ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害者意識を癒す

昨日友達のAちゃんからある相談電話がありました。

彼女は最近子宮に癌ができたということで、自分の内面を見つめて思考パターンの書き換えを今集中的にやっています。
(言うまでもありませんが、もちろん!病気も自分の思考パターンが創っています。)
やっているうちに突然自分の出生のエピソードを思い出したそうです。

Aちゃんのお母さんは、夫が(つまりAちゃんのお父さんが)自分から離れていくような気がして、子供ができたら離れないのではないかと思ってAちゃんを妊娠したのだ、という話をAちゃんは昔お母さんから聞いたことがあったのです。

その話を聞いた時にどう感じたのか、それを知ったのが原因で自分のことを愛せなくなり、その後いっぱい辛い経験をしてきたのではないか、と思い始めたというのです。そしてお母さんに対して許せない気持ちが出てきたと。

「これも自分の思考パターンが創ったことだとしたら、どう解釈したらいいの?」
という質問だったので、私も一緒に考えてみました。


「そんなお母さんに対してなんて言いたい?」と聞いてみると、

「お父さんをひきとめるために私を妊娠したなんて。。。人をモノみたいに扱うな」って言いたい、とAちゃん。

「ということは、『人をモノみたいに扱うな』って自分が自分に言いたいということになるね。」

そう、投影のしくみからすると、人に言いたいことは、自分に言いたいことなのです。例外なく。
自分しかいないですからね。

まず、自分の現実には自分しかいない。他人はすべて自分、自分の投影なのだ、ということ。
なので、お母さんも自分なのですね。

Aちゃんはそこではっきりわかりました。
「人をモノみたいに扱うな」というセリフは、過去の自分に言いたいことだったのです。
実は彼女、若い時に中絶を何度かしたそうなんです。

潜在意識ではまだそのときの自分を許していないのです。
それを親に投影して、被害者意識を持っていたのですね。「自分はモノみたいに扱われた」と。
こういう思い込みを持つと、人生で繰り返し「モノみたいに扱われる」という現実を創ってしまいます。恋愛でも相手に大切に扱われなくなってしまうのです。

出生のエピソードも、実際どうだったか本当のところはわからず上のように解釈し記憶に残したのも、結局自分の意識です。
そうすると自分がどれだけ愛されてきたか、という事実が見えなくなってしまいます。

従来の心理学に基づくカウンセリングですと、「あなたが~~なのは、昔こういうことがあったからなのですね」と原因探しに終わってしまい、この被害者意識はそのまま残って、じゃあその傷ついた心を癒しましょうね、となります。しかし、被害者意識を持ち続ける限り、自分の人生を100%生きることはできません。
つまり幸せにはなれません。

意識というのは単なるデータであり、過去も現在も未来もありません。すべてがこの瞬間に同時に存在しています。
出来事を時系列で考えると混乱してしまうかもしれませんが。。
だから、セラピーで過去のデータを書き換えることで現在や未来までも同時に書き替わってしまうということが起こります。

ということで、Aちゃんに必要なのは、いかに祝福されて生まれてきたか、どれだけ無償の愛情を注がれてきたかということを潜在意識レベルでわかるということ。そして、被害者意識を解消することで病気も癒され、素敵な恋愛ができ、仕事も順調にいき、まわりの人からも愛される、という現実が必ず創れるようになるんですね!

(Aちゃんの承諾を得て掲載させていただいています。)
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

しっしー、どうもありがとう


あのね、しっしーに教えてもらった投影の方程式で、今何人かの男性に関する、フラストレーションを掘り下げてたら、みんな土台は同じだった!
お父さんを愛したい自分の気持ちを全く許せてなかった思考の土台が沢山出てきて、そこから作り出されてたよ。

まだ、全部の土台を解消仕切れてはないんだけど、父に関する土台が消えたら、過去に付き合ってきた人に関する思考パターンも芋づるに消えてった!凄い!


ワーク前に読んだしっしーのこの記事の最後に書いてあるメッセージ、ありがとう。

うん、どれだけ愛されてたか、気付けてなかったよ。

表面的には解ってるつもりだったけど…。

さっき、おばぁちゃんからのメールで、こんなにも思ってくれてたんだと、涙がでてきて、真我が溢れてます。



自分をもっともっと存在の根元の観点で許せたら、どんなに素晴らしい世界になるんだろう*


生きるのが、心から楽しみになりました。



沢山の人に、この事を知って欲しいな☆


愛と感謝をこめて

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/156-8d4898be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。