FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

境界線超え

今日のテーマは、「境界線超え」というテーマです。これも先日の講座でお勉強してきた内容です。
これがわかると、人間関係の摩擦、ストレスがぐーんと減ります。

人間関係の悩みや苦しみの原因は、この「境界線超え」がほとんどだといえます。
「境界線」というのは、わたしの領域、あなたの領域というものの間に引いてある線のことです。
英語でIt’s none of my business. (それは私には関係ない)It’s none of your business.(それはあなたには関係ない)というフレーズがありますが、このbusinessにあたるのが、領域です。責任、学び、という言葉に置き換えてもいいかもしれません。

どんな人間関係においても、この「境界線」というものが存在していて、それを越えると、つまり自分が相手の領域に足を踏み入れたり、相手が自分の領域に踏み込んだりしたときに、人間関係の不調、摩擦がおきます。

もう少し具体的な話をしてみますね。
誰かのために何かをするべき、頼まれごとを引き受けるべき、とか、助けるべき、とか考えるとき、それは相手の領域を自分が引き受けてしまっていることになります。

例えば、
知人に「あなたがお金を貸してくれなかったら、私は路頭に迷う」と言われて、本当は貸したくないのに、仕方なく貸さなくてはいけないと思ってしまうとき、あなたは相手の領域(本当は本人がすべきこと)を引き受けてしまっています。
困っているのならお金を貸してあげよう、と心から思えれば、それは愛ベースなので問題ないです。
しかし後々罪悪感を抱かないように、とか、冷たい人と思われたくない、とか、つまり恐れベースに相手に何かしてあげる場合、自分の中に必ず負担が生まれ、相手への怒り、フラストレーションが生まれます。

あなたは仕事を休む権利があり、休みを取りたいとします。
ところが、職場で「今は忙しいから休まないで欲しい」と言われたとします。
ここで、自分が職場のために休みを取らなくても大丈夫、と心から思えれば、それは愛ベースなのでOKなのですが、ここでも仕方なく、嫌われたくない、文句を言われたくない、自分が休みをとったせいで仕事に支障をきたしたくないという恐れベースの理由から休みをとることをあきらめた場合、これも境界線越え(職場の領域に自分が入ってしまっている)です。

自分が彼(彼女)といてあげないと、相手は傷つく、独りぼっちになる、困る、何をするかわからない、と考えるのも境界線越え。問題は自分が相手といたいかどうかで、相手の感情の責任を取る必要はあなたには全くないのです。

この境界線はどんな人間関係にも存在しますが、親子、夫婦、兄弟など、関係が親密なほど境界線は引きにくいそうです。

例えば、「仕事をやめたらor離婚したら、両親ががっかりする」、といった場合。
自分は自分の人生を選択できるし、両親も自分の感情を選択することができます。

「主人は何もできない人だから、私は出かけるときも彼のために食事を用意していかなければならない。」これも、境界線を越えています。「用意してあげたい」という愛ベースならOKですが、これが妻としての義務だ、みたいな気持ちがあれば、自分の中に「私はこれだけやってあげているのに」という思いが必ず生まれ、相手へのフラストレーションへとつながります。

「自分は長男だから、親の面倒をみるべき」。これも境界線越え。これは、自分の持つ価値観から外れることで生まれる罪悪感をベースに行なうことであり、愛ベースではありません。そこに必ず他の兄弟や親へのフラストレーションが生まれます。

「お世話になったピアノの先生のリサイタルのチケットノルマが10枚。お世話になったのだから、これはすべて負担するべきだ。」
これも相手の領域に自分が踏み込んでいます。自分が買いたい分だけ買うのは愛ベース。もし自分が全部負担できず、その先生が困ったとしたら、それはその先生の責任(学び)なのです。

このように、今の人間関係でお互いに何かを行なうとき、愛ベースなのか恐れベースなのか立ち止まって考えてみてもいいかもしれません。かなり多くの境界線越えが見つかると思います。そして、この境界線越えをしてしまう原因も、突き詰めると自己愛の欠如なのですよ。または、この境界線をちゃんと認識することで、自己愛を高めることもできます。境界線を越えているかどうかを見分ける方法は、「~したい」という思いから行なっているか、「~すべき」という思いから行なっているか、のチェックです。


♪ご案内♪
レクイエム・プロジェクト TOKYO 2010~いのちを見つめて~
■日時: 2010年11月7日(日) 午後3時開演
■会場: 浜離宮朝日ホール
■入場料: 5,000円
■出演: 上田益(作曲・指揮)、山内崇生(宝生流能楽師)、長岡京室内アンサンブル、本宮廉子、宍倉朋子、田上裕子(ソプラノ)、横町あゆみ、斎藤佳奈子、谷口紗織(アルト)、坂口寿一、長谷川公也、永澤健(テノール)、熊谷隆彦、新見準平、小酒井貴明(バス)、レクイエム・プロジェクトTOKYO合唱団、いのりのとき合唱団 ほか
■概要: 上田益:レクイエム~あの日を、あなたを忘れない~東京初演のほか、辰巳満次(宝生流能楽師)作・監修、上田益:企画・原案・音楽 により、伝統的な技法を用いながら、和と洋との融合による「鎮魂」「いのり」「いのち」をテーマにした創作能舞の初演など

「信じているよ」は、裏切れない

家族や親しい人に、「心配だよ」というのが、愛情だと思っていないでしょうか?
「心配」という波動は、そのとおりの現実を引き寄せます。

「そんなところへ行ったら危険な目にあうよ」
「そんなことをしたら失敗するよ」
「そんな生活をしていたら病気になるよ」

相手を心配するのは、自分の人生と同じように、他人の人生の責任を自分が引き受けている、と誤解しているからなのです。

特に親にでもなれば、自分の子どもを「なんとかしなくちゃ」と思ってしまうものです。
あなたが愛情表現として「心配」するのは、両親があなたに、そのまた両親があなたの両親にそうしてきたからなのです。でも、その因果を断ち切ることはできます。

たとえ自分の子どもであっても、それぞれが一つの魂。一人ひとりがちゃんと人格を持った人間です。人はそれぞれいろんな経験失敗を繰り返しながら立派に生きていくことができます。
自分が相手の人格を作ろうとしたり、相手の選択の責任を感じるのはある意味傲慢なこと、相手の人格を認めていない、尊重していないことになります。


例えば、子どもが薄着のまま遊びに出かけたがったとします。
親が、「そんな薄着で外に行ったら風邪を引くよ」と強く言おうものなら、その子どもはその言葉の影響を受けて風邪を引いてしまうかもしれません。
そこで、子どもの責任を尊重して、こう言えばどうでしょうか。
「外に出てみて寒くなかったらそれでいいけど、もし寒かったら服を取りに戻っておいでね。」

おそらく、子どもの反応は「風邪を引くよ」と言われた場合とはまったく違ったものになるでしょう。もし、その子が寒くないと判断してそのまま外で遊んでも、おそらく風邪のことなど全然頭にないから、風邪を引くことはないでしょう。寒かったら上着を取りに帰ってくるだろうし、そのまま遊んでいてたとえ風邪を引いてしまったとしたら、そこで一つ賢くなるでしょう。


「もう勉強なんかしたくない、学校をやめたい」と子どもが言った場合はどうでしょう?
「あなたは学校をやめたいのね。でも、学校をやめるとどういうことになるのかちゃんと分かってるのかな?これから働くことになるけど、学校を卒業していないと、自分が働きたいところで働けない可能性がすごく高くなるけど、その覚悟はきちんとできているの?」と言うことができます。
もし、覚悟はできている、と子供が自分の考えとして答えるのなら、その結果を自分自身で引き受けさせるのが本当の愛なのです。

大人は子どもを導いたり、アドバイスしたりしますが、そのアドバイスに従うかどうかは、あくまでもその子に任せなければなりません。自分の選択したことの〈責任を取る〉ということの本当の意味を教えてあげるのが、大人が子どもにあげられる最高のプレゼントです。

「愛する」ということは、相手をありのまま〈受け入れる〉こと。
たとえ、相手が自分とあまりにも違う意見を持っていても、自分が最もしてほしくないことをしていたとしても、それを受け入れるのが本当の愛。しかし、実はこれが私たちにとって最も難しいことのようです。なぜかといえば、一人ひとりエゴがあり、自分が正しいと思っているからです。

ちょっと極端な例かもしれませんが、自分の最も身近な誰か、仮にAさんとすると、その人がドラッグに手を染めたとしましょう。普通なら次のように思うはずです。「Aがドラッグをやってるなんてとてもじゃないけど認められない。それは本人にとってよくないことだから。どんな手を使ってもやめさせなくては。」
このAさんにとって最も良くないことは、周りの人たちがそれは絶対に正しくないと言って、Aさんがドラッグをやるのを強制的に阻止しようとすることです。しかし、誰かがAさんを裁き、Aさんの人生をコントロールしようとすると、その人はますますドラッグに溺れるかもしれません。自分は受け入れられていないという思いを強め、まわりの人たちの押し付けに反発し、かえって助長してしまうことになりかねないのです。
人は普通、それぞれ自分なりに幸せになりたいと思って人生を歩んでいます。そこでドラッグに手を染めることがあるのなら、その人はそのことを通して何かを学ぶ必要があるのです。十分にドラッグをやったと思えば、それをやめるでしょうし、そこから学ぶべきことを学ぶでしょう。Aさん自身の選択の結果を受け入れなければならないのは、あなたではなく、彼(彼女)自身なのです。

本当にその人を愛しているのであれば、その相手の人生をコントロールしようとするのではなく、こう言ってあげることができます。
「私は個人的にはあなたのやっていることには賛成できない。ドラッグが危険ということを知っているからね。でも、あなたの人生はあなたのものだし、その責任を取るのもあなた自身。あなたが結果を充分考えた上でそれを選択するのなら、私は何も口出しする権利はありません。」
こう言えば、相手はあなたが自分を受け入れてくれていると感じ、相手もまたあなたを受け入れるでしょう。そうすれば、最も簡単に、かなり高い確率で、早くあなたの望む結果になるのです。



愛する人には、「心配してるよ」の変わりに、「信じているよ」と言ってみてください。
残念ながら、相手を変えたりコントロールすることはできません。
すべきことは、相手を信じられるように自分が変わることなのです。

「信じているよ」は、魔法の言葉です。
「信じているよ」と言われた人は、裏切ることができなくなります。
裏切らない、のではなく、裏切れない、のです。
「信じる」ということは、「相手に空間を与える」ということです。



この考えを人生に取り入れて実践し出すと、その相手が誰であれ、驚くべき結果が出始めます。

「先生は、あなたたちを信じているよ」
私は高校で授業をするときに、言葉にこそしないものの、それを態度で示すように心がけるようにしています。
一つ例を出すと、音楽の授業は音楽室に移動して受けるので、生徒たちはみんな携帯電話を鞄から出してポケットに入れて持ってきます。
授業中はもちろん携帯電話の使用は禁止なのですが、ポケットの中で携帯がブルブルすると、やはり気になって仕方がない、そうすると授業中に隙を見てこっそりメールを見たり、ということがどうしても起こってしまいます。
以前は、「携帯を見つけたら取り上げて担任に渡すから」と言ってたのですが、見つけて取り上げる方も、見つかる方も気持ちいいことではありませし、そういうことは残念ながら後をたちませんでした。

そこで、「携帯電話を授業中に使用するのは禁止だということは、みんな知っていると思うけど、ポケットの中でブルブル鳴っていると、気になって授業に集中できないと思うんだ。そこで、思わず見てしまったところを取り上げられて、担任の先生に渡って怒られるのも嫌でしょう?もしよかったら私が預かるからね」と言ってみたら、一人が「先生、じゃあ私の携帯預かっておいて」と言い出し、それから次々に「私も」「私も」となって、毎回の授業の時、音楽室のピアノの上はデコレーションの華やかな携帯がたくさん陳列するようになりました。そして生徒の授業中の集中力の度合いが変わったのは言うまでもありません。

どうですか?これこそが、相手に空間を与えることの結果、〈愛〉の力なのです。


「お母さんは、○○ちゃんを信じているよ」
「僕は君を信じているよ」

この言葉が人生に与える恩恵を、みなさんもぜひ受けてみてください。

もし、それがなかなか言えない自分がいたら、〈自分を信じていない〉ということ。その事実を受け入れてみてください。

頭ではわかってるんだけど・・・!?

私たちの心は潜在意識顕在意識からなっているといわれています。

フロイトが「心の氷山」という言い方をしていますが、氷山の海の底に隠れている部分が潜在意識、水面に顔を出しているほんの1部分が顕在意識です。

つまり、日頃見ることができるのは顕在意識。私たちは顕在意識で考え、行動しています。

潜在意識は「無意識」の部分に隠され、表面には出てきません。
簡単に言うと、潜在意識は「過去の記憶」、顕在意識は「頭ではわかっちゃいるけど・・・」の「頭」の部分、つまり理性・判断力・批判力などです。

もう少し潜在意識を詳しく見てみると、私たちは生まれてから今まで、親からの育てられ方、兄弟姉妹、学校の先生、友達、社会に出てから出会う人たちとの関係、その影響、様々な体験、その経験で感じた嬉しかったこと、悲しかったこと、恥ずかしかったこと、辛かったこと、痛かったこと・・・いろんな“記憶”が、頭では忘れているように見えても、実は細胞にぎっしりと刻み込まれています。そして、この過去の記憶を『業』といったり『カルマ』といったり、トラウマと呼んだり、エゴといったりします。

ところで、この潜在意識と顕在意識のバランスは何対何だと思いますか?


潜在意識:顕在意識 = 9:1 だそうです。

ですから、1割しかない顕在意識で考えて行動しようとしても、9割を占める潜在意識のパワーには敵いません。

毎日同じ場所に通勤、通学していて、休みの日に同じ電車に乗ったときに、ふといつも降りる駅で降りてしまう、そんな経験はありませんか?

これが潜在意識の表れ。長い習慣によって潜在意識に染み付いていたものです。

このように、思いがけない失敗や言い間違いは潜在意識の仕業だったりします。

頭ではこうしたい、と思っていても、自分ではどうしようもできないことって皆さん、いっぱい抱えてると思います。

例えば禁煙。顕在意識で「タバコをやめよう」と考えます。

「吸ってはいけない!」と自分に言い聞かせます。しかし、潜在意識が何らかの理由で「吸いたい」と思っている限り、禁煙は成功しません。

「パートナーが欲しい」と思っていたとしても、潜在意識では「誰かと親密になることは怖い」「傷つくかもしれない」(たとえ本人の自覚がなくても)と思っているとすれば、潜在意識には勝てませんので、どんなにチャンスがあっても自分から見逃してしまいます。

人前で堂々と話したい、と思っていたとしても、過去に人前で話をして失敗して大恥をかいた記憶が刻まれていると、スピーチを頼まれるたびにあがってしまったり・・・。


要するに、物事を成功させたければ、潜在意識に訴えかけなければなりません

潜在意識はボーっとしているときに表れやすくなります。

眠りにつく前などリラックスしてボーっとしている状態のときに、「私は、ベストタイミングにベストパートナーと出会う」

などの単純で短い言葉を、繰り返し心の中で唱えてみましょう。


こうした言葉のことを、アファメーション と言います。

言ってみればマインドコントロールのようなもの。マインドコントロールはマイナスにもプラスにも

使えます。プラスの言葉を常に自分に訴えていればプラスに変わっていきます。逆にいつも

マイナスの言葉ばかり思い浮かべているとマイナスに向かってしまいます。

言霊というように、言葉にはパワーがあります。表明=顕れです。

アファーメーションは、ご自分の好きな言葉で作ってみましょう。


<アファメーションを作るポイント>

・主語は一人称にすること。

・肯定文にすること
 (例)「私は甘いものを食べなくても平気だ」 ○
    「私は甘いものを食べません」 ×

なぜ、肯定文なのか?

例えば、「今、白くまをイメージしないでください。」

と聞いて、白くまをイメージしない人はいないと思います。
つまり、脳は否定文も肯定文も判断がつかないので、反対のインプットを行ってしまう可能性があります。


・20文字以内が理想

・いきなりハードルを高くせず、実現可能な事柄からスタートすること。
 (例)緊張を治したい人の場合
    「私は緊張せずにいられる」○
    「私は人前で堂々と話せる」△

このアファーメーションという手法は、潜在意識の書き換えたいことがはっきりしている場合に効果があります。

さあ、これで、古いパターンとおさらばしましょう!

 

「意乗り」ますか、「根我い」ますか?

今日は暑いですね。夏もいよいよ本番のよう!
学校もそろそろ夏季休業に入りますね。



さて、突然ですが、みなさんはどんなときに「祈り」ますか?
商売繁盛、家族の健康、良縁、合格祈願、などいろいろあると思います。

現代日本では多くの人が、ごく普通に個人が実現したいこと、つまり「自己利益のために」祈ることをやっていると思うのです。


でも実は、本当の「祈り」ってそういうことじゃないみたいです。


私は今、言霊学というのを毎月学んでいて、そこで知ったのですが、
「イノリ=意乗り」「祈りとは、意が乗ること」、つまり、「神さまの御意と波長を合わせ、そこに乗り合わせること」が、本当に通じる「祈り」。

神さまというのは無私(私のない状態)です。自分本位の願望を実現するための「神頼み」は、「ネガイ=根我イ」、つまり根っこが我(エゴ)であり、無私である神さまのベクトルとは添いません。自己中心的な心の願望は、低級霊など、低い波長と合いやすく、本当の意味での運は開けてこないみたいです。(今の日本はまさに、そんな低い波長と合ってしまっているのではないでしょうか!?年始にものすごい人数の人が、高次元への通路である神社仏閣に向かって「自己利益」のために祈ってるわけですから・・・)

※神さま、宇宙エネルギー、大いなるもの(Something Great)、創造主、仏、呼び方はいろいろあると思いますが、ここでは神さまとします。

祈るときは、無私(エゴのない状態)になって祈る、あるいはお礼や感謝の気持ちをこめるようにすると、神さまのベクトルに自分のベクトルの向きを合わせることになり、神さまと波長が合うので、どんどん実現していくのです。

家族でもいい、自分以外の誰かのために、祈る。そこから広がって、自分の周りの人たちのため、自分の所属している会社などのため、社会のため、日本のため、さらには全世界に思いを馳せ、祈る。


「みんながI'm OKになりますように。そのために私を役立ててください」って祈る。
そうすると、神さまが「よし、協力しよう」と言って、惜しみなくサポートしてくれるので、結局自分の運もどんどん開けていくのです。

自分のための祈りでも、人に、社会に喜んでもらえる働きができる自分になるため、そのための願望なら、合格祈願でも良縁でも健康でも、立派な「意乗り」になると思います!










表明=顕れ

よく成功哲学なんかで、
「思いは実現する」「念ずれば花開く」って言うけど、
あれは本当は足らないらしい。思うだけじゃだめだと。
本当は、「表明=顕れ」なんだってこの前コズミックダイアリープロデューサーの柳瀬氏から教えていただいた。


英語で言うと、マニフェステーション。
フランス語だと、マニフェスタシオン。
「表明」という意味と「顕現」という意味を持つ。つまり「表明」=「顕れ」

書いたり言ったり、言葉として表すこと。

一昨年あるセミナーで、おもしろいワークをさせてもらった。
1年後の自分から、今の自分への感謝状を書こうというもの。
その手紙はその主催者が預かって、一年後に送ってくるというものだった。
去年の暮れ、実家に届いたその手紙がうちに送られてきた。

手紙を書いたことも、その内容もすっかり忘れていたけれど、
1年後もしこうなってたらどんなにいいだろう、という
理想を書きまくっていた。
結果は、90%以上実現していた。あんなことも、こんなことも。

「表明」=「顕れ」だった。

それから最近も、日記に「表明」を続けている。
「表明」って昔はなかなかできなかった。
実現したいことを明確にするのが難しかった。
明確にしようとすると現れる「不安」「低い自己評価」「自分で決めている制限」・・・。

それでも「表明」を続けていると、だんだんコツがわかってきた。
自分の使命とは何か。何をするとわくわくするか。
そういうことを考えているうちに、「表明」がしやすくなってきた。
本当に「表明」したことが実現するのかなー?って疑っていた時期もあった。

今では、表明=顕れ、がびっくりするぐらい当たり前のことになった。

さて、今晩は何を表明しようかな。

«  | ホーム |  »

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア