どんなに体の具合の悪い日でも、必ず来てくれていました。

そんな無償の愛を、今の私は誰かに注げるでしょうか・・・。

父が大学院進学を反対したのは、私の未熟さをちゃんと見ていたから。依存心でいっぱいだったから。音楽で食べていくことがどれほど大変なことか、嫌われ役を買ってでも「自立する」という本当の意味を教えたかったのだと思います。子どもの自立を促す本当の愛情だったのです。

母がいくつになっても心配で迎えに来てくれていたのは、私がぼーっとしていたからなんですね。
思い起こせばいつも心ここにあらずで、考えや空想にふけっていたので、忘れ物やうっかりミスの多い子でした。
また、道で不審者に声をかけられても毅然とした態度を取られずおろおろしていたこともありました。
しっかりした子だったら、たぶん迎えにこなくてもよかったのだと思います。
心配な子だったから放っておけなかったのです。

そんなこともわからず、なんて傲慢で自分勝手な娘だったのでしょう。。。

そんな父と母の無償の愛がなければ、私は今頃どうなっていたかわかりません。
こうやってちゃんと生きて不自由のない暮らしができるのは、はっきりいって奇跡に近いことです。
両親からは、「こんなにしてあげた」という思いは微塵も感じられません。。。
そんな両親に、いまだに何のお返しもできない私です・・・。

未熟な脳で、親の愛情をあり得ないぐらい勘違いしていた私。
親になったことがない私には、これだけのものを自分以外の人に無償に与えることがどれだけ大変なことか、測り知れません。

きっとまだまだ見えてない親の犠牲がたくさんあるでしょう。



今私たちが経験している問題のほとんどは、この親の愛の勘違いから発生しています。
視野の狭い、自己中心的な認識で物事を把握していて、それが大人になってもまだ脳の一部に残っています。

大人の心でその過去の勘違いを見直していかなければ、本当の意味で大人にはなれません。
体や理屈だけどれだけ立派になってもね。

私たちは「思考が現実化する」世界に住んでいるのですから、
子どもの頃の勘違いが多ければ多いほどそれを大人になって社会に投影します。

「親には感謝している」
「親子関係は良好だ」
と思っている人も、一度本気で子どもの頃に抱いた親への不満に勘違いがなかったか見直してみてください。
「自分が正しい」というフィルターで見ていなかったか。
98回の与えられた待遇を忘れて、たった2回の不満な待遇を拡大して覚えていないか。
これを見直すことで現実が必ず変わってきます。

2年近く前内観セミナーでこの勘違いから外れた世界に行ったことあったんですけど、私の場合まだまだ見直しが足りないみたいです。

これからまたしばらく、集中的に家族に対する思いの見直しをしていきたいと思います。

旅はまだまだ続きます。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/179-e16a3b41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。