ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年問題とは!?

「宇宙の果てはどうなっているの?」
「地球に終わりはあるの?」


小学生高学年ぐらいのとき、私はいつも夜になり布団に入るとこのようなことを考えては不安になり、眠れない日々を送っていました。とても哲学的な子どもでした(笑)。私がどうしてこのように宇宙の原理やアセンションに興味を持ち、探求するようになったのか、それは子どものころの究極の問いが自分の中にずっと生き続けていたからだと思います。

今私がこうやってブログにアセンション(2012年問題)について書くのは、私が探求して知り得たことを、ぜひ一人でも多くの人とシェアしたい、という思いがあるからです。
とはいえ、このトピックはあまりに奇想天外なので、信じたくない人は信じなくてもいいです。
ドラえもんやハリウッド映画のストーリーかなにかと思って読んでもらえたらいいと思います。

私が初めてこの「アセンション」という言葉に出会ったのが、去年秋、経営コンサルタントの神様、船井幸雄氏によって開催された、船井オープンワールドというイベントでした。医学、経済、科学、宗教、物理学、心理学、など各界の著名人たちがそれぞれの立場からアセンションを語る、というイベントで、入場者は約3000人、特に偏った性別や年齢層というわけではなく、意外にもサラリーマン風の人が多かったのは、経営のノウハウの名著を持つ船井さん関連のイベントだからでしょうか。

どの講演も常識、既成概念をぶっ壊すものばかりで、何も知らずに入場して怒り出す人がいないか、こちらが心配になるほどでした。
それでも、どの人のコメントも思慮深く、洞察力に富み、それぞれが身を置く分野の専門知識を持ち合わせ、何よりも地球と人類を慈しみ愛する思いが伝わってきました。実際「アセンション」が真実でなかったとしても、経済破綻や地球環境の崩壊、異常な自然現象という地球の大激変は実感できることなので、まずは「NO]と決め付けずに、一応すべてを受け入れてこの問題について考えてみたいと思いました。


さて、そこでそれぞれ独自の見解で語られたアセンションに関する事象をまとめると、

★アセンションとは、西暦2012年に、人類を含む地球上のすべての存在が、「神の国」あるいは「ミロクの国」と呼ばれる至福の世界に移行する、ということを表している。

★人間が住むこの物質世界は、いわゆる「3次元」の世界であり、その2つ上の「5次元の世界」へ移行されるといわれている。(次元については、2/11「次元」を参照してください)

★フォトン・ベルト(光子帯)と呼ばれる光子の集合体が、宇宙空間に巨大なドーナツの形で浮かんでいる。2012年12月22日に地球がフォトン・ベルトの中へ完全に入る計算になっているという。そのとき、太陽系全体がフォトン・ベルトに入ってしまうので、太陽自体がその影響を受けて活動を活発にし、地球生命系に多大な影響を与えるという説がある。もうすでにその影響を受け始めた地球上では、自然災害、また人体にもたらす影響として、原因不明の倦怠感、動機、めまい、傷み、物忘れ、味覚の変化、精神疾患などが2012年に向けて加速して起るという。

★2012年12月21日に、銀河の中心と太陽と地球が一直線に並ぶという壮大な事象が起こる。この前後、太陽からのフォトンや磁気エネルギーが、地球に何らかの影響を及ぼす可能性がある。

★中米のメキシコからホンジュラスにかけて栄えたさまざまな文明の一つ、マヤ文明は、天文学の知識が驚異的だったと言われている。望遠鏡のない時代に、現代科学と同じレベルで、地球の公転周期、太陽黒点の大周期も知っていた。そのマヤの暦は西暦2012年12月22日に、2万5800年に亘る一つの周期を閉じる。

★「日月神示」・・・日本に存在する預言書の一つで2012年問題が語られている。日本の神示の中でも、特に信頼され、高く評価されている。神典研究家であり、画家でもあった岡本天明を通じ、自動書記の形で表された。この神示はその中に「新しい御代(=ミロクの世)に行ける人間は3分の1しかない」というフレーズがたびたび出てくるのが特徴。

★新約聖書の終末論「この文明社会はやがて終わりを向かえ、その後に至福の千年王国が訪れる。・・・終末までには、この文明社会のカタストロフィー(破局)は裂けられず、戦争や天変地異などが勃発する」と予言されている。

★ネイティブ・アメリカンの部族、ホピ族による予言「地球は今物質への強欲のためにバランスを失っており、このままでは世界は終わる」

★T少年の予言・・・「大きな戦争は起きないみたいだが、ある意味ノアの大洪水みたいのが起きて 人類は1億人ぐらいになってしまう。(船井幸雄著『生きる』より)

★近年、チャネラーと呼ばれる、多次元に意識をアクセスできる人が異常なほど増えてきており、2012年に関するメッセージやアドバイスを次々とダウンロードしてきている。

★2極化・・・存在するいくつかの預言書によると、すべての人が無条件にアセンションすることは難しいとされている。心を浄化し、よりポジティブに、より高次元に生きようとする人と、進化を拒み、よりネガティブな方向へと移行する2極化がこれからどんどん進むといわれている。高い周波数の意識を持つことがアセンションの条件とされている。

続く。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://sissy711.blog65.fc2.com/tb.php/13-92110428

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。