FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

この世に絶望しきる!

なぜ、この世の中から戦争やテロがなくならないのか、
なぜ、病気の癒えない人がたくさんいるのか、
なぜ、自然はどんどん破壊されていくのか、
なぜ、人々は競争意識をもつのか、
なぜ、モノを買っても買っても満たされないのか、
なぜ、資源エネルギーは有料なのか、
なぜ、ただ愛し合いたいだけなのに、それができないのか、
なぜ、こんなにも孤独を感じている人がたくさんいるのか、
なぜ、自殺する人が増えているのか、
なぜ、ウツや精神疾患の人が増えているのか、
なぜ、犯罪が減らないのか、
なぜ、安心して暮らせないのか、
なぜ、信じられないのか、
なぜ、このような世界に多くの人は疑問をもたないのか、
なぜ、技術や効率は昔と比べて何倍も速くなったのに、ひたすら働き続けなければいけないのか。

このようなことは、真理・根っこがわかればすべて全体がわかるのですが、
手始めのとっかかりとしては、、、

一度さーっとこういう情報に目を通してみるのはいいと思います。
  

今の医療システムはどうなっているのか、教育システムは?経済システムは?
政治は?商業は?食べ物は?

といった、私たちが住む社会システムの裏側や既知のものより真実に近い歴史を知ることができます。

そもそも、考えてみて下さい。もし、あなたがエゴ丸出しの世界の黒幕だったとしたら、、、
民衆に、真実を提供するでしょうか?それともメディアを使って都合良く洗脳し、統制を図るでしょうか?
国民が本当に賢くなって、物事の本質を見抜ける為に教育制度を制定するでしょうか?
それとも、そうなってしまってはこのおかしな支配制度を維持出来ないから、
盲目的に権威に従順な働きバチとしてよく働くように育てるために、教育システムを利用するでしょうか。

本当に民の健康の事を考えて、食や医療システムを作るでしょうか。
それとも、「生かさず殺さず」の適度なダメージを与え続けて病院に行く機会を増やし、
そこでまた病院通いを余儀なくさせるような薬漬けにして根本的に治療はせずに、
長期的な金儲けの対象として利用するでしょうか?

どの情報にも縛られる必要はないけれど
全体を見通す力=心眼、を培いつつ、
枝葉の情報に一応目を通すのは大事と思います。

著者の内海氏がこの本の中で言っているとおり、
大切なのは、この本の内容が真実かどうかを問うことに意識を置くのではなく、
発想の根幹を変えること、人や世界を変えようとする前に、自分を変えること。

いろんな当たり前と思って見過ごしていることに疑問を持ち、自分で考え、自分で調べ、自分で選択する力を取り戻す、
ただただ既存の社会やシステムに依存したり、被害者意識を持ち続けたり、事なかれ主義に甘んじたりするのではなく、
自分もこの社会・地球環境を作っている一人だという責任を持つこと、が大切だと再認識しました。

まあ~~、絶望的な気持ちになりますよ(笑)。

クオレヴォーチェに訪れる人たちはみな、「変わりたい」といいます。
変わりたいのに変われない場合、
現状に絶望しきっていない、ということが多分にあります。
いろんな人と関わる中で思うのは、底タッチした人(絶望しきった人)ほど、癒しや変化が大きくて速いのです。

まだ、幻想にしがみついていればなんとかなると思っている人は、しがみ続けるだけ。

私はこの本を読んで、自分の中でまだ絶望しきれていなかった部分に気づくことができました。

絶望しないかぎり、新しい世界観は見えてこないし、そこにシフトできません。

そういう意味で、とてもいいタイミングでこの本を読むことができました。

あ、あと、根拠のない自己否定感もだいぶ落ちたし、
自分には世界を変える力がある、というパワーや意欲も湧いてきました。

このような陰謀論的な内容の本は、一様に暖かさがなく、虚無的な印象はあります。
著者の内海さんも、自認されているあえてそういう冷たいニヒリスト的な、
人をバカにしたようなキャラクターを前面に出されていますが、
その根底には人間や地球に対する愛や暖かさを感じました。

世界中を敵に回すような、内容が内容だけに、書き方、伝え方、とても難しいと思うのですが、
ご自身の事も、人間の心理も見据えた上でのあの書き方、、、
とても頭のいい方だなあ(上から目線で失礼ですが)という印象です。

枝葉の情報を細部まで余すことなく提供した上で、
「原理や根幹を理解することが最も大切、決して起こった事象にとらわれてはならない」
とおっしゃっているところが共感できます(他にも共感できるところはいっぱいありました)。

私たちの現状、立ち位置を知った上で、「じゃあどうするか?」というところですが、
この本にも書いてい有る通り、まずは自分が変わること、モノゴトの原理や根幹を知り、真実の視点で物事を見られるようになること、
人と合わせるのをやめる事、生物としての責任を果たし、被害者意識を捨て、権威に従属することをやめること、
理論や科学だけに頼るのではなく、直感・本能を取り戻しバランスを取ること、など、
このブログでも常に書いてきたことと同じですね。

この本を読んで、何年も前に一度掲載したことがある物語を思い出したので、もう一度ご紹介します。

This is a story about four people
named: Everybody, Somebody,
Anybody and Nobody.
There was an important job to be done and
Everybody was sure that Somebody would do it.
Anybody could have done it, but Nobody did it.
Somebody got angry about that, because it was
Everybody's job.
Everybody thought Anybody could do it,
but Nobody realized that Everybody wouldn't do it.
It ended up that Everybody blamed Somebody
when Nobody did what Anybody could have done.

この物語には、「みんな」「誰か」「誰でも」そして「誰も」の4人が登場します。

必ずやらなくてはならない、ある大切な仕事がありました。
「みんな」は「誰か」がその仕事をやるに違いないと思っていました。
その仕事は「誰でも」出来るものでしたから。ところが「誰も」しませんでした。
「誰か」はこの事態に腹をたてました。
なぜなら、これは「みんな」の仕事だったからです。
「みんな」は「誰でも」出来ることだとは思っていましたが、「みんな」やろうとしないとは「誰も」考えなかったのです。
「誰でも」出来る仕事を「誰も」やらなかった結果、「みんな」が「誰か」を責めるだけで終わってしまいました。

おしまい

そんな「反・常識」の真理を極めた四人のコラボイベントで
11月15日(日)に、大阪で内海聡先生のお話が聴けます。
BSセラピーの駒川耕司先生やアートテンテクノロジーの高橋呑舟さんも登壇されます。
私、残念なことに仕事で行けませんが、
このジョイント講演会は絶対おすすめだと思います!

http://ameblo.jp/seitai-kaiho/entry-12058786206.html

冒険する男、待つ女

最近いろんなところでこの本の名前を見聞きすることがあり、
数年ぶりにパウロ・コエーリョの『アルケミスト』を読みました。

随所に心に響くメッセージが散りばめられた名作です。

その時々によって響く箇所が違うと思うのですが、
今回響いたのは、ファティマという少女のあり方。

ファティマとは、少年サンチャゴが夢を実現するための旅の道中で出会った、
運命のヒトです。

少年は、旅をやめて彼女とともにここに留まりたいと言います。
するとファティマは、

「私はあなたの夢の一部、運命の一部です。
だからこそあなたにゴールまで向かい続けてほしいの。
砂丘は風によって変化するでしょう、でも砂漠は不変です。
私たちの愛もそうなるのです。」


「私は砂漠の女です。それを誇りに思います。
私は自分の夫には、砂丘を作る風のように、自由に歩き回ってほしいのです。
そしてもし必要であれば、彼が雲や動物や砂漠の水の一部となることも、
私は受け入れるでしょう。」


「もし私が本当にあなたの夢の一部なら、
あなたはいつか戻って来るでしょう」


と、彼女の信じることを伝えます。


少年は彼女の元を去るのを悲しみます。
“愛”と“所有”の違いを理解しようと思い悩み、
その後砂漠で出会った錬金術師に相談します。

「ファティマは砂漠の女だ。
彼女は、男は戻ってくるために遠くへ行かなければならないと知っている。
それに、彼女はすでに自分の宝物を見つけたのだ。それはおまえのことだ。
だから、彼女はおまえにも、おまえが探してるものを見つけてほしいと思っているのだ」


「男が自分の運命を追求するのを、愛は決して引き止めはしないということを、
おまえは理解しなければいけない。もし彼がその追求をやめたとしたら、それは真の愛ではないからだ・・・
大いなることばを語る愛ではないからだ」

錬金術師は少年にこう諭します。


人生のパートナーと出会った今だからこそ響く箇所です。
パートナーシップにおける男のあり方、男の選択、女のあり方、女の選択、パートナーシップ、所有ではない愛、
そういったものの本質が、ここにかかれていると思いました。

「奇跡のコース」の、“スペシャルリレーションシップ”とも通じているメッセージだと思います。
いばや通信のこちらの記事ともシンクロする内容でした。

私もファティマのような姿勢で、
大切な人と人生を歩んでいきたいと思いました。




《今後の予定》

8月7日(金)
BSセラピー体験会瞑想会
■13:00~16;00
■場所:六甲サラシャンティ
■参加費:各2,000円(通しで3,500円)
■ファシリテーター:高木亮


心がひらくヴォイス輪~く
■16:30~18:30ごろまで
■場所:六甲サラシャンティ
■参加費:2,500円
■ファシリテーター:ホヌさん



8月13日(木)
【悟りと癒しの茶話会】
■13:00~16:00
■場所:クオレヴォーチェ酉島サロン
■参加費:3,000円(お茶菓子代込み)
■内容:瞑想とかシェアとか


8月15日までお試し割引キャンペーン
【脳幹セラピー約1時間+感情解放セラピー約1時間】
■料金 10,000円
■場所 クオレヴォーチェ(出張可)


8月23日(日)
【教皇庁の音楽家】
■15:00~
■場所:神戸栄光教会
■チケット:3,000円
■出演:ヴォイスペクティブ(声楽アカペラアンサンブルグループ)


8月31日(月)
気づきと癒しの心理学講座~抑圧と投影について学ぼう】
■13:00~17:00
■場所:大阪市立青少年センター 会議室803
■参加費:7,000円(9/30と通しで12,000円)


【心がひらくヴォイス輪~く in 東京】
■日時:9月7日、8日 13:00~16:00(午後の部)、18:00~21:00(夜の部)
     9月9日 10:00~13:00(午前の部)、14:00~17:00(午後の部)
■場所:飯田橋(午後の部) 他(未定)
■参加費:3,500円/ワンブロック約20分


【東京での個人セッションの予定】
9月4日(金)、5日(土)、6日(日)の3日間(1日3枠)
【東京個人セッション】
■場所:新宿付近
■料金:12,000円/90分(ハートトークセラピー


9月30日
気づきと癒しの心理学講座~セルフラブから変化を起こそう~】
■9:30~15:30(昼食休憩あり)
■場所:大阪市立青少年センター 会議室803
■参加費:7,000円(8/31と通しで12,000円)


お申込み、お問い合わせは、ブログ内の予約フォームか、t_shishikura711@yahoo.co.jpまでお願い致します。

ユーフィーリングはたった今、ここにある

わかっちゃった人たち 悟りについて普通の7人が語ったこと
不死のしくみ: 生きることはとてもシンプルで、だれもが完璧! 一瞬で「いまここ」に導く瞑想CD付き (一般書)
クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる
なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法
新しい自分に目覚める4つの質問―――ストレスや苦しみから自由になれる「問いかけ」の力
響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)
究極の旅: OSHO 禅の十牛図を語る
スーパーマインド―あなたは本当のあなたなのか (コズモブックス 2)
メタヘルス―身体の知性を解読する
ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる―いつでも誰でも簡単に、望みを叶える量子物理学的手法

読みたいなあと思って、今とりあえずAmazonのカートに入れている本。
主に、無限なる本当の自分に出会うための指南書ですね。

一人かくれんぼでどうやって自分が自分を見つけるか、を知りたいわけだけど、
これだけ読みたいと思うってことは、どうやらまだ私は私を見つけたくないらしい(笑)。
よく聞くけれど、これってまさに「追い求めているときは、目覚めない」という状態。。。

まあ単純にいえば、こういう内容の本が好きだということ。

というわけで、読みたい本がいっぱいあるのでAmazonギフト券ください(笑)!
またこちらで還元しますので!!!
(このブログのAmazonのリンクをクリックし、そのままAmazonでお好きな商品を買っていただければ、
私に紹介料が入るというAmazonアフィリエイトやっています)。


さて、探究のメソッドはいろいろありますが、
最近のマイブームは『ユーフィーリング』です。

こちらの本で紹介されている技法です。

(以前に紹介したことがある、瞬間ヒーリングの秘密―QE:純粋な気づきがもたらす驚異の癒しの続編)


『ユーフィーリング』、私は相性がよかったのですが、
ピンと来る人と来ない人がはっきり分かれる気がします。

悟りとか目覚め系の本にはよく、
「何もすることはない」、「何もしなくてよい」、「委ねなさい」ということが書かれています。

でも、あまりにも“何かをする”ことに慣れ親しんできた私たちにとっては、
「何もしない」はハードルが高いのです。

それで私がこの『ユーフィーリング』がいいと思った点は、
「何もしない」の技法を教えてくれるという点です。
「何もしない」をどのようにすればよいか、が書かれているという点で画期的だと思いました。

日々、生活しているとやはり何かが起きます。
それを脳は「問題」ととらえ、それについて何かしら対応(解決)したくなるものです。

でも、5%にも満たない脳の部分で何か考えて「やってみて」も、残念ながら納得する成果は得られません。

アインシュタインもこんな言葉を残しています。
「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない」

「OK。自分が何かすれば問題は解決できる、というのが思い込みだということはわかった。
でも、でも、何かせずにはいられないんです~!!!」

という精神探究のプロセスにいる人も決して少なくないはず。


今の時代に生きる私たちにとって、「何もしない」ということが簡単じゃないことは、
書店に並ぶ「自己探求」の本の量、メソッドの数を見れば一目瞭然です。

こちらの本は、「真の自由を実現する唯一の方法は、『何もしない』ことだ」ということだけを伝えるのに、
276ものページ数が必要でした。。

さて、ここで「ユーフィーリング」の登場です。
この本は、「何もしない」や「委ねる」ことが難しい私たちに示された、
唯一「何もしない」のやり方を教えてくれる本なのです。(といって決して目新しいことが書いていある訳ではないのですが)。

この技法を「する」ことで、結果「しない」になっているという、パラドックス(笑)。
(Amazonのレビューでは、「とかいってやること多すぎ!!」という辛いつっこみもありましたが・・・)

要は、アインシュタインが言うように「問題をつくりだした意識ではそれは解決できない」けれど、“ユーフィーリング”を使えば、問題解決もできるし、意図も叶うよ、という方法と解説が書かれているのです。

それで、「ユーフィーリング」とはなんぞや、ということですが、

本の巻末の用語解説には、
「心はユーフィーリングを純粋なやすらぎ、静けさ、歓び、自愛、愛、至福などとして認識する」とあります。
簡単にいうと、「至福感」?
普段私たちが頻繁に感じている、「嬉しい」「楽しい」「安心」などという、振り子のような相対的な感情ではなく、もっと無条件で、純粋で、普遍的な感覚です。
(量子物理学では“ゼロポイント”などと呼ばれています)。

そしてこのユーフィーリングに気づいていない意識状態のことを“通常意識”と呼び、
「自分が行為の主体であり、ものごとや思考をつくりだしている主体であると感じている」状態で、
ほとんどの人が普段はこの意識状態にあります。

脳波でいうと、β(ベータ)波が主に出ている粗雑な意識の領域の状態ですね。
アインシュタインの言う、「問題をつくりだす意識」です。

それでいうと、ユーフィーリングに気づいている状態は、Θ(シータ)波の状態。
“純粋なユーフィーリング”というのも出てきて、これはγ(ガンマ)波が出ている状態のことでしょうか。
この純粋な気づきの状態から、“水が葡萄酒に変わる”、“病気が瞬間的に治る”、などの奇跡が生み出されるわけですね。

この本で提案しているのは、「ユーフィーリング(もしくは純粋なユーフィーリング)に気づきましょう。そしてそれを感じた状態で実現したいことを意図しましょう」ということです。

それで、この本の通りにやってみて感じたのは、
「なーんだ、これか」という感じです。

シータヒーリングでやってることとまったく同じじゃないですか~。

ただ、シータヒーリングでやっていたような、純粋な創造エネルギーである第七層に入っていくために身体感覚から抜け出して上昇していくイメージをして、第7層に入ったら創造主に命じて、命じたことが行われるのを見届けて・・・といったようなたいそうな手順はなく、一般的に知られている瞑想法のような非日常的な感じや、修行っぽさもない。
(今となってわかるのは、これぐらいの“特別なこと”をしないと、それに「入れない」という思い込みがあっただけで、それはそれで、その時必要なプロセスだったということ)。

シータヒーリングや瞑想法は、それに入っていく、という感覚があったけれど、
こちら(ユーフィーリング)は「単に気づく」、って感じ。

呼吸に似ているかな?
普段忘れているけれど、「あ、私呼吸してた」って思い出す感じ?

で、いかにこのユーフィーリングに何度も気づくか、その気づいている状態でい続けることができるか、が一番ポイントなわけで。。。

これは前にも書いたように、右利きの人が左手を使うことを習慣づけるぐらい大変なことだと思っています。

それと、今自分が気づいているのが、果たしてユーフィーリングなのか??という疑問もあったりすると思いますが、
果たしてユーフィーリングなのか??という疑問があるうちは、おそらく違い、
「これがそれだ!」というのはちゃんとわかるものなのでしょう。。。

気に入ったので、キンズロー博士の次作(QEシリーズ第3弾)クォンタム・リヴィングの秘密―純粋な気づきから生きる
も買う予定。

こちらもご参考ください!→津留晃一さんの「問題解決」

2月14日バレンタインに恋愛ワークショップを開催します

『魂を育てる愛のパートナーシップ〜セルフラブで愛されオーラになろう〜』
恋愛、パートナーシップの悩みを通じて、自分の心のニーズを再発見し、
じっくりと癒していくミニワークショップです。

完全予約制
時間:7時半〜約2時間
参加費:2000円
     +ワンドリンク
会場:
元町カフェドジェーム

第2回目を3月14日に予定しています☆
1回目のワークショップ後からの変化などをシェアしてもらって、更に深めてゆきます。

2回通しての参加費は3500円となります。



2月、3月の大阪・東京《うたの輪》についてのおしらせはこちら
まだまだ参加者募集中です!

3月東京セッションのご案内

3月中旬に、都内にて個人セッションを行います。
詳細はこちら

ベストブック・オブ・ザ・イヤーは、『喜びから人生を生きる!』に決まり!

年末ということで、2013年の「ベストブック・オブ・ザ・イヤー」を決めました!

ジャジャーン!!!
『喜びから人生を生きる!臨死体験が教えてくれたこと』(アニータ・ムアジャーニ著)



私は先週読んだばかりで、今母に貸してて手元にないんですけど、
それでも早くここで紹介したくなっちゃうぐらいいい本。

半分ほど読んで「すごくいい本やわ~!」と喜んでいる母を見て、
今年一番の(?)親孝行をした気分(笑)。


あちこちで結構話題になってますが、知らない方のために、簡単に紹介します。

アニータ・ムアジャーニさんは、幼少期から香港に住んでいるインド人女性。
2006年に末期がんで全身をガンで侵され、
こん睡状態に陥り、臓器は活動を停止しかけ、
家族は、癌専門のドクターから「もう36時間持ちません」と最終宣告を受け・・・

そんな状態で彼女は臨死体験をします。

肉体を離れ、別の次元へ行き、
‟無条件の愛”としか形容できないエネルギーに包まれるアニータさん(の魂)。

そこで、深い、深い気づき、叡智を得るのです(いわゆる‟非二元”の気づきです)。

「・・自分がなぜ癌になったのか、
そもそもこの世に生まれてきたのはなぜなのか、
大いなる観点から見れば、わたしの家族の一人一人はわたしの人生でどんな役割を果たしてきたのか、
人生というものはどのように機能しているものなのか、
ということが、一分の曇りもなくわかりました。
この意識状態で得た心の明晰さ、洞察力の深さは、とても言葉で表現できません・・」


アニータさんは、なぜ自分が癌になったのか、
それは、あらゆることに対して常に「恐れ」を抱き続けていたから、
ということがこの時はっきりとわかったのだそうです。

他の人に嫌われるのでではないかという「恐れ」、社会に適合できないのではないかという「恐れ」、知人を死に追いやった癌への「恐れ」、発癌物質とされる食べ物や化学物質や電磁波などへの「恐れ」、癌の治療法への「恐れ」・・・

身体は自分の内側を反映したものにすぎない

本当の自分の素晴らしさを知り、内側が変われば、
身体に戻っても、病気は2,3日で回復するだろう、ということがわかり、
集中治療室に横たわる、癌に侵されほぼ機能していない身体に戻っていく決意をするアニータさん。

そして蘇生後、なんと彼女の予期通り、末期がんは数週間で見事に跡形もなく完治してしまう。

臨死体験は、よく脳内現象と言われることがあるけれど、
これは、脳内現象説では説明がつきません。

担当した医者も、「アニータの劇的な回復が、抗がん剤治療によるとは考えられない」とコメントしています。

家族や医者たちは、
ずっとこん睡状態にあった彼女が、
その間に起こっていたこと、家族や医者たちの会話の内容(それも病室の外での!!)をすべて知っていたということを、後で彼女の口から聞いて驚きます。

彼女の体験記は、まず身近な家族、親しい友人たちの意識を変えていくのです。

そして今までの多くの臨死体験記と彼女のそれとの違いは、その実証性に世界中の医療関係者たち、がん専門医などが注目しているという点でしょうか。

臨死体験の本というと、どこか読む人を選ぶ・・・という印象があると思うのですが、
この本に関しては、それがありません。

肉体を超えた次元の言語化しにくいメッセージが、ここまでわかりやすく、シンプルな言葉で書かれているのは稀有。
精神世界を受け入れるのに抵抗を感じている人にもぜひ一度読んでほしい一冊です。

スピリチュアルなメッセージを読むのが好きな人も、「人生の目的は、『~べき』で生きるのではなく、『~たい』で生きること」、「自分をありのまま愛することの大切さ」「魂の死は存在しない」など、今まで何度も繰り返し読んできただろうメッセージが、アニータさんの言葉でより深く心に響くのを感じることでしょう。
アニータさん、戻ってきてくれてほんまにありがとう!!!

こちらのブログでは、アニータさんの公式サイトの英文記事(臨死体験記)の和訳が読めます!
今回は手元に本がないので、こちらを参考に書きました。

あ、でも前半のアニータさんの自伝的な内容も興味深いので、ぜひ多くの方にこちらの本を読んでいただきたいです!






本当の自分を知って、真実を生きるお手伝いをしています。
ぜひCUOREVOCEのカウンセリング&セラピーをお試しください!



にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


哲学・思想 ブログランキングへ

「宇宙(そら)の約束」

今までたくさんの般若心経現代語訳を見てきましたが、これ最高!!

山元加津子さんという、特別支援学校の教員で執筆や講演活動もされている方が、般若心経を「心訳」したもの・・。

魂の深い深いところからの気づきがないと、知識だけではこんな詩は書けないと思う。

「心訳」ということなので、頭ではなく、「心」で感じながら読んでみてください!



「宇宙(そら)の約束  (「般若心経」山元加津子心訳) 」


自分の身体のその奥に
確かに確かに座っている
大きな宇宙の約束が
いつもいつもささやいている

いつかいい日の明日のために、いつもいつもささやいている

忘れないでね
大切なのは
心の目と心の耳をすますこと、そして自分を信じること

むかしむかしのことでした
心の目と心の耳をすましたある人が
宇宙の約束とつながって
本当のことに気がついた
すべてのものは 
どれもみんな 
その約束からできている

約束は
目にも見えず
重さもなくて
あるのかないのかわからないけど
でも
宇宙の何もかもが 
この約束からできている

「いいことに気がついちゃった」と 
その人は
苦しまなくてもいいんだなあ、悩まなくてもいいんだなあと
とても嬉しくなりました

宇宙に散らばっている
たくさんのつぶつぶは
約束のもとに集まって
海を作り
山を作り
花を作り
人を作る

約束は目にも見えず重さも持っていないけど
風をそよがせ
雨を降らせ 
ときには星を輝かせる

誰かと誰かを出会わせて 
誰かと何かを出会わせて
涙や笑顔を作り出す

私とあなた
あなたとお花
お花と
石ころ
みんな同じ
同じものでできている
違うのは
だれもが持ってる約束の
私が私である場所(とこ)や花が花である場所(とこ)に
光があたっただけのこと
スイッチが入っただけのこと

あなたは
私だったかもしれないし
私はもしかしたら
庭に咲くたんぽぽや
降る雪だったかもしれないね

約束は私を作り
私の中に宇宙の約束が座っている
すべてのものが
約束の中にあり
約束は
すべてのものの中にある

でもね
忘れちゃいけないの
約束には無駄がなく
必要なものだけを
いつもちゃんと作っている

花がそこに咲くことは
それが大切だという証
私がここにあることは
それが必要だという証

宇宙の約束とつながって
過去と今
今と未来
すべてのことを
見渡すことができたとき
きっときっとわかること

すべてのことは
いつもいつも
いつかいい日のためにある

嬉しいことも
悲しいことも
きれいなことも 
汚れたことも
増えることも 
減ることも
その約束の現れだけど
現れているすべてのことがいつかいい日のためにある

だから思うの
生きていると
いろんなことが
あるけれど

楽しいことも苦しいこと
悲しいことも嬉しいこと
雨や 雪や 月の光が
空から降ってくるように
手をひろげて受けとめていけばいいんだね

怖がらなくてもいいんだよ、悲しまなくてもいいんだよ
だってすべてが大丈夫
すべてがみんな大丈夫

揺れる、歌う、踊る、祈る……
跳ねる、描く、回る、思う……
約束とつながっていく方法はいつも私の中にある
揺れて踊って、飛んで思って心の目と心の耳が開いてく
そして本当のことを知る

さあ明日へ歩きだそう
大切なのは
心の目と心の耳をすますこと
そして自分を信じること

花が咲くように
雪が舞うように
月が照るように 
あなたといたい

鳥が飛ぶように
風が吹くように
海が歌うように 
あなたといたい

広い宇宙の中で
長い時間の中で
あなたと出会えたこと
きっときっと宝物

星があるように
山があるように
空があるように 
あなたといたい  

(「約束 般若心経は愛の詩」三五館)


・・・いかがでしたか?

電車の中で見つけて読んだのですが、あまりに感動して泣いてしまいました。
いつでもこの「約束」を思い出せるように、何度も読み返したいです。。

この山元加津子さんという方に興味を持ちいろいろ調べていたら、この先生と障害児たちとの交流を描いたドキュメンタリー映画があることを発見!

アマゾンの内容紹介より~
◆「僕が生まれたのには、理由がある――。」
2009年10月、全米屈指のコロンビア大学(ニューヨーク市)で
上映された一本の映画、『1/4の奇跡』。
日本の、それも無名な監督が受けたスタンディングオベーションの快挙。
新聞や雑誌で大反響を巻き起こしている本作品が、ついにムック化!

◆読み進めるやいなや、
「なんだかよくわからない涙」があふれてくること必至です。
ある人はそれを「うれし涙」と言い、
ある人はそれを「無知を知った涙」と言いました。
宇宙をつらぬく「本当のこと」。
そんな生命の神秘を心から理解できる、貴重な一冊です。

◆マラリアとの長い闘いの歴史を持つアフリカには、ある一定の割合で、
マラリアにかかりにくい「強者の遺伝子」を持つ人がいる。
しかし、「強者の遺伝子」を持つ人が生まれるとき、高い確率で、
そのきょうだいに重い障害を持つ人も現れてしまう。
その確率は、4分の1。
4人の子どもが生まれた場合、必ずそのうち1人は、重度の障害を持つという事実。
つまり、人間がマラリアとの生存競争に勝つためには、
マラリアにかかりにくい「強者の遺伝子」だけでなく、
重い障害を引き受ける「弱者の遺伝子」も必要だった――。
生きる価値がある命とは何か。
生物の多様化とは何か。
「強者が生き残り、弱者は淘汰される」そんな定説をくつがえす、意外な実験結果。
病気や障害が、私たちにとって必要だということを、
各界の第一人者がわかりやすく解説。
養護学校教諭と障害児らとの感動実話も満載!


観たい!!!
とりあえず、このDVD(映画の?)付きとかいう本を買ってみようと思います。






«  | ホーム |  »

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア