FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

反抗的な子どもが教えてくれること

学校の新学期が始まって早2週間。
今年も去年に引き続き、高校の音楽非常勤講師を勤めます。

癒しと気づきのプロセスを進めてきて、最近大きく変わったと思うことがあります。

たいていクラスに1、2人は、先生に怒られるようなことばかりをする反抗的な生徒、扱いにくい生徒がいます。(学校にもよると思いますが、私が今までに教えていた学校ではそうでした。。)
教師が「どうか自分の担当するクラスにはいませんように・・」と切実に願うタイプの子です。

そういうタイプの子たちに接する自分の態度や言動が変わり、結果として彼らの言動や態度が劇的に変わりました。
いわゆる問題児というレッテルを貼られるタイプの子たちの心を開くことが得意だと言い切れるぐらいになりました。

昔はそんなこと決してなく、毎年一人や二人の生徒に対して「あの子は反抗的で苦手だな~」と思っていたものです。これはもう、本当に奇跡的な変化だと思います。

どうしてそうなったかというと、裁きの心を起動させるのをやめて、コントロールを一切手放すことができるようになったからです。

前にもちらっと書いたことがあったと思いますが、そういうタイプの子たちはたいてい罪悪感と劣等感で心がズタボロになっています。
本当は愛されたいのに、どうやったら愛を受け取れるのかを知りません。

小さいとき、何かの勘違いで「大人は私が何か問題を起こしたら、注目してくれる」という自分なりの法則を無意識に作ってしまいました。

そして問題ばかり起こすようになるのです。

大人は「○○さんは本当に手を焼く」、「あいつは困ったものだ」と特別視するので、ある意味その子の目的は無意識レベルで達成しています。

でも、ありのままの自分を受け入れてくれる真の愛に触れているわけではないので、心の傷はズタボロのままです。

そして、その傷を防御するための彼らのパターンが、困った行動や言動をエスカレートさせることなのです。
そういうタイプの子に出会ったとき、私はまずその子の無意識の法則を崩壊させることからスタートします。

◎「扱いにくい子」として特別視をしない。

校則に違反しているようなこと、例えば教室(音楽室)に食べ物を持ってきて目の前に置いていたとする。
その子は裁かれるとわかっていてそれをします。
たぶん、何十回何百回とそういうことをして、何度も繰り返し怒られているはずです。

そこで普通は注意をして言うことを聞かせるのでしょうけど、たとえ怒ることでその場をコントロールできたとしても、彼らの「自分が問題を起こせば注意を向けてもらえる」というパターンを終わらせることはまず無理です。

だからといって無視することで教室を無法状態にするつもりはないんです。

私が使う手で成功するのは、教室に食べ物を持ってきてはダメなんだよ~というルールを、まるで初めてそれをその子が知るかのように教えてあげるという手です。

さっきも書いたとおり、彼らはそんなこと百も承知でやっているわけです。
でもそこで(そんなことぐらいほんとは知ってるでしょ?)というニュアンスを含ませてしまったらアウト。
知らなかったからそうしちゃっただけだよね?という顔をして、教えてあげます。

今までそれを何度もやってきたのですが、ほぼ全員が「あ、そうなんや~」と簡単に素直に聞き入れてくれて、二度と繰り返すことはありませんでした。(しかも面白いぐらい、「初めて知った・・・」という顔をしてくれます。それはもう、アカデミー賞ものです笑)。

あとは、「そんな美味しそうなものが見えたら気が散るから、見えないところにしまって~!」とお願いしたり・・・。
これも何の抵抗もなく受け入れてくれます。
アイメッセージは愛・メッセージ

とにかく、「悪いことをしたら、注意をされる」「先生が生徒より絶対正しくて上の立場」というパターンをこちらから崩してしまいます。



◎たくさんほめる
大人になってしまうと、たくさんの基準によって自己価値を決めつけ、自分のキャパも勝手に決めてしまっているので、他人から褒められても「そんなことない」と、素直に受け取ることが難しくなります。

しかし高校生ぐらいだと、まだ心に柔軟性があり、自分の潜在的可能性に対して計り知れないという感覚が強いため、他人に褒められることで自己イメージが上がりやすいのです。
だから、褒めることに本気でエネルギーを注ぐと、彼らは驚くほど変化していきます。
特に反抗的な子は褒められ慣れていないこともあってもともと自己イメージも低いので、ちょっと褒めただけでニコ~と嬉しそうな顔をして、やる気全開になります。


裁きの心を起動させなくても、相手の行動を変えることは可能なのですね。

可能どころか、実際は裁かない方が結果としてこちらの思い通りになったりするのですが、それを知って実行している人は少ないような気がします。

「甘やかすと生徒は図に乗る」という信念を持って、生徒とパワーストラグルを繰り広げている先生はめちゃくちゃ多いです。
そして生徒をコントロールしようとしますが、たとえ彼らの行動をコントロールできても、内側の抵抗を取り除けなければ、結局彼らの心とつながらず自分自身の心の平安さえも失ってしまうということになかなか気づけないものです。

こちらがコントロール欲を手放して向き合えば、彼らはありえないぐらい素直で友好的な面を表に出してきます。
図に乗るどころか、コントロールしようとしていた時からは考えられないぐらいリスペクトしてもらえます。
たぶん、いつも注意している先生たちは、彼らにそんな一面があるとは夢にも思わないかもしれません。


ちなみに「コントロールを手放す」、「ありのままの相手を認める」というのは、明日から「さあ試してみよう!」といってできるようなものではないです。。。
テクニックでやったとしても、どこかでその結果(こちらの思い通りにしたい)を望んでいるため、本当の意味でコントロールを手放しているわけではないことになります。

講師を始めたばかりのころは、ノウハウでやろうとしていましたが、自分の内面に裁きの心がないわけではなかったので、やはりどこか無理がありました。

数年掛かりで固定観念を外して自己愛を高めることを最優先してきたからこそ、それがだんだん自然にできるようになってきたなーと思います。


私たち大人が良い子という場合、親にとって都合のいい子、先生の言うことをよく聞く子のことを指す傾向にありますが、今カウンセリングやセラピーで相談される人の多くが、自分の言いたいこともいえず、他人の言うなりにばかりなって依存傾向にあり、欲求不満を心に溜め込んでいっぱいいっぱいになった、もと良い子ちゃんたちです。

だから、最近は自分の本音をちゃんと言える自己主張の強い子より、異常に聞き分けのいいおりこうちゃんほど、「大丈夫かな」なんて心配してしまいます。


今までの教育は、「隷属する人間」を育成するための教育でした。この教育が大成功したことは、決められた時間に家を出て、満員電車に揺られ、決められた時間にご飯を食べ、疲れても休憩もとらず、朝から晩まで馬のように働き、稼いだお金をストレス解消につぎ込む人生に疑問を抱かない人が圧倒的に多いこの社会を見れば一目瞭然です。

最近はそこに「何か違う」という気づきがあって、隷属ではなく、より自由な人生を選ぶ人も確かに増えてはきていますが、まだまだ少数派ではないかと思います。

抑圧と投影のしくみからすると、もし目の前に手を焼く子、わがままな子、和を乱す子、自由奔放な子が現れたとしたら、それは「もう隷属するのは懲り懲りだ!!!!」と叫んでいるあなたの潜在意識の現れかもしれません。
(私も、元良い子ちゃんの一人だったためか、そういうタイプの子との関わりが多かったです)。

だとしたら、対処すべきは目の前のその子ではなく、自分の内側の「隷属したくない。本音で自分らしく生きたい」という声なのかもしれませんよ。

「~べき」を手放す




~お知らせ~


◎4/18(水)14:00~16:30
明日は、グループ瞑想とケイティワークの練習会です。
まだお席ございますので、お気軽にご連絡ください!
t_shishikura711@yahoo.co.jp


【こころとからだを元気にするための心理学講座】
※4月の開講日、追加決定です。

◎日時:4月21日(日) 10:30~16:00

テーマ:「セルフラブから変化を起こそう」
セルフラブ(自己愛)の不足は、人間関係の問題、金銭問題、健康、仕事上の苦難などなど、多くの問題の根本です。
この講座では、あなたがあなたをどう見ているか、を徹底的に洗い流し、セルフラブを高める効果的な方法をご紹介したいと思います。

場所:ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】(大阪市此花区)
時間:10:30~16:00
受講費:7000円 
定員:5名
※昼食は各自ご用意ください。

【GWイベント!シンギングボウル倍音浴トリートメント】
詳細はこちら!


【5月東京個 人セッションの日程】

5月中旬に上京が決まりましたので、お知らせいたします。

個人セッション、ボイトレご参加ご希望の方は、日にちとご希望のお時間をご記入の上、ご返信くださいませ。
予約が重複する場合がありますので、第2希望までご記入くだされば幸いです。

また、今回から大変心苦しいのですが、ハートトークセラピー個人セッションの時間を90分から60分に変更させていただきます。(初回の方のみ90分)

今後とも、セッションの内容の向上には精一杯努めてまいります。
何卒ご了承くださいませ。

日時:5月21日(火)午前、午後早め、午後遅め
   5月22日(水)午前、午後早め、午後遅め
   5月23日(木)午前、午後早め、午後遅め
   5月24日(金)午前
   
※時間はご相談の上、決めさせていただきます。
場所:世田谷
料金:個人セッション:60分 8000円
   ボイストレーニング、声楽レッスン:60分 8000円

●オプション:音叉チューナーによるDNAリペアチューニング、エンジェルチューニング、陰陽バランスのチューニング
約20分 3000円

ご予約&お問い合わせはこちらまで



サドベリースクール

夢とか目標とか、そういうものとちょっと違うような気がするけれど、
最近なんとなくヴィジョンとしてあるのが、新しい時代のニーズにあった教育システムの機関の運営などに携わりたいということ。


前に阿部敏郎さんと雲黒斉さんのコラボトークライブで、お二人が教育について語っておられたのを紹介したことがあると思いますが、阿部さんがおっしゃっていたように、教育システムの抜本的見直しはこれからどんどん加速されていくのではないかと思っています。

ゆとり教育が見直されて脱ゆとり教育になって・・・とか、そういう表面的な次元ではなく、もっともっと根深いところからの見直し。

今の教育システム、抜本的には明治以降変わってないらしいですからね。
http://sissy711.blog65.fc2.com/blog-entry-299.html

去年まで私は通信制のある高校に教えに行ってたのですが、最近の少子化にも関わらず、通信制高校への進学を希望する生徒は年々増え続けているんですって。
通信制高校の数も過去10年で2倍に増えているとか。

通信制の特徴は、独自のライフスタイルに合わせられること、集団生活を強いられないことなどあります。
不登校を経て移ってくる子どもたちもいっぱいいます。

これは、今の子どもたちが既存の教育システムに合わせられないのではなく(大人はそう解釈したいと思いますが)、子どもたちの方が時代の流れの先を行っているだけなんじゃないかと思うのです。


ところで、お金のワークで有名な本田健さんが、娘さんを通わせたいがためにわざわざボストン移住を決めたほど惚れこんだサドベリースクールという1968年にボストン郊外に設立された学校があるのですが、ここの教育理念がまあとても斬新で魅力的なのです。

ウィキペディアに載っていた情報を紹介すると・・・

◎生徒はルールの範囲内で自由に行動できる。
◎そのルールを学校参加者自身(主に生徒とスタッフ)により決定していく。
◎子どもたちを「クラス」に分け、「クラス」単位で行動するように強制することはしない。
◎「子どもは生きていく上で必要のあることは自分で学んでいくことができる」、という信念に基づいた教育モデルがある。

その他、点数がつかない、カリキュラムが決まっていないなど、私たちの受けてきた教育とはあまりにも違いすぎるので、相当オープンマインドでなければ受け入れられないと思うところもありますが、こういう制限のない教育の元に育った子どもたちはどんな大人になるのだろう、とすごーく興味をそそられます。

本田健さん、娘さんを3年間通わせたサドベリースクールをとうとう東京に作っちゃったそうで、2009年から開講しているみたいです。
健さんの熱意、すごいなあ~。

まだまだ発展途上ですが、これからこういう子どもたちの未来を考えて作った新しい教育の場がどんどん増えていく予感がします。

つい先日、天外伺朗さんと本田健さんの新しい教育についてのコラボ講演会が東京であったようですが、行きたかった・・・。
http://ikiru-chikara.jp/index.html#meaning

大阪で開催があったらぜひ行きたい!!

過去にあった健さんの講演内容が紹介されたブログ
http://ekokko.exblog.jp/11160094/

新しい時代の教育について

先日、阿部敏郎さんと雲黒斉さんのコラボライブに行ってきました。

お二人のお話は、いつ聞いてもその深い内容に感動します。
お二方ともユーモアのセンスが抜群で、会場が常に笑いの渦にありました。
カリスマ性があるのだけれど、それに驕ることがなくて、とーっても謙虚で、その辺にいる普通のおじさんとお兄さん(同じ歳だけど)という印象なのが、また好感が持てるんですよね。


さて、ライブの時に参加者の中から、「現在の教育についてお二人の話を聞かせてほしい」という質問がありました。

学校の教員をされている方のご質問で、お二人の著書などを読まれて、本当にそのとおりだなあと思っている。「今、ここ」しかないのだから、今を完璧だと思って生きることの大切さ、ありのままの自分を受け入れることの大切さに共感している、でも、実際の教育現場では、全く正反対の価値感、常に未来志向、今を否定して、未来の幸せのために生きている、という価値感が根付いており、その矛盾に日々葛藤している、とのことでした。

先日こちらでも小学校の先生から同じようなコメントをいただきましたね。
自分も教育に携わる一人だということもあり、私もこのテーマには大いに関心があります。

阿部さんの回答は、
「将来の幸せために今を生きている、この問題は教育だけではなく、大人の世界にも当てはまる問題だと思います。
教育についてということでお話しすると、本来の教育は、まずは『自分自身が自分自身でいいんだ』というのを前提としした上で行われるものであるはずなのに、実際は『今のままのキミではだめなんだよ』ということを前提とした上で教育が進められていますね。これが人間の最大の問題である、自己不信、自己欠乏感を植え付ける原因となっていると思います。
ですから、こういう問題に気づかれた先生や大人たちが、『今のキミのままでいいんだよ』というメッセージで安心させてあげる、そういう機会を十分に持っていただけたらそれが子どもたちの救いにつながると思います。

教育システムということでいえば、今の教育のシステムというのは、抜本的には明治以降変わっていません。
これは富国強兵策の一貫で、我々日本人は資源を持っていませんから、資源を海外から輸入してそれを製品化して輸出するということをしている、そこで必要になってくるのが、機能的に大量生産していく上で必要な人材を育成していくこと、それが教育の根幹にあると思います。
今、教育を見直そう、変えようということをやっているのだけれども、結局その根幹が土台にあるものだから、ゆとり教育とか、自由学習をしようとかどんなに表面を変えたところで、やはりそれは宙に浮いたものになってしまうと思います。

世の中のチェンジとともに必要な人材というのも変わってくる、それに伴って教育システムの抜本的な見直しというものも加速されていくのではないか、という風に僕は思っています。」

というものでした。

それに続く黒斉さんの回答です。
「僕は学校が嫌いでした。とても反抗的な生徒でした。勉強が好きじゃないとか、誰それ先生が嫌いとかそういうことではなく、そのシステム自体が受け入れられなかったんです。なぜなんだろうと振り返ってみると、『あーしなさい、こーしなさい』と未来志向で話す大人たちが、全然幸せそう見えなかったんですね。本当に大人たちが幸せそうに、生き生きとしていて、あーなれるんだ、という将来像が確固たるものに見えていたら、あそこまで反抗してなかったように思います。『あーしなさい、こーしなさい、そうしないと幸せになれないよ』と言ってる張本人が幸せそうじゃないんですよ。だから聞く耳が持てなかったのかなと思います。
だから、僕も一人の父親として心がけているのですが、子どもに幸せそうな姿を見せることが一番の教育なのではないかな、と思います。」


大人が素敵だったら、生き生きと幸せそうだったら、「僕も、私も早く大人になりたいな」って自然に思えるようになりますよね。
お二人のメッセージ、とても愛があって素晴らしくて感動しました。

確かに、私も自分を否定している部分が多かった時に比べると、自分肯定感が増えれば増えるほど、生徒たちに自分の発信するメッセージがスーッと浸透していくのを感じるようになりましたね。

大人たちが自分の幸せな後ろ姿を見せるだけでいい、本当にその通りだと思います。

今、時代がどんどん新しくなっていって、もしかすると子どもたちの方が先にそういうことに敏感に気づいて先に進もうとしているのかもしれないですね。
私たち大人は古いものにしがみついているけど。
不登校とか、そういう話を聞くたびに、異常なのは学校に行けない子どもなのではなく、それをおかしいと思う大人たちの方かもしれないなと、最近すごく思います。

それと、今の生徒たちの何かをするときのモチベーションが点数を獲得するためというのも気になりますね。

合唱のパートリーダーなどを決める時、立候補を求めると、「先生、それやったら成績加算されますか?」と真顔で聞いてきます。

何をするにも、「それをやったら点数あげてくれる?」って。

それを聞くたびにショックを受けます。

先生たちが何かをさせるときに、「点数欲しければこれをしなさい」と言うんですね。
目の前にニンジンぶら下げて、ニンジン食べたければ頑張れ頑張れって。
自分たちもそういう教育をされてきているから、そこに疑問を感じなかったりというのもあるかもしれません。

ある時代まではそれで機能していたのかもしれない。
でも、そろそろそこに疑問を感じてもいい頃では?って思います。


阿部さんが冗談で「ぼくの本を教科書にするとかね(笑)」っておっしゃってましたけど、本当にそうなれば絶対子どもたちは幸せになれる!!!!!!







«  | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア