FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

他人を通じて自分を知る方法⑥

今回は、「過去の映像を映し出す鏡」の現象についてです。


たとえば、あなたが子どもの頃とても怖い先生に怒られたとする。
大人になって仕事についたとき、ある上司の自分への接し方に異常なほど恐れが出てくる。

あなたがその上司に映し出しているのは、過去のその怖い先生の面影。きっとエネルギーが似てるのですね。

とっくの昔に忘れ去ったはずなのに、その当時の「怖かった」という感情の抑圧が揺さぶられるのです。

これが俗にいうトラウマといわれるものです。


恋愛でも相手は普通のことをしているのに、「あれ、もしかして相手は私と別れたがってるんじゃないだろうか」と見えてしまったり。


私の例でいうと、かつて好きだった人の話ですが、彼(というか彼のペインボディ)はパーソナルスペース(他人に近づかれると不快に感じる空間のこと:人によって広さが違う)が広くて、もっと近づきたいのに近寄れないというジレンマを長く味わいました。

また、こちらから軽いボディタッチをした時も、まるで警報機が発動するようなその拒否反応に出会うたびに、頭では「相手の問題」とわかっていても、「拒絶された」ように感じて随分ショックを受けていました。

今の彼氏と付き合うようになってから、私は相手と無意識にかなり身体的な距離を作って接していました。また自分から積極的にスキンシップを取ることもありませんでした。

それを指摘されたとき、彼に以前の「拒絶された」と思ったショックだった時の映像を貼り付けていたことに気づいたのです。

つまり昔の映像を張り付けて、目の前の生身の相手が全く見えてないわけです。

戦っているのは過去の幻影。それを目の前の相手に映して一人芝居しているのです。
この「過去の映像つき鏡」の現象は、気づいただけでは終わらないかもしれません。

私の場合、過去のショックがまだ癒えてなかったので、もっと近づきたい、この人は拒絶しないのだ、とわかっていても恐れが出てきて自分から近づくことができないのです。

まずはその拒否反応にあった当時の感情を解放する必要がありました。

ちなみにこの「拒絶される」というストーリー、小学生の頃や過去世まで遡って癒す必要がありました。。

感情が癒えると、その「映像つき鏡」現象もスーッと消えるので、今は自分からくっつきにいくのもまったく平気になりましたよ(笑)。

「映像つき鏡」を癒すのに、やはりマトリックス・リインプリンティングは抜群の効果を発揮すると思います。超オススメです。


ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】のHPはこちら
スマホの方は、こちら

他人を通じて自分を知る方法⑤

今回は、鏡に反転して映るという現象について書きます。

たとえばパートナーシップにおいて、相手の中で陽と出ているものは、自分の中で陰と出て、自分の中で陽と出るものは相手の中で陰と出る。

自分が外で広く浅く付き合うタイプだと、相手は狭く深く付き合うタイプだったり。

自分が「ま、なんとかなるさ」と無計画なところは、相手は「うーん、そうかな。あれがこうなってああなって」と慎重だったり。

自分がドライな部分は、相手はウェットだったり。

自分が悲しみを感じる出来事に、相手は憤りを感じたり。

自分がパパッとお金を使っていくタイプだと、相手は出し惜しみするタイプだったり。

自分はあれもこれもと幅広く手を出すタイプだと、相手は一つ道を決めたらそれ一筋。

自分は常に動いていたら、相手は常にじっとしている。

そういう真逆な部分、違う部分を認め合うことができたら一番良いのだけれど、
相手のその真逆な部分が気になったり不快に感じたり、変わってほしいと思う時というのは、自分の中でその部分の陰陽のバランスが取れていないっていうサインなのです(または抑圧を見つけるチャンス)。

自分の中で陰陽のバランスを取るというのは、相手のように振舞って自分を無理に変えることではなく、相手の中に見るその真逆な部分が自分の中にもあることを認め、そこに愛を向けてみるということ。まず内側が変化することで、自然と振舞いが変わっていく。

そうすると、徐々に相手の気になっていた真逆な部分が自分寄りになっていくのです。

自分の中で陰陽の調和が取れると、相手の中の調和まで取れてしまうのですね。


その他の【人間関係でとる陰陽のバランス】の例をあげてみます。

○一方が依存しすぎると、もう一方は相手から離れて自分の中に篭りたがる。

○一方は与えすぎ、もう一方は受け取りすぎる。

○一方がウツ気味の場合、もう一方は活動しすぎってことも。

○一方が怒りっぽい時、もう一方は怒りを抑圧しているかも。

○一方が性欲を抑圧すれば、もう一方は性的に過剰に反応する。

○一方が犠牲的で我慢ばかりしていると、もう一方は、図々しく厚かましくなる。

○一方が清潔さにこだわりすぎると、もう一方はそこに無頓着になる。

ザッとこんな感じでしょうか。

自分の中の陰陽のバランスが取れてくると、人間関係だけではなく、仕事面や健康面など他のところでもそれが良い形となって顕れます。

そういう意味で、鏡になってくれる相手はありがたい存在なのです。

他人を通して自分を知る方法④

さて、前回は相手に対する批判がそのまま自分に当てはまってしまう例を見てきました。
今日はもう少し違うバージョンも見ていきたいと思います。

相手にされたことを、直接自分も相手に同じようにしているのではなく、別の関係でやっている場合があります。

例えば相手に冷たい仕打ちをされて傷ついたとしましょう。
私はそんなことをその相手にはしていない、という手ひどい仕打ちです。

その場合、あなたは別の誰かにそのようなことをしている場合があります。

たとえば好きな人の態度が自分にとってものすごく思わせぶりなものだとします。
思わせぶりな態度をとっておいて、いざこちらからコミットした関係を求めるとバシャっとシャッターを下ろされます。
そんな相手の態度について、なんてひどい!と怒りが湧いてきます。

でも、これも鏡現象の一つとして見ていくと、自分も昔別の人に同じような態度をしたことがあることを思い出します。

自分ではそれをその時悪いことだとは思わず自分を擁護しながら、知らないうちにその人を傷つけていたということを、その今の相手に見せてもらう必要があるのです。

それに気づくと、「許せない!」と思っている自分の気持ちがスッキリします。そうすると、その相手の思わせぶりだと思っていた態度も自然と解消することもあります。

他にわかりやすい例としてよくあるのが、自分の親に対してあなたが「口うるさいのが嫌だ」「いつまでも子ども扱い」などといった感情的批判をもっていたとして、その一方で、自分の子どもに対して口うるさくしていたり、必要以上に子ども扱いしたりして知らずに罪悪感を感じているというケース。

いずれのケースも、あなたが無意識に誰かにやっていることに非寛容であると、他人に対しても「許せない気持ち」になるということです。

この鏡現象のポイントは、相手に向けていた刃を自分に向けなおすことではなく、自分の中にある認識していなかった非寛容な部分に目を向けて、ありのまま受け入れる、ということ=「赦し」に至ること。赦しに至ると、誰かに対して感情的批判をするということもなくなっていき、また自分が知らず知らずのうちに同じことを誰かに対して行うことからも解放される場合もあります。


ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】のHPはこちら
スマホの方は、こちら

他人を通じて自分を知る方法③

前回も書いたように、恋愛・パートナーシップの場面では、特に多く鏡現象が現れるものです。

かつてお釈迦様はこうおっしゃいました、
「今のあなたの周りにいる人は、今のあなたにふさわしい(良くも悪くも)。」

というわけで、今のあなたのお相手は、今のあなた(の潜在意識)をばっちりと映す鏡だということは否定しようのない事実なのです!

さて、いざ相手が鏡だということがわかったとして、あなたのどういう部分を相手の言動が見せてくれているのか、それを見極めるのが大変重要で、かつとっても難しいところでもあります。

あの人はこういう人でこんな人だから、私もそうなのね!という単純な見せ方もありますが、そう単純でもない、もっと込み入った映り方をする場合も多々あるのです(それは次回に書きます)。

今回は、恋愛・パートナーシップにおける鏡現象の見方を説明していきたいと思います。

カウンセリングセッションでは、当然恋愛・パートナーシップの問題がよくテーマに持ち込まれます。相手との関係がいまひとつうまくいっていかず、悲しみ傷つく彼女たち(ほぼ女性)は、相手の行動や態度をあれこれと説明し、分析し、批判します。

「あの人は全然私の気持ちを理解してくれない」

「自分勝手だ」

「自分をさらけ出してくれない、何考えているのかわからない」

「デリカシーがない、思いやりがない」

「誠実じゃない」

「関係をよくしていくための努力が足りない、真剣に向き合ってくれない」

「感謝してくれない」

「コミットメントが見られない」

などなど・・・

こういう不満を聞きながら、私が一番言いたいのは(言わないけれど)、
「それって全部自分のことなんですよね?」の一言なのです。

「相手は自分の鏡」という現象を知っている者からすれば、あなたが相手のことを一生懸命説明してくれているようで、実はあなた自身のこと(本当のあなた、気づいていない自分)を教えてもらっているにすぎないのです。

単純な映り方のケースです。


「全然私の気持ちを理解してくれない」
そう言っているあなたは、相手の気持ちを本当に理解しているのでしょうか?
もし理解しているのなら、なぜ相手がそういう言動をするのか、態度を取るのかも理解しているはずです。

あるいは、あなたの気持ちが相手に理解できるように伝えられているのでしょうか??伝えていないのに、「心を読め」と無理な期待をしていないでしょうか・・・?

「自分勝手だ」
相手の都合を無視して、あなたの思い通りに動いてもらおう、というあなたの方が「自分勝手」ではないでしょうか。もしくは、「してはいけない」から自分の思い通りに行動できない抑圧、を投影していませんか?


「自分をさらけ出してくれない、何を考えているのかわからない」

こういう場合も、ほとんどが「あなたが自分をさらけ出していない」のです。
「いや、でも私は何でも思ったことを言っている」という場合は、大抵オープンになっていないのは「相手に対して」ではなく、「自分に対して」だったりします。
つまり、自分の中の隠れた気持ち=本性を見たくないのです。

「デリカシーがない」
デリカシーとは、感情、心配りの繊細さのことをいいます。
本当にあなたの中にデリカシーがあれば、相手の言動や態度の裏にある感情や気持ちに繊細に心を配れるはずです。

「誠実じゃない」
あなたの行動や態度は誠実かもしれないけれど、考えていることは相手にとって誠実とはいえないかもしれません。

「関係をよくしていくための努力が足りない、真剣に向き合ってくれない」
そもそもあなたは真剣に相手と向き合っているのでしょうか?関係をよくしていくためというのは、あなたの思い通りの関係のことを指しているのではないでしょうか?あなたの都合や思い通りの関係のために、相手に努力する理由や責任はそもそもあるのでしょうか?


「感謝してくれない」
感謝が足りないのは、間違いなくあなたの方です。

「コミットメントがみられない」
同じく、あなたのコミットメントの欠如が問題です。


このようにあなたの感情を刺激する相手の言動や態度が、あなたの鏡として現れているのだと認めるのは、かなり難しいことだと思います。

コツは、「自分を擁護したり防衛したりする姿勢を一切放棄する」ことだけ。
それができないうちは、自分自身を知ることもできないし、ということは相手を知ることもできない、そこで相手とよりよい関係を築くことを期待するのは難しいでしょう。

こういう相手に対する不満の数々を見ていくとわかるのは、結局思い(期待)通りにならない不満というところに行き着きます。

あなたの「思い通り」と相手の「思い通り」は、そもそも最初から違うものです。

それがわかれば、「なーんだ」と不満が簡単に消えてしまうこともあります。

じゃあ相手に何も言えず、泣き寝入りするか我慢するしかないのか、というとそういうわけではないのです。

素直に自分の感情を表すことと、感情的になることはまったく別のことです。

上記のことが分ったうえで自分の感情を素直にシェアすることができたら、相手もエゴの防御を働かせずに「じゃあどうしようか」ともっと建設的にあなたの感情と向き合おうとしてくれるものです。

誰かのことで感情的批判が自分の中に出てきたとき、「相手は何を考えてるのか」、「どうしてそんなことを言ったり行ったりするのか」など、相手のことはひとまず脇に置いておき、自分のことだけを見つめてみてください。

相手に見ていたものが自分のものだとわかると、それだけで楽になることもあります。

逆に「ああ、自分ってこんな人間だったのか」と愕然としてショックを受けることもあります。でも、このショックはたくさん味わって、どんどん乗り越えてほしい種類のショックです。

理由は今までにも述べてきたように、自分の中の光が当たっていなかったところに光を当てていくほど自分自身について多くを学べるからです。

あなたを不自由にさせていたもう役に立たない感情や思いを解放するチャンスです。

学ぶと鏡現象は終わります。それはもう誰かがあなたにそれを見せる必要がなくなるのです。

このテーマ、もっと続きます。


ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】のHPはこちら
スマホの方は、こちら

他人を通して自分を知る方法②

今回は、他人が自己の知られざる一面を映す鏡となる具体的な現象を挙げていきたいと思います。

多くの場合、相手の中に「自分の抑圧※」を見て、それで感情が刺激されるということが起こります。

あの人のこういうところが嫌、どうしてあんなことができるんだろう、あそこさえ直ってくれたらいいのに、信じられない・・・と相手の言動、態度、パターンにストレスになるほど反応してしまうとき、相手の中にみる嫌な部分、すなわちあなたの感情をもっとも刺激する部分は、実はあなたも持っているけれど持ってないことにしておきたい部分、気づかないか見て見ぬふりをしている部分、受け入れたくない部分=すなわち「抑圧している」、というのがまず挙げられます。

例えば誰かが自分の優秀さや恵まれた環境やらを自慢していたとして、それに対してストレスを感じたとします。
実際にはただ自分のことを相手は話しているだけなのに、あなたがそれを「自慢」だと解釈しているだけなのですが。

この場合は、相手の話す内容があなたの抑圧された劣等感を刺激するものであるか、あるいは、「私だってそこそこ優秀だし恵まれているところもあるけれど、あんなふうに自慢げに話したりしない」という気持ち―これも結局のところ隠れた劣等感があったりするのですが―であなたが過剰に反応しているということが考えられます。

もしあなたが劣等感を抑圧していなければ、相手の話を聞いても単に、「いいなあ、うらやましいなあ」と思うか、よかったね、と祝福の気持ちが出てくるだけで、イライラせずに済むはずなのです。

劣等感とは別のケースを説明します。
誰かが平気で偽善やら自慢やらいじわるやら不正やら厚かましいことやらルール違反やら、いわゆる「倫理的によくないこと」をうまくやっているのを見て、もしそれで「許せない!」、「正さなければ」と過剰に感情反応している場合、このケースであなたが映しているものは、「本当は自分もそういうことをしたい(けどできない)」あるいは、「自分の中にもそういう“よくない”部分があるけれど、認めたくない」という抑圧・否定です。

繰り返しますが、もしあなたの中に抑圧がなければ、そういうケースを見ても軽蔑したり、距離を置こうとしたり、かわいそうだと思ったりすることはあっても、そこまでストレスを感じることはありません。
「感情反応」、これがカギです。

倫理観というのには二通りあり、一つは、例えば世の中で「悪い」とされていること(自慢・怠惰・偽善・嘘・不正・迷惑行為・きちんとしていない、など)を、「したくないから」しない(愛ベース)、というもの、もう一つは、「してはいけないから」しない(恐れベース)、というものです。1つ目の「したくないから」しない、は、生きた倫理としてあなたの中に統合されていて抑圧が生じませんが、2つ目の「してはいけないから」しない、の方は、「してはいけない」と教えられてきたからにすぎず、「正しい人と思われるように」「他人から悪い評価をされないように」「いい人でいたいから」しない、ということで必ず抑圧が生じます。

「したくないから」しないことを誰かがしている場合は、別に感情的に反応することはないのです。正そうとか、思い知らせようとか、無理やりやめさせようとか、そういう気持ちも起こりません。

だから、こういう「してはいけないから」しない、という倫理観に縛られている人ほど、イライラし、怒りが生じ、批判的になったり、不満の多い人になったりして、当然人間関係においてもトラブルの多い人となります。

誰かの言動を見て、イライラ・ストレスなど感情反応が生じているときは、そういう状態が生じさせているものは何なのか見てみなさい、というチャンスなのです。

前に、自分を愛するとは、つまり自分のすべてを否定しないことだと書きました。
抑圧=否定、なので、鏡現象で抑圧が見つかったら、まずは「そんな部分が自分の中にもある」ということを受け入れることです。
偽善的な自分、不正をしたい(した)自分、怠惰な自分、うそつきな自分、きちんとできない自分、いじわるな自分など・・・これは、必ず、どんな人の中にも存在する部分です。

もちろん抵抗もあるでしょう。今までずっと外に向けてきた怒りの対象を自分の中に見ないといけないのですから・・。
ここで多くの人が勘違いしていることですが、受け入れるということは、そこが拡大されてそういう人になってしまうということでは決してありません。

受け入れる=統合される、ではじめて自分の中に「生きた倫理」として内在化されるのです。

鏡現象の活用は、自己愛を高めて生きやすくなるためのもっとも有効な手段なので、どんどん活用していきましょう。

このテーマ、まだまだ続きます。

※抑圧・・・不快な観念・イメージ、記憶などを無意識に押し込めて意識しないようにすること。


ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】のHPはこちら
スマホの方は、こちら

«  | ホーム |  »

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア