ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな現実も自分が望んだ結果です

私は、「現実は自分が創造している」という奇跡の学習コースやシータヒーリングの教えをベースとしてカウンセリングやセラピーを行っています。

現状がネガティブなとき、あなたがその状況を選んでいるかもしれないと言われても、「はいそうですか」とは言い難いかもしれません。

たとえば、パートナーが浮気をしたとします。

そんな現実を自分が引き寄せた、などと誰も考えたくないですし、普通は考えず、相手が裏切った、相手が悪い、自分は被害者だという思いを持つのが普通かと思います。

しかし、そうやって相手を責めたり、被害者意識を持ったり、あるいは自分を責めたりしているよりも、「現実は100%自分が思考したことの結果」というのを受け入れてしまった方が実はずーっとずーっと楽に生きられるようになります。

もし、「相手が悪い、自分は被害者だ」と思い続けたら、相手が変わらない限り自分はずっと被害者意識というストレスを持ち続けて苦しまなければなりません。

たとえパートナーと別れたところで、自分の思考パターンを見直すということをしないかぎり、相手を何人替えても同じような現象を引き起こし続けてしまうだけなのです。


では、なぜ人はそのようなネガティブな現実を望んで引き起こしてしまうのでしょう?

このブログでも何度か述べましたが、私たちの意識は、顕在意識(普段自分が意識できている部分)が約4%に対して、潜在意識(無意識の部分)が約96%です。

この数字を見てもわかるように、顕在意識は、潜在意識の圧倒的なパワーにはかなわないようにできています。つまり、潜在意識にある思いの方が現実化するのです。

パートナーに浮気してほしくない、私だけを愛してほしいという思いは顕在意識の願いです。
ところが、パートナーに浮気されるということが現実化されたということは、あなたはそれを無意識に思考していたことになります。

つまり、パートナーが浮気をする=パートナーに裏切られる自分になる=悪いパートナーを持っている自分になる、というのをあなたが望んでいたわけです。

これを認めるのはとても難しいことだと思うのですが・・・、やはりそういうものだと認めてしまった方が、楽になるとしかここでは言えません。


さて、それを前提に話を進めるとして、悪いパートナーを持っている自分になることを望むあなたは、どんなあなたなのでしょう?

こういう場合、たいていは自分のことを相手にとって悪いパートナーだと思っています。つまり、相手にとってなんらかの罪悪感を無意識レベルで感じているわけです。

でもたいていは、自分のことを悪いと思い続けているのは辛いですので、相手のことも悪いと思い込みたいんですね。私だけが悪いんじゃないんだもーん、という感じです。
そして相手のあらさがしを始めます。もちろん無意識レベルで。

つまり、どっちが悪いかを隠れて競おうとします。

もしパートナー側に自信があって、満たされている状態(自己価値の高い状態)でしたら、この「どっちが悪いか競争」を仕掛けられても、挑発に乗ることはありません。
しかし、パートナー側にも癒されていない古い傷があると、その傷(とそれによる劣等感)があなたの挑発に刺激されて、それが浮気などという行動に結びつきます。

このように、パートナーが浮気をしたという事実から、「自分は悪い妻(あるいは夫)だ」という潜在的な思い込みまで行き着きます。そしてさらに、なぜ自分を悪いとジャッジしてしまうのか、その基準となる思い込みを探っていくと、「妻とはこうあるべきだ」とか「夫とはこうあるべきだ」といういつのまにやら自分の中に刷り込まれている観念が見つかります。(例えば【妻である私は、家のことを完璧にこなしていなければならない】とか)そういう観念を持つこと自体は悪くありません。

問題は、その観念に自分があてはまらない時やギャップがあるときに、人は無意識のレベルで自分を責めるので、自分をありのまま愛せなくなってしまうことなのです。

自分をありのまま愛せないのに相手をありのまま愛せるわけはなく・・・、相手はありのまま愛されない(たいてい攻撃されているように感じる)というフラストレーションを解消しようとする・・・。
つまり、自分が無意識に罪悪感を感じてしまうような観念をもっているがゆえに、その結果として相手の浮気という現実を引き寄せてしまい、「なんだ、私悪くないじゃん。悪いのは向こうだし」と、責める対象をすり替えるのです。
(セッションでは、そんな現実を引き寄せてしまうぐらいなら「じゃあ、その観念を取っちゃいましょう!」となります。)

このように、なぜその問題が現実化されたのかを探っていくと、大抵の場合、その主旨とは遠くかけ離れた予想のつかないところに土台があります。


ちなみにここで書きたかったのは、浮気する側の人に対する弁護でもなんでもありません。もちろん、浮気する人にもそれを現実化させる思考があり、ワークしつつ癒される必要があるでしょう。

ここで言いたいのは、浮気された側の人が、自分は裏切られた、という被害者意識を持ち続けたいか、それとも、すべては自分の思考が引き起こしたことだと理解した上でさて、これからどうしますか、という選択なのです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/144-8f7bc576

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。