FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

暦に思いを馳せる パート2

さて、前回のブログを読んで、友達や知人からいくつか質問やメッセージをいただきました。その中でも、今のカレンダー、グレゴリオ暦との併用は難しくないの?というものがとても多かったので、今回はそのあたりをふまえて書いてみようと思います。

まず、ダイアリーの使い方です。
基本的に、何を書くかは自由。
例えば・・・
○その日思いついた「思い」「アイディア」を書く。

○自分が興味あることについての気づきを書く。
 例えば、農作物を育てている人は、作物の変化を書いたり、育児日記をつけたり、体の毎日の変化を書いたり、パートナーとの関係における変化や気づきを書いたり、見た夢を書いたり・・・。
私の周りには声楽家が多いですが、声の日々の微妙な変化をメモしておく、というのもいいですよね。ちなみに私は、体調やその時の気分などを書いていますが、月の何日目になると、日中でも眠くなりやすいとか、声が出にくいとか、テンションが上がりにくいとか、
胃の調子が悪くなるとか、結構統計が取れてきました。今のカレンダーだと、毎月の日数がガタガタなので、そういうパターン化は難しいですよね。28日周期が人間の生理的な周期と一致しているのがよくわかります。

あとは、
○その日出会った人やもの、訪れた土地などを書く。

○その日に対する積極的な評価など。

もう一つのワークとして、月を楽しむということがあります。
あなたは、今日の月の状態がどんな感じで、どのあたりに見えるか、次にいつ満月か、この季節にどんな星空が見えるか、知っていますか?

ダイアリーには、毎日の月の満ち欠けのイラストが入っているので、ああ、明日の晩は満月なんだな~、今日は三日月が見えるかな~と、私も使い始めるようになってから、毎晩夜空を眺め、月を楽しむようになりました。月の満ち欠けが、人間の心や体に与える影響なども感じられると、おもしろいですよ。

13の月の暦を使ってみると、グレゴリオ暦だけで生活していた頃よりも、時間とか、周期とかを意識できるようになるんです。人工的な時間に自分たちがいかに縛られているのかがよくわかります。

コズミック・ダイアリーの本当の目的は、実は、生理不順を治すことでも、心身ともに健康になることでもなく、それは単なる入り口に過ぎません。人工的なリズムに従った私たちの意識は、地球温暖化や世界経済の危機など様々な問題を生んできてしまった。。。環境破壊により、子どもの半分近くがアトピーだったり、「誰でもいいから殺したかった」といって無差別に人の命を奪ったり、顧客の信用によって続いてきただろう老舗が、目先の利益のためだけに食品を偽造したりと、もはや「対岸の火事」では済まされない事態に陥っている不安だらけの世の中。コズミック・ダイアリーは、そんな「時は金なり」の精神に縛られている現代人を、本来の自然なリズムに連れ戻してくれるツール。私たち一人ひとりが人口的な時間から自然時間にシフトすると、みんなの心が同調するようになってきて、
社会全体が、本来は教えられるものではなく感じるものである倫理観、道徳を取り戻すことができる。物質主義的な世界から離れた集合意識を作ろう、という平和の運動の一環なのです。

難しい?
私もまだまだビギナーにすぎないので、あまりえらそうなことは言えませんが、お勧めするのはとりあえずあまり頭でごちゃごちゃ考えず、”JUST DO IT”!そして、”JUST FEEL IT!”

そう、”Yes, we can!”

また質問や感想などあれば、お寄せくださいね~♪

次回は、「時間」というものについて、もっと深く掘り下げていきたいと思います!

暦に思いを馳せる

普段あたりまえのように使っている暦、カレンダーについて、考えたことがありますか?
私はまったくありませんでした。コズミック・ダイアリー〈13の月の暦〉の話を聞くまでは・・・。

太古の文明では、天体観測や暦に関する知恵がかなり重視されていたらしい。自然の周期と人間のからだの生理的な周期が相関関係にあることを、当時の人々は心得ていたのでしょう。実際、古代の共同体社会では、そこに暮らす女性たちは、満月の日にほぼ一斉に生理が始まったという記録もあるそうです。

今わたしが愛用しているコズミック・ダイアリー「13の月の暦」は、そんな太古の文明の一つ、マヤの叡智から生まれた、1ヶ月がきっちり28日、1年13ヶ月(+1)の暦。
1年の間、つまり太陽のまわりを地球が1回まわる間に、月は地球の周りを13回まわっています。
そして、
太陽の自転の周期・・・約28日
月の公転周期・・・27.32日
満月の周期・・・29.53日
この、太陽と月の地球に影響を与える周期を平均すると約28日。
そして人間の持つ周期はというと、
女性の生理の平均周期・・・28日
お肌のターンオーバー・・・28日

つまり、宇宙のリズムも人間のからだの生理的なリズムも、28日×13ヶ月というリズム。

ところが、今わたしたちが使っている暦は、12ヶ月で、1月は31日、2月は28日…といったガタガタのもの。
自然のリズムも体のリズムも28日周期なのに、頭の中だけそのガタガタのリズムで生きていたとしたら、人間の心も体も自然と調和できなくなってくるのは当然ですよね。

体内時計という言葉をよく耳にします。
週末になって夜更かしし、昼間で寝てしまったりすると、体調が悪くなったり、一日テンションが上がらなかったりという経験はありませんか?
そういうときに、「体内時計が狂ってしまった」なんて言い方します。

そう、私たちには、時計で示される機械的な時間以外に、自然に沿った体内時計というものがあることを、私たちは知っているのです。時計を持たない鳥たちが、毎日同じ時間に鳴くのは、鳥たちが体内の時計に従って生きているからです。

自然のリズムと一致していないことでおこる、自律神経の狂い、自然との不調和。
今教えに行っている高校の生徒たちが、平気でゴミを机の上に散らかして教室を出て行ったり、すぐにキレたりするのも、不規則なカレンダーによってプログラミングされ、自律神経が狂い、自然と調和してないためだ、ということがわかると腑に落ちます。どうして机の上にゴミを置いていったらだめなのか、それは、理由を知らないからではなく、そこに無感覚だからなのでしょう。毎日テレビや新聞で報道される、信じられないような残酷な事件、環境破壊、戦争、金融システムの崩壊・・・すべてが自然との不調和の結果だということが解かります。

13の月の暦をベースにした28日周期のコズミック・ダイアリーを毎日つけることによって、人間の体も心も自然のリズムによるプログラミングに変更できる。

それを使うと、自然と調和してくる→自律神経が正常になってくる→心もからだも元気になる→生理不順も治る(女性のユーザーから実際信じられないくらい多くの報告があるそうです)→シンクロニシティ(話したいと思った相手から急に電話がかかってきたり、知りたいと思った情報がすぐに目に飛び込んできたり)が死ぬほど頻繁に起こる→環境意識が変わる・・・等、その恩恵は計り知れないとのこと。

最初はその良さを頭で理解して使い始めたダイアリーも、今でやっと4ヶ月ぐらい。
少しずつですが、“理解”から“感じる”に変わってきました。
執着心、不安といった負の感情が自分の中からどんどん消えていくのも当たり前、ということも、今では十分というほどよくわかります。
また、自然とチャネルすることが、音楽、芸術に関わる者にとっていかに大切かということも。芸術とつながるということは、見えないものとコンタクトするということ。自然との調和から生まれた芸術、それを作った人の見えたこと、聞こえたこと、感じたこととシンクロするからそこに感動が生まれるのでしょう。

長くなってしまいましたが、コズミック・ダイアリーの魅力はまだまだ語りつくせません。

また気づいたこと、学んだことをどんどん書いていこうと思います。

«  | ホーム | 

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア