FC2ブログ

ハッピー☆マトリックス

問題を作る脳の古いOSはもういらない!!新しいOSに入れ替えて思い通りの人生を再創造しよう!

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

プロフィール

しっしー

Author:しっしー
兵庫県芦屋市生まれ。

声楽家(ソプラノ)
ボイストレーナー
カウンセラー、セラピスト

ヒーリングスペース【クオレヴォーチェ】主宰
http://cuorevoce.jp/

※スマートフォンの方はこちらを

英国Holistic Healing Collegeでの学びをベースに、大阪市内で人生を根源的な視点から見つめなおすカウンセリング、セラピーを行っています。
スカイプ・電話でのセッションも対応しております。

◆興味のあること・好きなもの
普遍真理の探求
アセンション
ジェンダー/セクシュアリティ
パートナーシップ
教育
歌うこと/歌
アロマオイル/チベット香
シンギングボウル、チューニングフォーク
お茶なんでも

2009年5月、コズミック・ダイアリー公式講師認定
2009年12月~ 真我開発講座「未来内観コース」「宇宙無限力体得コース」「天使の光コース」受講
2010年9月、Holistic Healing College インテグレイティッド・カウンセリング・ディプロマコース受講
2011年1月、シータヒーリング基礎DNA修了
2011年5月、シータヒーリング応用DNA修了
2011年6月、シータヒーリングアバンダンス修了
2013年11月、マトリックス・リインプリンティング・プラクティショナー取得

その他、学んだテクニックやメソッド
TM瞑想法、楊名時太極拳、アレキサンダー・テクニック、クンダリーニヨガ、ホ・オポノポノ、奇跡の学習コース、バイロン・ケイティのワーク、EFT,フォーカシング、EMI、エニアグラム、引き寄せの法則、NLPなど

Facebookやっております。
友達申請してみてください。
こちらから

掲示板

◎真の自己愛回帰のためのグループセッション 12月9日(水)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
12月22日(月)10:00~13:00/クオレヴォーチェ
1月6(水)10:00~13:00、 20日(20)10:00~13:00、24日(日)13:00~16:00/クオレヴォーチェ
◎宇宙と地球をつなぐ歌のお祭り12月12日(土)15:00~/川西市みつなかホール文化サロン
◎クオレヴォーチェ瞑想会&忘年会12月25日(金)18:00~/クオレヴォーチェ

全記事表示リンク

FC2カウンター

The Moon Age Calender

Amazonでお買い物するなら

詩 「魂の約束」

今日はとても素敵な詩を見つけたので、さっそくここに紹介したいと思います。

醍醐千里さんという、横浜市内の公立中学校の国語の先生で、詩集も出版されているようです。
子どもたちのために書いた詩だということで、わたしも早速授業で朗読してみようっと。
最近のティーンエイジャーたちは、こういうメッセージをシェアするのをとてもとても喜ぶんです。

こういうシンプルでみずみずしい詩を読むと、子どもだけでなく、大人の乾いた心も潤いますよね。


以下、醍醐さんの文書からの転記です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




詩を書きました。
長い長い詩です。
子どもたちに書きました。
私の願いを込めました。

学校や塾、学童やおはなし会、朗読会などなど…
子どもたちと接する場がある方は
ぜひこの詩を子どもたちに届けてください。
そうしていただけたら、とってもとっても嬉しいです。

いろいろな場面で
いろいろな大人が
いろいろな形で
子どもたちにメッセージを伝え続けることが大切だと思っています。

この詩ひとつで何かが大きく変わるとは
思いませんが、
メッセージのひとつとして考えていただけたら
ありがたいです。

印刷して子どもたちに渡してくださってけっこうです。
印刷・保存用のファイルはこちらです。

http://www.geocities.jp/shicago3137/tamasiinoyakusoku.kannsei.pdf

小さい子にはむずかしいかもしれませんが
ふりがなをつけておりますので、
機会がありましたら、読ませてあげてくださいね。


また、声に出して読みやすいようにも書いてあります。

自分の受け持ちクラス…中学3年生…で
読みました。
シーンとして聞いていました。
あまりにも生徒たちが集中し、
こちらの息が苦しくなるくらいでした。

読み終わったあと、
教室は深く静かになりました。

ぜひ大人の方が声に出して読んであげてくださいね。



それではどうぞ…



■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■


  

「魂の約束」 醍醐千里


私たちは生まれるとき、神様から魂をいただきました。
みんなその魂を、自分の真ん中においています。


魂は磨けば磨くほど光ります。



漢字の練習を一生懸命しました。
魂は昨日より光ります。


電車でおじいさんに席をゆずりました。
魂は昨日より光ります。


弟におやつをあげました。
魂は昨日より光ります。


今日はごめんねが言えました。
魂は昨日より光ります。


あの人にありがとうが言えました。
魂は昨日より光ります。


努力をすることや、誰かや何かに優しくすることは、
魂を磨きます。




けれど
努力をすることや、優しくすることだけではなく、
楽しいこと、うれしいことも、
魂を光らせることが分かりました。


友だちと楽しく大笑い。
魂は昨日より光ります。


誕生日のプレゼント。
魂は昨日より光ります。


楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、
私はなんだかホッとしました。



ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。
友だちと楽しく大笑い。
けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。


あんなに楽しく笑ったあとだったのに、
魂は、光るどころかくもっているのです。



ある日、友だちからネックレスをもらいました。
お店から盗ってきたネックレスだと言います。
ほしかったものなので、
よく考えもせずにそれを受け取りました。

  
その夜、魂を見てみたら、その日もまた魂は、
昨日よりくもっていました。



ある日、一人が言いました。


ねぇ、あの子、はぶかない?
あっという間に、その子はひとりぼっちになりました。
私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。
その輪の中で私には、急に仲間が増えました。
新しくできた仲間とともに、
おもしろおかしく過ごしました。


そんな日々を送る中、
私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。


私の魂は真っ黒になっていました。
私は、自分の魂の色を見て、
とてもおそろしくなりました。


楽しいこと、うれしいことの中にも、
魂をくもらせること、
魂を濁らせることもあると分かりました。



楽しいこと、うれしいことには、
2種類あると分かったので、
これからは、
気をつけていかなければならないと思いました。


     *


毎日魂を磨き、
毎日魂の様子を見ているうちに、
私は不思議なことに気がつきました。



磨いたつもりのない日でも、
魂の輝きが、増しているときがあるのです。


そういう日の一日を振り返ってみると、
その日は、きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、
そういう日だったことが分かってきました。


映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり。


そういうことでも魂を、磨くことができるのです。


楽しいことやうれしいこと、
目にした景色や、聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。
その日その日のなんでもないことも、
私の魂を磨き続けてくれたのです。



     *


できるだけ魂を光らせようと、毎日を送っていましたが、
ある日、私は少しだけ疲れてしまいました。


夢の中で私は、神様に会いました。


夢の中で私は、神様に聞いてみました。


神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。
私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。


神様は言いました。


あなたは、あなたの最後のひと呼吸まで、
魂を磨き続けなさい。
みんなその約束をして、地上に生まれているのですよ。


でも、神様、磨き終わらないうちに、
最後のひと呼吸がきたら、
どうすればよいのですか。


心配しなくて大丈夫。
あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、
必ず、最高の光を放ちます。


神様、私にはその自信がないのです。


あなたは、毎日魂を磨いています。
だから大丈夫。
最後のひと呼吸のとき、
魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。
何も心配いりませんよ。
あなたの魂は毎日、昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。
あなたの魂があなたの体を越えて、
まわりに光を与えていることにも、
気づくことができるでしょう。
このごろでは、あなたの魂の輝きで、
道を明るくする人も増えてきました。


さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。
毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。
そうするとあなたの魂は、キラキラと光を強くしていきます。


あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。
あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。


あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、ここに帰ってくるか、
私はそれを楽しみにしています。



     *



目が覚めた私は、
それまで気づかなかったことに気づきました。


昨日より今日。
今日より明日。


私の魂は輝きを増し続け、毎日新しく生まれ変わります。
そして必ず、その日の魂が1番光る魂。


少しの努力、優しい気持ち、
そして
うれしいこと、楽しいこと。
日々の中に散りばめられた美しいもの。



神様との約束を思い出したので、
私は、なんにも心配しないで、
毎日を送っていくことができそうです。


なんにも心配しなくても、
私の魂は、昨日より光ります。


光り続けます。


      (完)



最後までお読みいただきありがとうございます。




【読んでくださったみなさまへ】◆10/25追記

たくさんの感想をありがとうございます。
HPやブログ、メールマガジンへの転載につきましてのお問い合わせが続いていますので、お伝えします。
一人でも多くの方、子どもたちに読んでいただけたら、これ以上の幸せはありませんので、どうぞご自由に転載なさってくださいね。お知らせいただけたら励みになりますが、ご報告されなくても全然かまいません。どうぞご自分に合った形でご紹介下さいね。

ご紹介は、行替えも行間も変えずに、このままの形でコピー、貼り付けでお願いいたします。


    *

スピリチュアルで「自立して謙虚に」生きる

スピリチュアル、と一言で言っても、それはそれは範囲が広いんです。

○雑誌の占星術のページをとりあえずチェックする
○神社や教会に行くとなんとなく神聖な気持ちになる
○神さまはいるんじゃないかなーと漠然と思う
○『オーラの泉』を時々観ては共感していた
というものから、

○パワーストーンなどラッキーアイテムを持っている
○風水を実践している
○お金を出して占いやリーディングをしてもらったことがある
○いわゆるパワースポットに出かけたことがある。
○アロマセラピー、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、気功、レイキなど代替治療の効果を信じる
○守護霊とか天使とか呼ばれる存在がいるんじゃないかなと思う。
というもの、さらに、

○知り合いがチャネラー
○シンクロニシティー・すべては必然・輪廻転生・普段思っていること話すことが実現化する、などは当たり前。
○インナーアース、パラレルワールド、バシャール、エーテル体、アクエリアス時代について語れる。

はたまた
○「私はシリウス星から転生してきたライトワーカーであり、この地球という惑星とそこに住む人々が光の次元へアセンションするのを手助けするのが私の使命です。」

などに至るまで、全部ひっくるめてスピリチュアル。

最後の文は、わかんない人には訳わっかんないですよね(笑)。

では、そもそもスピリチュアルな生き方ってなんなのでしょうか。
簡単にいうと、「本当の自分に従って生きること」じゃないかなって思っています。

まず、宗教とスピリチュアルの共通の部分は、「人間は魂を所有しているのではなく魂そのものである。人間が所有するのは肉体である。(C.S.ルイス イギリスの学者・『ナルニア国物語の著者』)」というところ。

では、宗教とスピリチュアルの違いはというと、宗教では指導者や教義に従って生きるのに対し、スピリチュアルはあくまでも自分(の心、意思)が主人。

では、自分って一体何?自分のどこに従えばいいわけ?となると、これが意外と難しい。
自分の心や意思というのはとても不安定で、昨日と今日ではまったく違うことがある。親や学校、友達、会社、地域、本、ニュース、風潮などありとあらゆる影響を受けていて、自分以外の人の意思や価値観に支配されていたり、財産、名誉、権力といった条件に従っていたりと、自分の心の中に偽マスターはいくらでも住んでいて、オレ様に従えーって叫んでます。それで、そういう偽マスターたちを排除して、本当の自分の意思や心を探っていくと、突き当たるのは、自分の神聖性なんです。つまり宇宙、愛、神が心の内の内であることに行き着きます。

Wikipediaによると、スピリチュアリティとは、「霊魂や神はいると思うけど宗教団体に所属して信仰を持つつもりは無い」というような人々の心的態度や実践である。または、「教祖や先生に指導されるのではなく、自分自身が神や自然に繋がっていくことを回復していく流れである」。

とてもシンプルにまとまっていてわかりやすいですね。
「自分自身」と「神」の間には、なーんにも介入ない。他人も団体も。
何にも依存しない。
だから、占いでこう言われたから、とか霊視してもらってこう言われたから、とかいってそれに従って生きる、というのは本当のスピリチュアルな生き方とはいえない。
「スピリチュアリティの目指すものは個々人の自立」である、つまり、スピリチュアルな生き方とは、究極の自立した生き方なのです。
どんなにパワフルなラッキーアイテムを持っていても、風水を完璧に実践しても、そこに依存している限りは真のスピリチュアルな生き方とはいえません。

また、思想家のエハン・デラヴィさんはスピリチュアルについてこう言ってます。

スピリチュアルな人とは、ほぼまちがいなく「謙虚さを持つ人」です。
スピリチュアル性の高さは、その人がどれだけ謙虚な人であるかをスキャニングすればわかるのです。宗教やスピリチュアリティーに関する知識の有無は関係ありません。
謙虚であるということは、自分の理解力に限界があることを自覚することでもあります。
この世のすべては完全なる神秘であることがわかっている人です。


つまり、「それは科学的でない」とか「根拠がない」とか言うのは、人間が宇宙の神秘をすべて解明できるんだという傲慢さである、ということですね。
デラヴィ氏による「スピリチュアルでない人」とは、簡単な捉え方をすれば、その人の価値観の中心軸が心ではなく、頭にある、ということが一つのバロメーター、とのことです。
やはり、スピリチュアルに生きることは、頭で考えて行動するのではなく、ハートに従って生きるということなんですね。

コントロールドラマ

スピリチュアル好きにとってはバイブルのような小説『聖なる予言』。6年ぶりぐらいに読み直してみました。

初めて読んだときもかなり衝撃的ではありましたが、まだあまり霊的なものに目が開かれていなかったせいもあり、すべての情報があまりに新しすぎて、当時は重要なメッセージをいくつもスルーしてしまっていたようです。


その中で今回一番印象に残った言葉が「コントロール・ドラマ」と呼ばれるもの。
あまりにも興味深く、そこばかり何回も読み直しました。
コントロール・ドラマとは、成長過程において家族間で培われた処世術のようなもの。他者とのコミュニケーションにおいて、私たちは自分を守るために、または相手からエネルギーを奪うために無意識に演じてしまうネガティブな言動パターンがあるそうです。これらは子どもの頃家族との関係の中で形成されます。それに気づいてやめない限り、自分らしく健康的に人付き合いできないとか。それは4つのパターンに分類されているのですが、あなたや周りの人たちはどのタイプに近いでしょうか?

【攻撃的なもの】
1. 暴君タイプ
「脅迫者」と本の中では呼ばれていますが、短気で、威圧的なタイプ。自分の思い通りでないと怒鳴り散らしたり、喧嘩っ早かったり、支配的だったり、ヒステリックで時には暴力的になることもあります。ドラえもんのジャイアンですね!

2. 批判家タイプ
「尋問者」と呼ばれているタイプです。口うるさく、自分が正しいと思わせようと他人のあら捜しをし、批判したり皮肉を言ったり、相手を論理で打ち負かそうとします。スネ夫タイプですね。

【受身的なもの】
3. 引きこもりタイプ
「傍観者」と呼ばれているタイプです。批判されないように人と距離を置き、感情を見せず、他人が近づきにくい雰囲気をかもし出しています。よそよそしい、ミステリアス、無関心、非協力的、つむじ曲がり、けち、無慈悲、消息不明・・・などバリエーションもいろいろ。小説『クリスマス・キャロル』のスクルージはこのタイプかな。

4. 悲劇のヒロインタイプ
「被害者」と呼ばれているタイプ。「自分はこんなに可愛そうなのよ」とアピールします。愚痴や不満が多く、必要以上に嘆き悲しみ、周囲の同情を誘います。クレーマー。超ネガティブ人間。ノビ太だ~!

ちなみに私は3の「引きこもりタイプ」が一番近いかな~。

人によっては2つ以上のタイプを状況や相手によって使い分けるそうですが、大体の人はどれか一つの主要なパターンを繰り返します。

家族のほとんど全員が、自分の役を演じていて、家族間でバランスをとろうとします。例えば両親の一方が暴君タイプの場合は、もう一方は悲劇のヒロインタイプか、同じ暴君タイプのどちらかの場合が多いそうです。
批判家タイプの親の元で育つと、子どもは引きこもりタイプか、悲劇のヒロインタイプになりやすいそうです。どちらも、親の絶え間ない詮索や干渉から逃避したいためです。
そして、引きこもりタイプの親は、たいてい子どもを批判家タイプに仕立て上げますが、場合によっては暴君タイプや悲劇のヒロインタイプを生み出すこともあるそうです。いずれにしても「もっとかまってー!」というアピールなのでしょうね。

悲劇のヒロインタイプは無意識のうちに自ら自分を脅迫する人をひきつけることによって、被害者の立場を作るそうです。そして周囲の人を助けを必要としている様子で誘惑するのですが、本気で問題を解決する気はありません。解決してしまえば、同情というエネルギーの源を失ってしまうからです。

そしてこれら4つのタイプの根本は、すべて恐れです。
支配されるのが怖い、誰も自分をかまってくれない、誰も自分を必要としてくれない、置いてきぼりにされるのが怖い、自分を信じられない、そんな内的葛藤が外側にはそれぞれの言動パターンとして顕れるのです。

こういうことがわかって自分や人を見ると、本当の悪者はいないというのがわかります。自分の言動パターンから自分のコントロールドラマを認識したり、自分と関係がある人のタイプの傾向からあなた自身の問題が見えてくることもあります。もしあなたの周りに批判家タイプが多いと思えば、それはあなたが本来の自分を隠そうとしているからかもしれません。
また、ドラマの向こうにその人の本質を見ることによって、違ったコミュニケーションをとることだってできるはずです。そうやって気づきながら相手と共に成長していければ素敵ですね。

聖なる予言 (角川文庫―角川文庫ソフィア)聖なる予言 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
(1996/06)
ジェームズ レッドフィールド

商品詳細を見る
人生を変える九つの知恵―『聖なる予言』の教え (角川文庫)人生を変える九つの知恵―『聖なる予言』の教え (角川文庫)
(1999/04)
ジェームズ レッドフィールド

商品詳細を見る


聖なる予言
ジェームズ・レッドフィールド氏が自らの霊的な成長過程を振り返って、それを9つのインサイト(知恵)として表し、それらを順に辿りながら意識を変革、覚醒させていくアドベンチャー小説。

屋久島のコダマたち



image215_convert_20091002233425.jpg

7月の皆既日食を観に、屋久島に行った友達からもらった写真です。
キャー、見事にたくさんオーブ(もののけ姫に出てくるコダマってやつですね!)が写っています。(水滴でも汚れでもないよー!)

同じ場所を別の日に撮ったらしいです。下の写真を撮ったときはカメラが壊れたかと思ったそうです。
何人かに同じような写真を見せてもらいましたが、どれもすごかった~!!

ふと思ったこと。

「この世界は、目に見える物質的なものだけではない。実際に見えない、科学では分からない世界が存在し、それがなんらかの形で自分の人生に大きな影響を与えている」

私が最近、多次元的な視点で思うことをこうやってブログに書くようになり、読んでくださっている人たちの反応は多種多様です。

予想以上に、結構たくさんの人が「すごくよくわかる、共感する」といってくれますし、もしくは、「頭ではわかるけど、まだなかなか実感が・・・」という人、「こっちの内容は理解できるけど、そっちは無理」と線引きする人など、まあ、おおむね肯定的なようです。

一方、何割かの人は、「ちょっとフシギな世界・・・」「コワい」、と遠くから傍観しているような感じです。
中には、「急にどうしちゃったの!?変な宗教にでも入ったのかと思ったよ」と、心配してくださる人もいらっしゃいます。

私は正気です、たぶん(笑)。

宗教に関して言うと、私はあらゆる宗教の教えを知ることや学ぶことが好きです。
でも、どこかひとつの宗教に属するつもりは一切ないんです。
すべての宗教は、本来みんなが幸せになるための教えのはず。人を殺すための教えや洗脳するための教えが根底にある宗教は基本的にはないと思っています。ただ、「宗教」というわくにはめることによって、自分たちと他を区別してしまい、自分たちの教えが唯一だ、正しい、と言い張ることによって分離、摩擦、争いが起きるのだと思います。

イエスや、仏陀の教えと呼ばれているものは、すべて後々弟子たちや教団が編集してまとめたものです。
当たり前のことだけど、イエスはキリスト教徒ではなかったし、仏陀も仏教徒ではなかった。
彼らは本を残さなかったので、私たちはその編集を繰り返してまとめられたものの中から注意深く、真の教え、本質的なメッセージをを読み取らなくてはなりません。

そして、私にとって、彼らが本当に伝えたかったことを理解するのに特に役立ったツールが、コズミック・ダイアリーだったり、ホ・オポノポノだったり、言霊だったわけです。

でも、本当は、これらのものが必要じゃない世の中が、一番いいに決まってます。

「自然の摂理からはずれている」、から必要になってしまうんです。




«  | ホーム |  »

My favorite Books!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

セッションやイベントのご予約、お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア