FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

りんごとにんじん

…ニンジンなのに「りんごに生まれればよかった」みたいに感じている人は魅力的ではないんです。私が一番言いたいのは、ニンジンはニンジンのまま、りんごはりんごのまま、あなたはあなたのままで魅力的なんだよ、ということです。…

こんばんは。

今、うちに一時的に居候している甲陽音楽学院の時の教え子、ゆみこちゃん。

シンガーソングライターです。

身内褒めで恐縮ですが、とても素晴らしいアーティストです。

毎日家でライブ聴かせてもらってチョー癒されてます。

よかったらこちらから聴いてみてください↓

「みぞかわゆみこ」で検索すると聴けます。
http://www.myspace.com/music

アップしている「とうめい」も、「りんごとにんじん」も大好きな曲です。

「りんごとにんじん」の方は、私が昔書いたプリントの文章を読んで、そこから生まれた曲だそうです。嬉しいなあ。

「とうめい」は、沖縄の鳩間島に行ったときにインスピレーションを得て創った歌だそうです。

そのほかの曲にも素敵な歌がまだまだいっぱいあります~。

5月13日金曜日 「学芸大学」最寄の【アピア40】にて、19:20~、30分のライブがあります♪
楽しみ!

http://apia-net.com/schedule/2011/H11-05.html

イベント盛りだくさんの秋です

ご報告とお礼が遅くなってしまいましたが、先日のレクイエム・プロジェクトTOKYO 2010にはたくさんの方にお越しいただきまして、有難うございました。チケットも完売、神戸公演に引き続きお客様の評判も大変よく、このプロジェクトに参加できたことを本当に嬉しく誇らしく思います。

作曲家上田益さんを柱に、総勢約100名の出演者たちが、「いのちや平和の尊さ」を再認識するために思いを一つにして舞台を作り上げました。
参加者とお客様の気持ちがこれほど熱く、固く一つに結びつくコンサートは他になかなかないのではないでしょうか。
1月に神戸公演に出演した神戸チームの合唱メンバーたちも自らの意思で大勢東京にかけつけ参加されましたが、上田さんのハートフルなお人柄、ウエレク(上田・レクイエム)の音楽の素晴らしさあってのことだと思います。

今回の東京公演では、創作能舞とオーケストラと声楽のコラボレーションという本邦初演のとても貴重な作品にも参加することができました。この作品で私たち歌手はステージ上ではなくサイドテラスからの参加だったので、出演者ながらもしっかり舞台を鑑賞できてラッキーでした。

能舞とオーケストラのコラボは本当に素晴らしかったです。鼓の響きがなんともたまりませんでした。シテの舞う洗礼された静と動の動きにも心を奪われました。今までこういう日本伝統芸能の世界にあまり縁がなかったのがとてももったいなかったなあと思え、これから機会があればもっと鑑賞してみたいと思いました。

打ち上げでは、シテを演じられた山内崇生さんとお話する機会を持つことができました。舞台ではノーブルで端整なオーラを放つ方でしたが、とても気さくな方で、能の魅力についていろいろ語っていただき、こちらもいろいろ質問をして、私たちの世界とのギャップに驚いたり、共通点を見つけて喜んだり。。。遠くてあまり縁のない世界というイメージが払拭できてよかったです。


リアルに体験した阪神大震災からもう15年も経ってしまいましたが、私自身もいつのまにか防災意識が薄れてしまっていました。しかし私たちが忘れてしまったのは、防災意識だけではないかもしれません。あの苦しみや哀しみを経て、そこを乗り越えることによって知り得たいのちの尊さや、自然と調和することの大切さ、寝るところ、食べるところ、水やガス、電気に不自由のない暮らしの有難さ。。。そういうものを当たり前だと思ってしまう人間のエゴに気付かせるための警告としての災害と考えると、私たちの意識の持ち方次第で、これから発生するだろうといわれている大震災を回避することだってできるはずなのです。バシャールさんによれば『未来は、えらべる!』のですからね。
未来は、えらべる! バシャール 本田健

エゴ意識からエコ意識へ、少しでも多くの人がチャネルを合わせていけたらいいなあ、と考えさせられたレクイエムTOKYO 2010でした!





さて、人数と場所の関係でご案内はしていませんでしたが、昨日は12月、1月に行なう心理学ワークショップに先駆けて、非公開のミニ・ワークショップを開催しました。
自画自賛ですが、とてもいいワークショップになりました。というのも、やはり溝口あゆか先生に伝授していただいたオリジナルのコンセプトが素晴らしいんですよね。それゆえに、私も自信を持って参加者をナビゲートできましたし、参加者の方も信頼して心を開き、ここでの学びをご自身の人生に活かそうと思ってくださったようです。

以下、参加者の方に感想をいただき了解を得たので、一部ここに紹介させていただきます。

(・・前略)今まで持っていた自分の中の常識や思い込みがとれて、ふっと肩の力が抜けた感じがします。これから見る世界が変わって、新しい人や場所と出会うのが楽しみです。もっと早くこの話を聞いていたら良かったなと思いました。

本日のお講義、とてもよく分かり、心の分析ができたような気が致しました。今後、10年後か~年かわかりませんが、心の持ち方を上手に楽な気持ちの生活をしていきたいと思いました。(・・後略)

(・・・前略)一番印象に残った言葉は、“holy relationship”で、自身の欠けている点は、自分自身で埋めよう!ということです。相手本位の人生ではなく、自分自身で作っていこう!と思うことができました。レクチャーはとても分かりやすく、エクササイズもあったため、積極的に参加することができました。正しいか間違っているかでなく、素直に心を開いて考えてみると、意外な発見ができてとても楽しかったです。次回も楽しみにしています。



12月、1月のワークショップ、まだまだ参加者募集中です。

第1回目テーマ『抑圧と投影のしくみ』


東京 日時:2010年12月19日(日)
13:30~16:30
  会場:川崎市多摩市民会館 第2会議室

大阪 日時:2011年1月9日(日)
13:30~16:30
  会場:クレオ大阪西 会議室


EFT,フォーカシングのセルフ・セラピーのノウハウもご紹介したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

再度ご案内します♪

音楽の作用について調べていくと、大きく分けて2つのタイプがあるそうです。
一つは調律音楽、これは、グレゴリオ聖歌に代表されるような、魂に浸透し、魂を共鳴させ、魂を目覚めさせるような音楽のことを言います。

臨死体験をした多くの人の報告を読むと、魂の故郷である霊界において、たとえようもなく美しい音楽を聴くことがあるといいます。物質世界を越えた霊界で音楽が鳴っているのだから、つまり言うまでもなく音楽の本質は霊的なものであるということ。そして魂は、肉体を持たなくても音楽が聴けるということなのです。音楽は心さえも通り抜け、魂にまで浸透しているとピタゴラスも述べています。
ところで、私たちは寝ている間に魂の故郷、霊界に帰ってエネルギーチャージしてくるそうですが、そのときに生きている私たちでも霊界の完璧な音楽をちゃんと聴いているらしいのです。偉大な作曲家というのは、高い霊界の音楽をインスピレーションで聴きとり、それを地上にもたらした人物なんですって。
ただし、地上というのは波動の粗い不完全な世界なので、その完璧な美しさと偉大さとを持った霊界の音楽の、ほんの断片だけがもたらされたにすぎません。不完全な世界では、とうてい霊界の精妙さを伝えることなど無理な話。それはちょうど、息を飲むような美しい景色を肉眼で見たのと、モノクロ写真を見るくらいの差があるのかもしれません。
 とはいっても、たとえ不完全だったとしても、天上の崇高な音楽を反映した調律音楽を耳にすると、魂はそれに共鳴し、感動し、懐かしさを覚え、自分自身もまた、その音楽のように調和した存在であることに目覚めてくるのです。 (後略)



以前書いたブログの記事から引用してきたのですが、今度演奏するビクトリアの音楽をうたっていると、まさに調律音楽という言葉がぴったりな気がします。まだ科学が発達していないころ、人間の本能というか感性はもっともっと研ぎ澄まされていたはず。今以上に宇宙(神)と魂が一体化していたと思うのです。
大自然や宇宙からかけ離れた3次元どっぷりの現代社会において、普段の雑念から離れて、このようなピュアで高次元な音楽を奏でるのはなかなか大変なことではありますが、このような機会を与えられたことを喜び、できるだけ心を無にしてあと2週間練習に励もうと思っています。

なかなか聞けないプログラムだと思います。
ホールも、ヨーロッパの教会を思わせるような素晴らしい響きのところらしいので、ぜひ普段のごちゃごちゃを浄化し、心を調律しにいらしてください!!



2010年8月1日(日)
14:00開演
台東区生涯学習センター・ミレニアムホール
(日比谷線入谷駅8分、つくばエクスプレス浅草駅5分)
前売り:3000円、当日:3500円

闇と光のモチーフ~
ビクトリア「レクイエム」

今だからこそこの高いバイブレーションの音楽を

ビクトリアは対抗改革期のスペインで最も重要な作曲家であり、後期ルネサンス においては最もすぐれた宗教音楽の作曲家である。ビクトリアの作品は20世紀に復活を遂げ、近年たくさんの録音が制作されている。数多くの評者がビクトリア作品に、神秘的な烈しさと、直接に感情に訴えかけてくる特質を認めている。これらの特徴は、見方によっては、ビクトリアの偉大な同時代のイタリア人、パレストリーナの作品には見当たらない。パレストリーナ作品は、技術的には申し分ないが、情緒的には超然としているからである。
様式的に見るとビクトリア作品は、多くの同時代の作曲家と同様の凝った対位法は遠ざけて、単純な旋律線とホモフォニックなテクスチュアを好んでいるが、それでもなお多種多彩なリズムの変化や、時に驚くほどの明暗の対比を内に秘めている。(中略)ビクトリアの最も美しく、かつ最も洗練された作品の一つが、かの偉大な「死者のためのミサ曲である。この作品は、1586年以来ビクトリアの主人であった皇太后マリアの葬礼のために作曲された。(トマス・ルイス・デ・ビクトリア: ウィキペディアより)


思えば、ここ最近のわたしの出演するコンサートのテーマ、ずっと「祈り」です。
ビクトリア作品は初体験なのですが、人間の声ってこんなに美しくハーモニーを作れるんだ・・・、とリハーサルのたびに歌いながらその息を呑むような美しさ、神々しさにノックアウトされてます。

根強いファンがけっこういるというのも納得。。
今回参加させていただくこの声楽アンサンブルのグループ名も、この作曲家の名前からきています。

ぜひご来聴いただき、右脳で「高いバイブレーション」を聴いてみてください。
魂で「光と影を」感じてください。
ご一緒に、ビクトリアの祈りの情熱に身を任せてみませんか。

2010年8月1日(日)
14:00開演
台東区生涯学習センター・ミレニアムホール
(日比谷線入谷駅8分、つくばエクスプレス浅草駅5分)
前売り:3000円、当日:3500円

闇と光のモチーフ~
ビクトリア「レクイエム」


出演:アンサンブル・ビクトリア
Sop. 小家雪子、宍倉朋子、室橋明美、本宮廉子
Alt. 今井典子、小家一彦(Director)
Ten. 坂口寿一、鈴木雄三
Bas. 大内良太郎、次田友暁

募集ご案内

その1 レクイエム・プロジェクト TOKYO 2010~いのちを見つめて~ 合唱団員募集!
■日時: 2010年11月7日(日) 午後4時開演予定(午後3時30分開場予定)
■会場: 浜離宮朝日ホール
■入場料: 5,000円
■出演: 上田益(作曲・指揮)、山内崇生(宝生流能楽師)、長岡京室内アンサンブル、本宮廉子(ソプラノ)、宍倉朋子(ソプラノ)、横町あゆみ(アルト)、坂口寿一(テノール)、熊谷隆彦(バス)、新見準平(バス)、レクイエム・プロジェクトTOKYO合唱団、いのりのとき合唱団 ほか
■概要: 上田益:レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~東京初演のほか、辰巳満次(宝生流能楽師)作・監修、上田益:企画・原案・音楽 により、伝統的な技法を用いながら、和と洋との融合による「鎮魂」「いのり」「いのち」をテーマにした創作能舞の初演など行います。 ※詳細はコチラから (随時更新していきます)
■募集 1: ●レクイエムの東京初演にあたり、合唱団メンバーの募集します。
詳細はこちら↓

レクイエム・プロジェクト TOKYO 2010




その2 ボイストレーニングワークショップ~声による心と体のチューニング♪ 参加者募集

日時:3月13日土曜日 13時~16時
場所:荻窪駅徒歩30秒 スタジオグランドブルー
講師 宍倉朋子
受講費;¥4000

自分の中に「最高の楽器」が備わっていることを再確認し、その感動をご一緒に味わいましょう。
※参加者のレベル、年齢、性別は問いません。
興味のある方はこちらまで↓
t_shishikura711@yahoo.co.jp



«  | ホーム |  »

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア